VIP待遇のカードローンとは?

カードローンにはVIP待遇の商品があります。
こちらは審査基準を高く設定して、顧客を厳選しているのが特徴です。
安定した経済力のある方に特化しているため、金利を低くすることができるのです。
どのくらい低金利かというと、3%台からの設定となっており、最高でも15%未満で借りることができます。
こうした低金利ローンは通常は銀行が取り扱っているものですが、VIPローンに関しては信販会社でも用意しております。
さらにVIPと言われるには理由があります。

豊富な特典が用意されており、持っているだけでお得を体感できます。
宿泊施設を割引価格で使用可能であるなど、通常のカードローンには見られない特典があるのです。
言うなれば低金利のカードローンに、クレジットゴールドカードをセットにしたような内容です。
年収基準は600万円以上など、通常よりも高い設定になっており、経済的に余裕のある方でないと利用はできませんが、それだけにステイタス性は高いものとなっています。
クレジットカードのゴールドカード以上、プラチナカードレベルのステイタス性があるのです。

VIPローンは限度額も大きく、500万円を超える融資額を設定しているところもあります。
ただ、信販会社が用意するVIPローンに関しては、総量規制の対象となりますので、もし500万円を借りようと思ったら、医師や弁護士、自営業、会社社長・役員など、高額年収の方でないと無理でしょう。
年収の目安としては1,500万円以上が必要となります。

800万円借りるためには、2,400万円の年収が最低条件となりますから、VIPローンだからといって無条件で高額融資を受けられるわけではありません。
VIPローンの審査では、過去の融資実績も精査されますので、何度も延滞していると契約は難しいでしょう。
そもそも、お金に余裕がない方を対象としたローンではなく、万が一のときのトラブル解決用のローンなのです。
どんなにお金持ちの方でも、財布を落とすことはありえることです。

特に旅先では予期せぬトラブルが起こりやすく、日本国内にいるよりも紛失・盗難のリスクが高くなるのです。
財布ごと紛失してしまった場合、VIPローンがあればお金を調達できるわけです。
もちろん、お金を借りることが目的ではなく、カードの提携サービス(宿泊施設、ゴルフ場など)を格安価格で利用するために契約をする方もおります。
このカードを所有していること自体、世間の平均レベルよりも高い経済力を有している証なのです。
VIPローンの契約実績があれば、これからローンやクレジットを利用する機会があっても、審査で有利になることでしょう。
ちなみに、VIPローンは株式、FXなどの投資関連に使う方もおります。

資産をさらに増やすための元手として活用する方が多いのです。
VIPと呼ばれるだけあり、単なるムダ使いに使用する方はほとんどおらず、資産構築のツールとして利用されています。

関連記事: