3つのカードローンの特徴と利用の仕方

カードローンには発行する金融機関別に大きく分けて3つの金融機関のカードがあります。
銀行や消費者金融、そしてクレジットカードのキャッシング枠です。
使い方はいたって簡単で、コンビニATMに立ってカードを差し込んで暗証番号と金額を入力するだけで、それだけで借り入れがなされるのです。
ネットで借り入れする場合も同様に金額と暗証番号を入力すると登録されている口座にお金が振り込まれるのです。
借りる時は非常に簡単で、経験のある人でも最初があまりの簡単さにびっくりするかもしれません。
緊急に現金が必要になった時は、その威力を発揮してくれるのです。
カードローンは使い道が自由なことも特徴で、事業資金以外であれば、どのような目的であってもかまいません。
旅行やレジャー、家電製品などの買い物、枠が大聞かれば自動車を購入するのでも構わないのです。
銀行カードは金利が安いが審査が厳しいとよく言われます。
しかし銀行も消費者金融の審査方法を研究して即日融資をうたう銀行カードも出現しています。
それの消費者金融が銀行の関連会社にほとんどなっているので、審査が厳しいと言うことはなくなってきたのではないでしょうか。
消費者金融のカードは逆に、金利は高いが審査は銀行よりも、比較的やさしいと言われています。
金利が高いと言っても利息制限法によって上限が決められていて、昔ほどの差はなくなりました。
しかし、資金の調達方法が違うので相対的に消費者金融の金利が高くても仕方が無い点もあるのです。
銀行は預金者からお金を集めて、貸し出しをしますが、消費者金融は銀行からお金を借りて、それを貸し出しします、この点が大きな違いで、その点では消費者金融は銀行よりコスト増になっているのです。
クレジットカードのキャッシング枠は、勤る的には銀行と消費者金融の中間という位置づけですが、クレジットとキャッシングが一枚のカードでできてしまうメリットがあります。
銀行は総量規制の対象外ですが、諸費社金融やクレジットカードのキャッシング枠は総量規制が適用されてしまうのです。
年収の3分の1しか借りる事が出来ない、このようなことを嫌う場合が銀行カードを選んだらよいのではないでしょうか。
クレジットカードのキャッシング枠は、クレジットカードを作る時に、何の違和感も考えづに、ついでにキャッシュカードも作ります。
2つの機能を一枚のカードにまとめておくと、財布の中身はすっきりとします。
諸費社金融を選んだ場合は無利息期間があるサービスがあり、これは使い方でいい考えが浮かんだら、結構為になるサービスです、このようなポイントを重視する方もいるでしょう。
我々はこの中からどのような金融機関を選ぶかはその人次第です。
金利に重きを置く人と使いやすさが大事と考えている人それぞれです。
この3つの金融機関のカードは、その特徴をよく知って、自分の特徴と合うかどうかを確認して申し込みをしましょう。

関連記事: