主婦でも借りやすい金額は10万円

10万円という金額は、主婦でも借りやすい金額として覚えておきましょう。
カードローン会社は、高額融資を希望されるほど慎重になるため、審査に日数をかけることがあります。
現在は即日が基本となっていますが、返済ギリギリの金額を希望すれば、業者側としても判断に悩むはずです。
10万円と100万円の希望額では、当然のことながら100万円のほうが審査に時間がかかると考えていいでしょう。

cardloan006
10万円に設定しておけば、業者側としてもあまりリスクを感じないので、融資してくれる可能性が高いのです。
審査にも時間がかからず、即答で融資可能と言われることも多いので、今すぐお金がないと困るという方は、10万円で申し込んでみるのもいいでしょう。
10万円なら収入明細の提出も不要ですので、手軽に借りたい方には最適でしょう。
サラリーマンの方ですと、30万円を希望しても楽に借りられるはずです。
しかし、主婦の方の多くは、パートやアルバイト収入のはずですから、30万円に設定すると借りられない可能性が高くなります。
30万円借りるためには、年収で90万円以上必要ですから、月に7~8万円程度の収入がないと厳しいでしょう。
これ以上の収入があったとしても、30万円よりも10万円のほうが審査に通りやすいのは確かです。
日常生活でいきなり30万円が必要になる場面は意外と少なく、ほとんどのケースでは10万円以下で間に合うはずなのです。
カードローンはたくさん借りることがいいことではなく、借入額を減らすことが重要なのです。
10万円未満の借入額ですと、5万円も3万円も1万円もあまり変わらないと言われています。
5万円や3万円という中途半端な金額にするよりは、10万円にしておいたほうが分かりやすくていいでしょう。
突然の飲み会、財布の紛失など、予想外の入用があっても10万円あれば対処出来ることが多いはずです。
銀行・信用金庫は低金利、審査厳格が基本ですが、10万円ならば貸してくれることが多いので、挑戦してみるといいでしょう。
コツコツと返済していれば、限度額を引き上げてくれるかもしれません。
10万円の次は、30万円まで限度額が引き上げられることが多いです。
ただ、不要であれば引き上げを断ることも大切です。
「引き上げるだけ」と安易に考えて引き上げてしまうと、使いたくなってしまうものです。
財布にお金が入っているのに、使わずに我慢できる方は少ないでしょう。
借りられるということは、借りてしまうリスクと隣り合わせということですから、必要ないのに限度額を上げるのは止めておきましょう。
限度額の引き上げをする気がないのであれば、最初から限度額が最高10万円のローンに申し込むといいでしょう。
それ以上の限度額に引き上げられることはないので、借りすぎてしまう心配もありません。
信用金庫のローンは、10万円・20万円・30万円というように借入額を細分化したものが多くなっています。

どのくらいの借入額ならば安心できる?

カードローンで安心して返済できる金額というのは、人によって変わってくるものです。
一般的には年収の1割と言われており、2割になると厳しいとされます。
しかし、総量規制では年収の3分の1まで認めていますから、年収の3割以上は借りられることになります。

cardloan018これらの基準については、あくまで平均的な目安だと考えていいでしょう。
年収の1割の借り入れでも返済が難しい人もいれば、年収の4割まで借りても返済できる人もいます。
独身と既婚でも変わってきますし、各人の性格や消費傾向も影響してくるでしょう。
住宅ローンの有無、交際費、交通費、その他、様々な要素が絡んできますから、こればかりは自分しか分からないのが現状です。
年収の1割とか2割とか、世間の基準に従うのではなく、あくまで自分の家計状況から無難な借入額を決めてください。
カードローンでよくある失敗は、借りたはいいけど返済ができないというケースです。
「月々1万円くらいなら楽に返済できる」と思っていても、その1万円を捻出するのが大変な方もいるでしょう。

すでに赤字家計になっている場合、家計から1万円を節約して捻出する必要がありますが、すでにギリギリの生活をしていれば、1万円はなかなか節約できません。
それとは逆に、買い物依存症などで浪費傾向のある方ならば、生活を見直すことで1万円くらいは楽に浮くはずです。
安心できる借入額の目安としては、返済のほかに貯金するお金があることです。
例えば、月々2万円返済したら、貯金するお金が1円も残らないというようでは、その返済プランは厳しいということです。
お金がなくてローンを利用している方も、貯金は確保したおいたほうがいいのです。
サラリーマンならば、失業、リストラのリスクが絶対にないとは言えないはずです。
万が一のリスクに備えるためには、やはり貯金は確保しておくべきなのです。
家計を知るためには、収入と支出の具体的な金額を知ることが必要です。

カードローンを利用するためには、返済分を捻出できることが前提となりますから、節約が必要になることも多いでしょう。
まずは節約してどの程度のムダを解消できるか考えてみましょう。
月々1万円くらい節約できるという方は、そのうち5,000円をローン、残りの5,000円を貯金に回すというプランが無難でしょう。
そうなれば、月々5,000円から返済できるローンになりますから、借入額としては10万円~20万円といったところでしょう。
1万円しか節約できないのに、2万円のローンを組んでしまうと返済できなくなるのは確実です。

ローンのシミュレーションでは、確実性のないものは除外して考えるようにしましょう。
「来月から仕事が増えて収入が多くなるだろう」などという不確かな情報については、除外して考えたいものです。
当てにしていても、外れることは多いものですから、ボーナスも「出たらラッキー」くらいに考えておいたほうが安心です。

カードローンを利用できる確率

カードローンを利用できる確率は70%くらいだと言われていますが、これは金融機関によって異なります。
30%~90%くらいの差があると言われていますが、各社は詳細な確率に関してはアピールしておりませんので、実際のところは不明な点が多いのです。
ただ言えることは、昔よりも確率は低下しているということです。
昔のカードローンは、延滞・ブラックリストなどの事故情報に該当しない方は、申し込めば審査に通ると言われたほどです。
90%程度は借りられると言われておりましたので、今よりも高いことは間違いありません。
現在、借りにくくなっているのは、業者が慎重になっているからです。
業者側としては、低金利にするほど審査に慎重になるものですから、貸金業法後に低金利になった現在は審査が厳しく、落とされる可能性が高いということです。
とはいえ、よほど無理な条件で融資を希望したり、過去にトラブルを起こしたりしなければ借りられるはずです。
大手は70%程度は融資してくれるので、まだまだ借りられる可能性は高いです。
ただ、確率に関しては借入件数も関係してきます。
契約件数が0件、1件、2件では、審査に通る確率には違いが生じるのです。
借入件数が多くなるほど新規融資が難しくなることは覚えておきたいものです。
借入先が0社、1社ですとかなり借りやすいですが、いちども融資やクレジットを利用したことのない方の場合は、また話が違ってきます。
中高年でローン未経験というのは、現実的に考えて非常に少ない傾向があります。
ローン実績がないというのも、業者側からするとやや不安要素となるのです。
過去に1度や2度は利用していたほうが、むしろ借りやすくなるというわけです。
絶対に借りられない人は、ブラックリストに登録されている方です。
登録期間は5年程度と言われており、この期間中は絶対に借りることができません。
過去に債務整理をしたならば、5年以上は期間を空けて審査を受けてみるといいでしょう。
登録期間は現在の経済状況によっても異なりますから、転職して安定収入を得て家計を立て直している方ならば、比較的登録期間は短くなります。
それとは逆に無職の状態であれば、ブラックリストの登録期間がすぎても借りることはできないでしょう。
カードローン以外のローンは、審査にはあまり影響しないと言われていますが、影響力はゼロではありません。
住宅ローンの返済がギリギリの状態であれば、借りることは難しくなります。
いずれにせよ、いちど審査を受けてみることをおすすめします。
最終的に融資するかどうかは業者側が決めることですから、自分で予測した通りにはなりません。
借りられないと思っていても、融資してくれるケースはありますから、諦めずに審査を受けてみましょう。
初回融資のときは、あまり高額融資を求めないようにしましょう。
希望額は少なければ少ないほど借りやすいので、とにかく契約したい方は必要最小限の金額で申し込んでください。

VIP待遇のカードローンとは?

カードローンにはVIP待遇の商品があります。
こちらは審査基準を高く設定して、顧客を厳選しているのが特徴です。
安定した経済力のある方に特化しているため、金利を低くすることができるのです。
どのくらい低金利かというと、3%台からの設定となっており、最高でも15%未満で借りることができます。
こうした低金利ローンは通常は銀行が取り扱っているものですが、VIPローンに関しては信販会社でも用意しております。
さらにVIPと言われるには理由があります。

豊富な特典が用意されており、持っているだけでお得を体感できます。
宿泊施設を割引価格で使用可能であるなど、通常のカードローンには見られない特典があるのです。
言うなれば低金利のカードローンに、クレジットゴールドカードをセットにしたような内容です。
年収基準は600万円以上など、通常よりも高い設定になっており、経済的に余裕のある方でないと利用はできませんが、それだけにステイタス性は高いものとなっています。
クレジットカードのゴールドカード以上、プラチナカードレベルのステイタス性があるのです。

VIPローンは限度額も大きく、500万円を超える融資額を設定しているところもあります。
ただ、信販会社が用意するVIPローンに関しては、総量規制の対象となりますので、もし500万円を借りようと思ったら、医師や弁護士、自営業、会社社長・役員など、高額年収の方でないと無理でしょう。
年収の目安としては1,500万円以上が必要となります。

800万円借りるためには、2,400万円の年収が最低条件となりますから、VIPローンだからといって無条件で高額融資を受けられるわけではありません。
VIPローンの審査では、過去の融資実績も精査されますので、何度も延滞していると契約は難しいでしょう。
そもそも、お金に余裕がない方を対象としたローンではなく、万が一のときのトラブル解決用のローンなのです。
どんなにお金持ちの方でも、財布を落とすことはありえることです。

特に旅先では予期せぬトラブルが起こりやすく、日本国内にいるよりも紛失・盗難のリスクが高くなるのです。
財布ごと紛失してしまった場合、VIPローンがあればお金を調達できるわけです。
もちろん、お金を借りることが目的ではなく、カードの提携サービス(宿泊施設、ゴルフ場など)を格安価格で利用するために契約をする方もおります。
このカードを所有していること自体、世間の平均レベルよりも高い経済力を有している証なのです。
VIPローンの契約実績があれば、これからローンやクレジットを利用する機会があっても、審査で有利になることでしょう。
ちなみに、VIPローンは株式、FXなどの投資関連に使う方もおります。

資産をさらに増やすための元手として活用する方が多いのです。
VIPと呼ばれるだけあり、単なるムダ使いに使用する方はほとんどおらず、資産構築のツールとして利用されています。

カードローンは1年以内に返済したい

住宅・自動車・教育に関するローンを利用したことのある方ならば、短期間で返済したほうが利息が減ることをご存知でしょう。
これはカードローンにも共通しておりますので、なるべく早く返済するように工夫しましょう。
カードローンの場合は、1年以内に返済するのが好ましいと言われています。
他のローンよりも金利が高めなので、3年や5年などの長期返済にするのは避けたいのです。
消費者金融のなかには、7年返済に対応しているところもありますが、できれば1年、長くても3年に設定したいものです。
高金利なローンほど、短期間で返済していく必要があるわけです。
1年以内の返済プランにすると、利息の計算がやりやすくなります。
100万円(金利15%)を1年間で返済すると、利息は8万円くらいなのです。
15万円が利息になりそうに思えますが、毎月返済しているので元金は減っていくでしょう。
元金が100万円のときは100万円に対して利息がつきますが、80万円になれば80万円に対して利息がつきます。
早くたくさん返済するほど利息の負担は減るというわけです。
早く返済するためには、追加で融資を受けないのがコツとなります。
返済した翌日にまた借りるという使い方をしていると、いつまでも限度額いっぱいまで借りていることになり、これでは元金は減りませんので、常に高い利息を支払い続けることになります。
返済してもローンが減らなければ、返済のモチベーションも低くなっていくはずです。
返済するたびに元金がしっかりと減っていれば、もっと早く完済したいと思うようになるものです。
そして、返済期間を短くするために一番大切なのが、ムダな借り入れをしないことです。
10万円くらい借りただけなら、1年で返済するのはそれほど難しくはありませんが、50万円も借りると大変でしょう。
ひと月に5万円近く返済する必要があるのですから、単純に考えて収入を月5万円増やす必要があるのです。
これが無理であれば、その分を節約して用意するしかありませんが、5万円も節約できるのであれば、ローンは初めから利用していないでしょう。
たくさん借りてしまうと、1年以内に返済することは極めて難しくなり、完済までに3年くらいはかかってしまうかもしれません。
そうなると、利息は大きく膨らんでいきますから、家計が厳しくなるでしょう。
現在のカードローンは、以前よりも利便性が非常に高く、借りすぎることができなくなりました。
年収の3分の1までしか借りられませんから、過去のローンよりもずっと返済しやすくなっています。
金利も大幅に下がっておりますので、より短期間で完済しやすいです。
金利は低いほど完済までが早くなりますから、安易にカードローンを選ぶことはせずに、1週間くらいは業者比較をしてみましょう。
高額融資、即日融資などはこのさい無視して、金利にだけこだわってください。
融資において「低金利」ほど重要なポイントはありません。

急にお金が必要になったとき

お金を工面する方法というのは、ありそうで少ないものなのです。
誰かから借りるのがてっとり早いものですが、貸してくれるとは限りませんし、借りることで後味が悪くなってしまうでしょう。
カードローンはこんなときのためにあるのです。
カードローンはかなり昔からあるローンであり、主に消費者金融のローンとして知られていました。
当時から銀行でも用意していたのですが、審査のハードルが相当に高くて、なかなか借りられなかったのです。
銀行の回収率は極めて高いのですが、この理由は審査が厳格であるからです。
返済できそうな客を選んで融資するので、しっかりと回収できるというわけです。
しかし、審査が厳しいと借りられない人が増えてしまい、急にお金が必要になったときに困ります。
そのような方のために消費者金融があり、カードローンの供給のほとんどを占めていました。
当時から銀行で借りる方は少数派で、大半は消費者金融から借りていたはずです。
消費者金融は借りやすいかわりにデメリットもあり、それは金利がかなり高いことでした。
現在は認められていない金利(29.2%)で融資している業者も多く、返済できなくなる人が多かったのです。
1年間に29.2%が利息となるのですから、これでは元金を減らすことは非常に難しいです。
せっせと返済しているつもりでも、なかなか元金は減らないという現象が起こるのです。
毎月2万円ずつ返済しているのに、元金は借入額の100万円から減らないという方もいたのです。
最近はカードローンブームとなっていますが、この背景には消費者金融が銀行レベルまで金利を引き下げたことにあります。
やや高金利の銀行と、普通の消費者金融の金利が同じくらいなので、以前とは比べものにならないほど借りやすいはずです。
金利というのは実際の数値以上の負担となるもので、年利29.2%と18%では、比較にならないほど後者のほうが低金利に感じるのです。
感覚としては12%~13%くらいのものであり、これは実際に現在の低金利ローンを利用すればよく分かることです。
お金が急に必要になったときは、カードローンで必要額の借り入れをしてください。
必要額とは、多めに借りることではなく、本当に必要な金額にとどめるということです。
20万円まで融資しますと言われれば、喜んでOKしてしまうことが多いでしょうが、実際に必要な金額が10万円ならば、20万円も借りる必要はないわけです。
ただ、1万円や2万円などの少額の希望額にすると、出費が重なったときに限度額の増額交渉をしないといけなくなりますので、10万円に設定しておくといいでしょう。
ほとんどの銀行や消費者金融でも、最小借入額は10万円に設定しているものです。
数日だけ借りたらすぐに返済して解約するのであれば、1万円から借りられるローンを利用するのもいいでしょう。
いずれにしても、不必要な金額を借り入れると返済するときになって後悔します。
収入と収支の計算をして、必要な範囲での借り入れにしてください。

カードローンの良い所、気をつける所

お金を借りることは何だかとても後ろめたいイメージがありませんか。
確かに、お金に困って借りるのですから他人から見たら決して良くは見えないでしょう。
ですが、上手に利用すれば、何ら後ろめたいものではなく、とても便利に利用できるものなのです。
カードローンは個人の信用を重視し、無担保でお金を貸してくれます。
自動車を購入する際などに、自動車ローンを組まれる方も多いと思いますが、自動車ローンでは審査も緩いので、比較的誰でも借りられるローンですが、カードローンは審査によっては借りられない場合もあります。
専業主婦や学生のように収入がない人は借りることができませんが、アルバイトなどで収入がある場合には申込みが出来るケースもあります。
最近では、限度額が10万円といった商品も出ていて、学生や専業主婦でも申し込めるものもあるようです。
メリットについてですが、利用限度額内であれば、再審査なしでいつでも自由に引き出しが可能です。
自動車ローンや教育ローンでは資金使途が限定されてしまいますが、カードローンでは資金使途が自由なことから利用の幅があることです。
メリットもあればデメリットもあります。
利用限度額内であればいつでも引き出すことが可能なことから、借金をしているといった感覚が薄れてしまい、銀行などから預貯金を引き出すような感覚で利用してしまうことです。
また、長期に渡って借りられることから利息が大きくなり、なかなか元金が減らずに完済することができなくなるなどがあります。
このようなことから出来るだけ早いうちに返済を完了されることが重要になってきます。
今では最短30分で審査が完了してお金が借りられるところもあります。
すぐにでもお金が必要な場合にはとても助かります。
ところが、ほとんどの人がカードローンの申込みをする際には、1社へ審査の申込みをすると思います。
ところが、その申込んだ1社で審査が通らなかった時には、また別のところへ申込みをすることになります。
急いでいるときなどは、2社へ申込みをしておくと、たとえ片方の会社で審査が通らなくても、もう1社で審査が通ればすぐにお金を借りることができ時間の短縮になります。
ですが、ここで注意点があります。
すでに2社以上からお金を借りている場合には、次には3社からの借り入れになります。
一般的に4社以上の借入になると審査が一気に厳しくなるので注意が必要です。
また、カードローンの審査には在籍確認があります。
申込み者が間違いなく、申請した会社へ在籍しているか確認されます。
在籍確認の電話が入ったということは本審査まで進んでいるということでもあるのです。
在籍確認の電話が、会社や家にかかってくると困る方もいるでしょう。
ですが、在籍確認の電話は個人名でかかってくるので、会社等に知られることはありませんので心配はいりません。
ただ、在籍確認をとれないといった事を話すことで、必要書類等の提出をすれば契約できるケースもあります。
お金は賢く借りて無理のない返済をしていきましょう。

カードローンは便利ですが、依存症にならないように注意が必要です

依存症には様々な種類があります。
アルコール依存症、買い物依存症(女性に多い)、ギャンブル依存症、そしてカードローン依存症です。
依存症の恐ろしいところは、自分でそれを認識できても、なかなか自分ではその依存症の状態を断つことが難しいことに尽きます。
一度なにかの依存症に陥ると、なかなか自分でそれを抑制することが出来なくなる傾向にあります。

cardloan019
カードローンも依存症にならないように気をつけなければなりません。
長い人生ですから、急なお金が必要になる場面には何度か遭遇します。
家族を持っていると、当然ながら家族が幸せに、つつがなく暮らせるような手立てが必要です。
そんなピンチの時に、銀行や消費者金融からのローンは威力を発揮します。

巷(ちまた)を歩けばATMを見ないところはない、というくらいATMは普及しています。
カードローンの一枚は社会人にとっては必須なのではないでしょうか。
例えば、家族の突然の病気や入院があります。
そんなときに、お金の手立てがまったくないと、親戚中に迷惑をかけてしまうことになります。
そうならないために、カードの一枚をサイフに忍ばせておく。
それが責任ある社会人の姿だと思います。
不幸にして、気がついたときには複数の金融機関から融資を受けてしまており、返済が出来なくなっている場合だってあるでしょう。
まず、どうしてそうなったのか深く反省することです。
お金を借りてしまったら、それを必ず返済するのは社会人の責務なんです。

お金を借りている自分の姿を、改めて、じっくり見つめ直して下さい。
そこから、立ち直りの道が始まるのです。
複数の金融機関から、貸付限度額一杯まで融資を受けてしまって、返済不能の状態に陥っている人を多重債務者と称しています。
バブルの最盛期から現在に至るまで多重債務者の数は増え続けていました。
それを防止するために、政府は総量規制という制度を導入しました。
2010年のことだったと思います。
総量規制とは消費者金融等からの借入(かりいれ)総額が年収の3分の1までに制限される仕組みです。
その意味合いは、多重債務者に陥ることを抑制するということなんです。
総量規制導入後、多重債務者になる人の数が激減しました。
万が一多重債務状態に陥った場合には、いくつかの対策があります。

まずは複数の銀行、消費者金融からの融資をひとつにまとめることです。
サイトではおまとめローンなどと称して、利用促進している会社もあるくらいなんです。
おまとめローンを組む余地がないとか、組んでも返済の目処が立たない場合には任意整理の道を模索します。
任意整理とは、平たく言えば、法律に基づく借金の利息分値引き交渉と称することが出来ます。
弁護士などの代理人を通じて交渉するのが任意整理を成功させる秘訣なのです。
自己破産はあくまで最終手段と捕らえるべきなのです。

カードローンは人生の節目節目で賢く使えば、これほど威力を発揮するものはありません。
家族のピンチを救ったことで、家族の絆が更に深まることだってあります。
カードは上手に使って、楽しい人生を送ろうではありませんか。
借りたお金が必ず返す。
これが鉄則です。

便利に使えるカードローン

急な出費のときにはできるだけ早く融資を受けられるようにしたいですが、お金を借りるとなると担保を用意したり、保証人になってくれる人を探したりと意外と手間がかかるものです。
それゆえに融資を受けたくてもすぐに準備ができず悩まれている方も多いのではないでしょうか。
そして借金をするということは例え小額であっても心に負担となることが多いですし、来店することに抵抗を感じたり、家族にも知られたくないと考える方もいらっしゃるものです。
そういった方におすすめの融資がカードローンです。
カードローンの良いところは、まず、担保や保証人を用意する必要はなく、自分の信用で借りることができることがあげられます。
審査がありますので、安定した収入があることが条件となっていますが、正社員の方はもちろん、アルバイトやパート、自営業、派遣社員の方なども利用できることが多くなっており、他に借入がない場合やあっても小額である場合は審査にスムーズに通ることも多くなっているようです。
用意する書類も特に難しいものではなく、ほとんどの場合は運転免許証や保険証などの身分が出来る書類があれば申し込むことができますし、50万円以上などまとまった金額の融資の場合も収入を証明できる書類があれば申込が可能となります。
そしてカードローンの良いところは来店せずとも申し込みができるということがあげられます。
インターネットなら24時間いつでも申込ができますし、カードはその場で発行というわけにはいきませんが、指定口座に振り込んでもらえますので、その日からでも融資が受けられるのは急いでいるときは本当に便利な存在と言えるでしょう。
そして自動契約機ならその場でカードが受け取れるというメリットもありまし、土日でもカードが発行できますので、休日の急な出費のときにも対応できるのは他にはないサービスと言えます。
そしてカードローンを利用する場合は消費者金融系で利用する場合も多いですし、銀行のカードローンの場合はより低金利ですし、安心感のあるものとなっています。
明細書などもATMや店舗で受け取ったり、WEBでも確認できるサービスもありますので、自宅に郵送物が届いて欲しくないという場合も対応できますので、家族にも知られる心配は少ないといえるでしょう。
キャッシュカードのような感覚で手軽に利用できるのはとても魅力となっていますが、返済はきちんとしていかなくてはいけませんので、事前に返済シュミレーションなどを利用してしっかり返済計画を立てておくとより安心して利用することができます。
それから返済方法を確認しておくことも大切です。
返済方法は来店、ATMから、さらにネット銀行から返済したり振込みや銀行引き落としなど様々な方法がありますが、業者によって違いがありますので、利用前にはしっかり確認しておきましょう。
そして返済期日が遅れると遅延損害金が発生してしまうこととなりますので、返済期日はしっかり守っていくよう心がけたいものです。

