私がキャッシングを利用した理由

私が以前、親友の結婚式2次会の幹事を任されたときの話です。
親友である新郎とは高校時代からの付き合いで、新婦も良く知っている方なので、安心して任せられるということで、2次会の企画から会計までの全てを依頼され、私も大役を任されたことが嬉しく思い、快く承諾しました。
そこで、新郎新婦のリクエストを可能な限り叶えようと、打ち合わせは本番の3か月前から綿密に行い、パーティー会場、進行プログラムや余興の内容まで順調に決まっていったため、準備金としてある程度の金額を預かり、景品など必要なものは本番の2週間前には揃えることができ、余裕をもって本番を待つことに。
しかし、本番1週間前に、パーティー会場であるダイニングバーから入金催促の連絡があり、どういうことか聞いてみると、この会場は前払い制であることがわかり、このことは完全に私の確認ミスだったのです。
ひとまず見積もりの段階で30万ほどの金額で、会場費は終了後に集まった会費から支払う予定でしたが、その時の私はすぐに支払える現金は持ち合わせておらず、会場側も貸切りはイレギュラーなことなのでクレジットカードでの支払いは対応できないと言われました。
もはやこの段階で会場を変えることもできず、新郎新婦にも直前になってさらに多額の準備金が必要になったとはとても言え無い状況でしたので、他の友人にお金を借りようとも思いましたが、誤って新郎新婦が借金をしたという悪い評判が広まる可能性も考えるとその選択もできません。
時間もないため、ひとまずキャッシングで対応できるかもしれないと思い、消費者金融のWEBサイトをいろいろ見てみました。
すると、即日融資可能という消費者金融がたくさんあったため、ひとまずCMで良く見る業者に電話で相談と質問をし、今の現状を伝えると、WEB登録と申込みをするのが一番早いと教えてもらったので早速実行しました。
手続き自体は簡単で、名前、連絡先などを登録し、身分証明などの必要書類は携帯カメラで撮影したものをアプリで送付するシステムになっており、収入証明も必要かと思いましたが、融資希望額が50万以下の場合は不要のようでした。
そして審査は30分ほどで終わり、融資可能額のお知らせを受け取ることができたので、手間のかからない銀行口座への振込みで契約を結び、無事入金が完了しました。
そこで、気になる利息ですが、今回は初回利用だったため、無利子期間を受けることができ、30日以内に返済すれば利息がかからずに済みます。
わたしのミスで起きたトラブルでしたので、利子を支払う覚悟はありましたが、1週間後には会費が集まっているため返済可能となり、非常に助かりました。
キャッシングは、ギャンブルや買い物のし過ぎなどで生活に困った時に使うという悪いイメージがありましたが、今回のような思ってもいなかったトラブルで利用するケースもあると理解しました。
キャッシングを思い切って利用したことで、誰にも迷惑をかけず、素敵な結婚式2次会を行うことができ、そして親友の信頼と期待に応えることができたので非常に嬉しかったです。

即日融資の利用は計画的に

日頃からきちんと節約していても、予期せぬ出費が立て続けに重なってしまったり、急にまとまったお金が必要になる時があります。
家族や長年の親友にもお金を借りるとなると、関係がくずれてしまうかもという不安から、躊躇ってしまいますよね。
親しい間柄だからこそ、お金の問題を持ち込みたくないものです。
私も普段から家計簿をつけ節約し、緊急の際に備えてはいたつもりでしたが、とっさの出費に対応することが出来ませんでした。
テレビのCMやインターネットで、何度か目にしていた即日融資の会社に頼むことに決めた私は、まず安心な会社を探すことから始めました。
実際利用するという目的で調べてみると、たくさんの即日融資の会社があることに驚きました。
お金を借りることに関して慎重になるのは、当たり前のことですよね。
昔から怖いイメージしか持っていなかった私は、緊急の事態であるにも関わらず、出来る限りたくさんの情報を集めました。
即日キャッシュを申し込む消費者金融会社を選ぶ際には、まず有名であることや、銀行系の会社であることを重視しましょう。
その他にも金利が低い会社や、審査が早い会社もありますので、その時の自分のニーズにあった会社を選ぶことが大切です。
きちんと貸金法に基づいた営業をしている会社であれば、法外な金利を請求されたりしてトラブルに巻き込まれることはありません。
初めての利用の際には審査が必要になってきますが、定期的な収入があり、ここ数年以内に他の融資を受けて返済が滞っていたなどということがない限り、問題なく審査を通過出来ます。
たくさんの消費者金融会社の中から、借り入れしてから30日間無利息の銀行系の融資会社を見つけた私は、早速審査を受けるために申し込みをしようと思い、驚きました。
店舗に出向かず、インターネット上で申し込みを出来る会社がほとんどだったからです。
驚きながらも、必要事項を記入し免許証の画像を添付して送ると、1時間程度で審査結果が返ってきました。
希望金額を全額即日融資してくださるという返事を見てすぐに、近くのコンビニのATMに向かいました。
夜の8時だったにも関わらず、素早い対応にとても感謝しています。
私が利用した消費者金融会社では、お金を借りてから後の返済方法も、きちんとサポートしてくれました。
もちろん緊急時に一時的に借り入れをした場合は、翌日などにすぐに全額返済することが可能ですが、多くの場合月々の分割で返済していくことになります。
返済シミュレーションを活用すると、分割で返済する場合の金利計算や返済回数などをシミュレーションしてくれます。
長く借りれば借りるほど返済額が高くなりますので、きちんと返済計画を立ててくれるこのサービスはとても機能的です。
しかし、即日融資が可能であることや、審査が早いということは、それだけ利息も銀行で借りる場合より高くなっています。
便利だからといって必要金額以上の借り入れは避け、きちんと返済の目処をたててから、計画的に利用することが大切です。

即日融資ローンの金利は意外と低い

即日融資は金利が高いと昔から言われていますが、今はかなりの低金利で借りられるようです。
銀行の即日融資を利用したのですが、実質年率14.8%で借りることができました。
希望額は50万円と大きかったので即日は無理だと思いましたが、すぐに融資をしてくれました。
審査に10分、契約手続きに20分の計30分で融資を受けられたのです。
僕の友人はキャッシング愛用者で、20年くらい昔から利用しているそうですが、当時は30%近い金利が当たり前だったそうです。
僕が14.8%で借りたことを話すとおどろいていました。
昔は20%超が当たり前で、20%未満で借りられれば相当に低金利だったそうです。
今回利用した即日融資は、カードローンタイプでした。
キャッシュカードのようなカードを利用して、好きなときに借りることができるのです。
提携コンビニのATMは24時間365対応なので、深夜に借りることもできます。
一度、審査にクルマがガス欠になったとき、手持ちのお金がないのでコンビニまでお金を借りに行ったことがあります。
口座からお金を引き出すような感覚で借りられるので非常に便利です。
そのときは1万円だけ借りて、すぐにコンビニに行って給油してきました。
計画的にお金を利用していても、予期せぬ出来事は誰にでもあるものです。
カードローンは必須ではありませんが、持っておくと意外なときに役立つものです。
急にお金が必要になったとき、財布が寂しいということが少なくありません。
カードローンは一度契約してしまうと、次回からはもっと簡単に借りることができます。
コンビニATMを使えば、金融機関の営業時間外でも借りられるからです。
実質年率14.8%の銀行ローンは、その後新ローンに乗り換えることになります。
年利12.0%というローンが見つかったのです。
先に契約していたローンは、一度も返済に遅延したことがなかったので、新ローンの審査もすんなり通過できました。
ローンの乗り換え目的だったことも評価ポイントかもしれません。
低金利ローンへの乗り換えにより、毎月の返済額が軽減されましたが、僕は従来のローンと同額の返済額で返済を続けたので、返済期間を短縮することができました。
1年半で50万円全額を返済し、今は必要なときだけ借りるようにしています。
金利交渉については、契約直後は応じてくれませんが、遅延せずに返済を続けると対応も柔軟になってきます。
12.0%のローンはこのままでも十分に低金利ですが、契約から半年くらい経過したころ、金利の引き下げ交渉をしてみました。
ここで0.5%の金利引き下げが行われ、11.5%という金利設定になりました。
遅延なくローンを利用している方は、一度金利交渉をしてみるといいと思います。
交渉に応じてくれない場合は、即日融資に対応している低金利の銀行ローンがあるので申し込んでみるといいです。
銀行は審査が厳しいと聞いていましたが、意外と簡単に借りることができました。

高金利ローンを返済するのに即日融資を利用

即日融資といえば、ほとんどの方は緊急時に利用するのでしょうが、私の場合は他のキャッシング一本化が目的でした。
それまで3社から合計50万円の借入をしていたのです。
各社からの借入は少ないのですが、返済してはその場で借りる癖があるので完済できないのです。
このままではいけないと思い、低金利のローンを利用することにしたのがはじまりでした。
すでに10年以上は新規契約していない状態だったので、最近のローンが即日融資に対応していることは知りませんでした。
さらに金利も低くなっていて、実質年率15.0%での借入に成功したのです。
今回の借入先は銀行だったので、即日融資を受けられたことには非常におどろきました。
10年前であれば借入までには数週間はかかっていましたから。
審査通過後、希望した50万円の借入に成功し、すぐに3社のローンを完済しました。
審査から融資までもスピーディーで、時間にして40分くらいです。
たまたまローンを利用した銀行の口座開設をしていたので、そのまま振り込んでもらったのです。
それから窓口にカードを取りに行き、それ以降は提携ATMを利用して借入・返済をしていきました。
銀行ローンと聞くと堅苦しい雰囲気があるかもしれませんが、契約後は提携ATMが使えるのです。
コンビニ、提携店舗・金融機関などで利用できるので、24時間いつでも借りることができます。
今回は一本化資金として借りたのですが、急な出費が発生したときに二度ほど借りたことがあります。
一度目はクルマが故障をしたとき、二度目は友人から結婚式に誘われたときです。
どちらも急な出費だったので、即日対応できるローンは非常に役立ちました。
現在は銀行ローンはすべて完済しましたが、解約せずに契約を継続しています。
借入額はゼロの状態なので、利息は1円も発生しません。
解約してカードを返納するのは簡単ですが、再び急な出費がないとも限りませんので、そのまま契約しておくことにしたのです。
昔のキャッシングと比較して、今のローンは5%は低金利になっています。
私がはじめてキャッシングを利用したときは、24%を超える金利設定でした。
その後、グレーゾーン金利が廃止されて18.0%まで下がりましたが、今回の銀行ローンに乗り換えてさらに3.0%も金利を下げることができました。
金利が低くなると、返済が楽になるのがわかります。
毎月の返済額が少なくなりますし、元金もどんどん減っていきます。
利用明細の返済額・元金充当額を見ると、今までよりも返済が楽になっているのを実感できました。
即日融資ローンは昔から存在しましたが、危ない会社が多かったものです。
グレーゾーン金利を超える違法金利は普通に存在していました。
融資まで早いほど、金利が高いのが常識だったのです。
それに対して今のローンは、融資スピードが早くても金利が高くなることはありません。
消費者金融だけでなく、銀行でも即日融資に対応しているのです。

普通に借りられる即日融資ローン

ハードルが高いと考えていた即日融資ローンですが、昔借りたキャッシングと同じ感覚で借りることができました。
15年前に利用したキャッシングと比べて審査の難易度はあまり変わらず、融資スピードはより早くなっていました。
当時は申し込みをしてから借入までに3週間かかるのが普通でした。
忘れたころに業者から電話がきて、それから自宅にカードが届けられるのです。
審査に1週間、カードが届くまでにさらに2週間もかかっていたので、本当に必要なタイミングで借りることはできませんでした。
それに対して今のキャッシングは、審査・カード発行まで即日対応してくれるのです。
融資額については、昔よりも少なくなっていましたが、借りすぎ防止を考えるとよい改良点だと思います。
今は総量規制により、年収の3分の1までしか借入はできないようです。
今回、即日融資を利用した理由は、財布の盗難によるものです。
電車で眠っているときに、ポケットに入れておいた財布を盗まれたらしく、2週間分の食費を確保できなくなってしまいました。
貯金も底をついていた状態でしたので、借りる以外の選択肢はなかったのです。
家に帰ってからパソコンで消費者金融のWEBサイトを調べると、即日対応可能と記載してあったので、すぐに申し込みをしました。
そして、業者に電話をして最短の融資方法を聞いたところ、WEB契約をしてから無人契約機でカード発行が一番いいと言われたのです。
さっそくWEBサイトで申し込みをすることにしました。
審査は非常にスピーディーで、必要事項を送信して10分後に結果がわかりました。
融資可能という結果が出たので、すぐに無人契約機に行ってカードを発行して融資を受けたのです。
審査に通過できたポイントは、希望額を20万円と少なくしたことだと思います。
以前、消費者金融に勤務している友人が言っていたのですが、給料の1割程度にしておけば余程の問題がないかぎり、審査には通過できるそうです。
私の年収は220万円だったので、約10分の1である20万円の希望額にして申し込みをしたのです。
無人契約機でのカード発行手続きは簡単で、5分程度で発行されました。
お金はその場で借りることができるので、20万円のうち3万円だけ融資を受けたのです。
私の性格上、20万円満額を借りれば使ってしまうと考えたので。
それに、3万円なら無理なく1回で返済できることも理由です。
以前キャッシングを利用したとき、1回で完済するのが一番お得だと学びました。
返済回数1回と2回では、利息にも2倍の差が出てしまうのです。
今回の即日融資ローンは、返済も楽で助かりました。
昔は業者の窓口に行くか、無人店舗コーナーで返済するしか方法がなかったのです。
そのため、うっかり知人に見つかりそうになったこともあります。
今のキャッシングはコンビニ返済ができるので非常に助かります。
仕事帰りにコンビニに立ち寄って、その際に借りたり返済したりできるのです。

飲み会費用が足りなくて即日融資を受ける

僕が即日融資を利用したきっかけは、飲み会費用の調達でした。
友人から飲み会に誘われたとき、お金がないので断ろうと思いましたが、見栄を張って出席すると言ってしまいました。
飲み会費用は1万円もあれば足りますが、財布には数百円しかありません。
そのときはじめて即日融資のカードローンを利用しようと考えたのです。
そこで、いろいろな消費者金融についてホームページで調べることにしました。
すると、半数以上の業者は即日中に貸してくれることがわかったので、なるべく低金利の業者を探して申し込みました。
消費者金融の金利はどこも同じだと思っていましたが、大手は若干金利が低いのです。
たった1万円の借入ですが、金利は少しでも低いほうがいいですから。
申し込み方法はいろいろありましたが、インターネットでの仮申し込みをして、その後は来店するという方法にしました。
ホームページの申し込みページから審査を受けると、15分後くらいに結果が知らされました。
1万円で申し込んだのですが、10万円でも融資可能と言われたので、思い切って10万円の枠を確保したのです。
借りた分しか金利は発生しないと言われたのも理由です。
審査に通過したあとは、窓口まで行って現金1万円とカードを受け取りました。
このとき、次回から来店不要で借入・返済できると言われました。
大手コンビニATMで24時間好きなときに借入・返済ができるそうです。
窓口で返済すると知人と遭遇する可能性もありますから、コンビニATMが使えるのは非常に嬉しいことです。
お金を借りた僕は、無事に飲み会に出席できました。
3,000円ほど余ったお金は、そのままお小遣いにしました。
借りた1万円は、当月の給料日に全額返済したので、利息はほとんどつかなかったです。
借入期間は2週間ほどなので、利息はたったの70円ちょっとでした。
友達から借りるとなると、70円のお礼では済まないでしょう。
親に頭を下げて借りるのも嫌なものですし、返せる範囲でカードローンを利用するなら気楽でいいと思います。
現在もカードローンを利用していますが、僕は必ず一括返済をしています。
借入額は最高1万円、そして1ヶ月以内に返済しているので、利息は200円を超えることはありません。
急にお金が必要だけど財布が寂しいという状況で、即日融資のローンは役立ってくれます。
ローンに依存するのはいけませんが、一時的にお金がないときに借りるのは問題ないです。
スーパーで半額セールをやっているけど財布にお金がない、欲しいジャンパーがあるけど安いのは今日だけ、といった状況でローンを利用しています。
消費者金融の受付スタッフによると、お金のある方でもカードローンを利用しているそうです。
いざというときに手持ちのお金がない、財布を盗まれてしまった、口座から出金したいけど近くに銀行がない、といった状況で役立てている人が多いそうですね。
即日融資が可能なカードローンは1枚持っておくと便利ですよ。

即日融資で急な飲み会にも対応できる

社会人になったばかりの時、私自身一気に収入が増えたという事でどうしても購買欲とかが出てきてしまい、毎月の収入ギリギリまで買い物をしていました。
実家で暮らしていたので家賃等は必要ありません。
一応家には毎月5万円ずつ入れていましたが、後の残りは全て自分のお小遣いでした。
一度使う習慣がついてしまうと、今度はその予算で色々と買ってしまいます。
私の場合は残業をするかどうか、さらに休日出勤をするかどうかで毎月の収入が大きく変わりますが、大体沢山収入があった時の金額に合わせて買い物をしてしまいました。
だから時には少し予算オーバーしてしまう事も有り、そういう時は学生時代に貯めてきた貯金を使って買い物をしていました。
そんな生活を数年続けていたところ、次第に自分自身にも知り合いが増えて行き、飲み会等も増えた事があります。
付き合いは大切だという事で全てのお誘いに乗っていたところ、見事に予算オーバーとなってしまいました。
ただその頃は既に散在し過ぎていた為に、貯金もあまりありません。
とは言ってもお金がないからと言って飲み会の誘いを断ることはしたくなかったので、私はキャッシングを使う事にしました。
その時に利用したのが即日融資です。
私自身、キャッシングはすぐに融資してもらう事も可能だという事を知っていたので早速申し込みました。
私が利用したのは無人契約機でした。
ただそれを使っている様子を見られたくなかったのでこっそりとその建物まで行って、そしてこっそりと手続きをした覚えがあります。
多分周りの人から見ると凄く挙動不審だったかもしれません。
お金は無事借りる事ができ、その日の飲み会はキャンセルする必要はなくなりました。
ちょうどその時は今仕事ですごくお世話になっている人も参加していた物だったので、本当に参加出来て良かったと思っています。
そういえば、在籍確認の電話が実は一番心配でした。
私がお金を借りようとしている事を会社の人に知られてしまうかもしれないとドキドキしていました。
ただこれは単なる杞憂で、会社の人には誰にもばれる事はなかったので良かったです。
借りる人の事をしっかりと考えた対応になっているんだなと、その時実感しました。
私自身、今でもお金はしっかり返済すれば借りても良いと思っています。
ただ実際に即日融資を利用しましたが、すごく簡単に借りる事ができたので、これは使いすぎてしまうのではないかとふと思いました。
勿論お金の管理がしっかりと出来る人であれば何も問題はないと思うのですが、少々お金に対してルーズな面があると自負している私としては、使い方を誤るのは凄く危険な事だと思いました。
だから、即日融資やキャッシング等を使う時のルールを決めた事があります。
今私自身が守っているルールの一つは、必ず月5万円は貯金する事です。
その予算内で頑張って生活をしてみる事、そして即日融資は本当に困った時にだけ使う事にしています。

私が今までの利用した即日融資

私は仕事が自営業を行っている関係上、即日融資というものを何度か利用したことがあります。
最近では色々な融資の形があるのですが、即日という時間のみを考えると最も便利なのが消費者金融だと思います。
銀行などでもカードローンをはじめ即日と言うのは行っています。
ですが、即日に審査結果が分かっても実際にお金を受け取るには銀行営業時間内か自分の銀行口座に振り込まれる必要があるからです。
消費者金融であれば、最悪の場合でも営業時間内に店舗に駆け込むと審査の結果が分かる場合も殆どです。
元々の営業時間も平日の15時までと言う訳ではなく、夜の21時位までやっているお店も多くあるので利率などに拘らずに即日という条件のみに絞るのであれば消費者金融が最も適していると思います。
ただ必要書類の多さと言うのも難点にあるので、事前に確認しておくのがおすすめです。
銀行であれば、申込金額によっては身分証明書のみで審査をしてくれるところもあります。
ですが、消費者金融の場合は身分証明書と収入を証明できるものが必要になってきます。
私のように自営業の人間の場合は、会社に言って給料証明書を即日発行というわけにはいきません。
私の場合は振込入金で売上管理を行っている場合は、銀行の通帳の明細でも収入証明になるという回答を事前に貰っていたので、スムーズに申し込みができました。
私とは違う人などは、役所からの収入証明などは事前に用意しておく必要があると思います。
また、銀行のカードローンを通して即日融資を行ったこともあります。
銀行の場合は、営業時間が9時から15時までという非常に限られた時間に感じるかもしれません。
ですが、銀行の融資の殆どはネットで申し込みが出来たり、営業時間外でも対応可能の電話受付が設けられていたりします。
なので、営業時間以外でも審査を申し込むことができるので、事前に調べておく必要があります。
ここで、お金を受け取る方法なのですが受けるカードローンの種類によって注意があります。
銀行からお金を受け取る際には、自分の口座に営業時間内にお金が振込まれていなければいけないと思うかもしれません。
ですが、私が受けたカードローンの場合は仮カードが事前に発行されたり、申し込みを行った銀行と融資を受ける口座が同一銀行の同一支店の場合など、一部の条件の時には15時を過ぎてもお金を受け取ることができました。
全ての銀行がこのような形とは言い切れず、今までに申し込みを行った場合には即日融資を行ってくれない銀行もあったので、事前に確認しておく必要があると思います。
私が仮カードを受ける際には、身分証明書の確認までは銀行の営業時間までにやっておく必要があると言われました。
また、再融資の場合はカードを最初から貰っているので殆どの場合、即日融資で結果が分かる形になります。
銀行のカードローンは融資の金額や利率の低さ以外にも、即日融資においてもかなり便利だと思います。

審査状況も調べる事ができ安心だった

急な出来事や飲み会なども多い月で、元々支払い分として別にしていたお金にまで手をつけてしまいました。
しかしこのまま遅延をしてしまって信用をなくしてしまいそうと感じ、何とか今月の支払いは期日まで終わらせたいと思ったのです。
もうその引き落としの日は近づいていたので、即日融資を利用してお金をどうにかしようと思いました。
しかしどの業者を選んだら良いのか分からず、まずは実際に利用した方の意見を見たり、各サイトなどを見て一番自分に合っていそうなところにしようと感じました。
調べていくとそれぞれ良い特徴も分かり、実際にお金を借りた方の口コミなどを見ていても、即日でお金を借りる事ができて助かった事を載せていたのです。
その中でも審査の時にどこまで完了しているのかをサイト上で調べる事ができて、便利だという消費者金融が分かりました。
確かに申込みをする前から緊張感があったので、申し込みが終わってから結果が来るまでの間はもっと緊張してしまうかもしれないと感じました。
その間もどのように審査が進行しているのか分かれば安心して申込みができ、緊張感を和らげる事ができそうと思いました。
そこで申込みをする事に決めて、そのままインターネットから申込みを行ったのです。
入力画面も見やすく、どこに何を入力すれば良いのか分かりやすく項目が分かれていました。
会社名だけでなく住所や電話番号も必要だったのですが、実は覚えていなくて分かりませんでした。
しかし家にいたので落ち着いて住所や電話番号も調べる事ができ、無事入力をする事もできたのです。
そのまま申し込みをして待っている間、思っていた通りの緊張感が私の中に走りました。
本当に審査が通らなかった時にはどうしようなどと、マイナスなイメージも膨らんでしまいました。
しかしマイナスなイメージが膨らんでしまった時には、その審査結果の情報をネットですぐに調べる事ができたのでその心を落ち着ける事ができたのです。
30分くらいした時に審査が完了した事が分かり、無事に審査通過した事も同時に分かりました。
何かから解放されたような安堵感と、しっかりと公共料金や家賃などの支払いができるという気持ちになりました。
そこには振込みをしたい銀行口座などを入力する事もでき、家からも近くてすぐに行けるところの口座を入力したのです。
その日の午後に銀行のATMへ向かうとしっかりとお金が振り込まれていて、その月の約束していた支払いも無事にする事ができました。
即日融資なだけでも嬉しかったのですが、一番緊張感が走る審査を待つまでの間も安心しながら待つ事ができたので助かりました。
利子も基本的に高すぎない業者だったので、返済の時にも大変さを感じないで毎月無理なくお金を返す事ができています。
しっかりとどのような業者があるのか比べる事もできたので、多数の特徴やメリットを知る事ができたのでこれからお金を借りる事を考えている方には比べてみる事をオススメしたいです。

その日のうちに借りる事ができた

その月には車の車検など大きい金額での出費がある月だったので、正直ほとんどお金がありませんでした。
そこに身内でお世話になった人が亡くなった為、お葬式や通夜に行く事になってしまったのです。
そのまま行かないままでは後悔をしてしまうと思ったので行きたい気持ちでいっぱいだったのですが、貯金通帳を見ても財布を見てもお金がありませんでした。
このままでは本当に最期のお別れもできないまま終わってしまうと思ったので、お金をどうにか工面しようと思ったのです。
とは言っても友達に急にそういったお金の話をしたら嫌な思いをさせてしまうし、下手をしたら友達を無くしてしまうかもしれないとも感じました。
そこで何か良い方法がないか探した時に、即日融資ができる消費者金融があるという情報を手に入れました。
その日のうちか次の日の早い時間までに借りる事ができれば、通夜やお葬式までに間に合ったので借りる事にしたのです。
インターネットからでも申込みができるという事でしたが、僕は対面をしてしっかりと話を聞きながら申込みをしたいと思っていました。
ですので、その消費者金融まで行って、手続きをしようと思いました。
その日は夜だった為に今から行っても間に合わないと思い、次の日の休みを利用して朝から行く事にしたのです。
何時から開くのかをチェックして、午前中の早い時間には到着するように用意をして行きました。
ネットには申込みをする時の必要書類についても載っていたので、身分証明書など忘れ物がないか確認しながら行ったのです。
消費者金融に着き、受付のカウンターのところで融資を受けたい事を相談すると、説明をして申込み用紙を出してくれました。
記入の仕方なども丁寧に教えてくれて、申し込みをして審査も通ればお昼前にはお金が借りられる事も説明してもらえたのです。
時間もかからずにお金が借りられる事が分かったので、言われたままに記入を行いました。
自分の情報の他に会社の情報や他の消費者金融などに借入があるかどうかも書き、そのまま審査に入る事となったのです。
少し待っている間は本当にお金を借りる事ができるのか不安な気持ちいっぱいになってしまったのですが、ほとんど時間もかからずにまたカウンターに呼ばれました。
そこでは会社にも在籍確認が取れて、お金がすぐに融資できるという説明でした。
お金を借りるにはどのように行うのかをカードを見せてもらって説明され、手続きが終わった後に近くにあるATMですぐにお金を下す事ができたのです。
お金も手にできて安心感と、最期の別れを後悔なくできる気持ちでいっぱいになりました。
そのまま夜には新幹線で向かい、お通夜とお葬式の両方に出席をする事ができました。
その後の返済も一気にできなくても、毎月1万円ずつからで大丈夫だったので生活費にも影響なく返す事ができています。
思っていたよりも利子もかからずにこんなに早くお金を貸してもらう事ができて、即日融資は便利だと思いました。