便利でお得なカードローンを賢く利用しましょう!

カードローンと言うと金利が高い、すぐ借りられる分審査に時間が掛かるからと嫌煙されがちな方もいらっしゃると思いますがそんなことはありません。
実は、カードローンは目的に応じて賢く使うと大変便利なので大変お勧めです。
まず、一番の魅力は、大抵のローン会社でコンビニのATMで借入から返済までできてしまうという点です。
多くの銀行やローン取り扱い会社は、平日しか窓口が対応していないので、会社勤めの働いている方には大変不便だと思います。
しかし、コンビニのATMで借入や返済ができるので、わざわざ借入や返済のために半休や有給を取る必要はありません。
会社帰りでも、休日でもお好きな時に利用することができるので大変便利です。
次に便利な点が、カードでのローンの場合、連帯保証人や保証人が必要ないということです。
急な飲み会の出費や、どうしても欲しいものがある時、あまり家族には言いたくないような急な出費が必要になった場合でも、家族に知られることなく利用することができます。
また、審査についてもある程度の収入があれば通るのも魅力の一つです。
ある程度の収入と言うのは、主婦の方でパートをしている方、アルバイトでも安定して収入があれば審査に通る場合が多いです。
また、学生の場合でも、安定したアルバイト、親の仕送りなどで簡単に審査が通ってしまう場合があします。
そのため、来月にはアルバイト代で返済できる等、返済の見通しがついている場合は、学生さんでもカードでのローンは大変便利です。
審査は窓口に行かなくても、インターネット上や電話での手続きが可能です。
審査期間については、他のローンに比べて早いので、カード等が手元に到着後、すぐに借入することができます。
借入までスピーディに進めることができるのも魅力の一つです。
次に、金利についてですが、恐らく多くの方は、普通のローンに比べて金利が高くなると考えている方が多いと思います。
それについてはおおよそ間違いではありませんが、実は、カードローンでも低金利で借入することが可能な場合があります。
カードでのローンは、ブライダルローンや住宅ローン、自動車ローンと違い、多目的ローンに分類されます、そのため、自由な目的で融資を受けることが可能なのですが、その分住宅ローンなどと比較して金利は高くなりがちです。
しかし、最近では銀行や消費者金融間での金利戦争が始まっています。
カードローンはその使いやすさから人気が高く、利用者が毎年増加傾向にあります。
その影響で、多くの会社や銀行でも金利を下げようとする動きが見られます。
そのため、銀行を始め、消費者金融など多くの会社で低金利でカードでの融資を受けられる場合も多いですし、一定期間内に返済すると金利が不要になるといったようなキャンペーンをしている場合もあるので是非チェックしてみることをお勧めします。
カードローンは大変便利ですが、ローン会社や銀行の選び方を間違うと返済に苦労する場合があります。
逆に言うと、銀行や会社の選び方次第で、普通のローンよりお得に利用できることもあるのです。
便利なカードで賢くお得にローンを利用しましょう。