飲み会費用が足りなくて即日融資を受ける

僕が即日融資を利用したきっかけは、飲み会費用の調達でした。
友人から飲み会に誘われたとき、お金がないので断ろうと思いましたが、見栄を張って出席すると言ってしまいました。
飲み会費用は1万円もあれば足りますが、財布には数百円しかありません。
そのときはじめて即日融資のカードローンを利用しようと考えたのです。
そこで、いろいろな消費者金融についてホームページで調べることにしました。
すると、半数以上の業者は即日中に貸してくれることがわかったので、なるべく低金利の業者を探して申し込みました。
消費者金融の金利はどこも同じだと思っていましたが、大手は若干金利が低いのです。
たった1万円の借入ですが、金利は少しでも低いほうがいいですから。
申し込み方法はいろいろありましたが、インターネットでの仮申し込みをして、その後は来店するという方法にしました。
ホームページの申し込みページから審査を受けると、15分後くらいに結果が知らされました。
1万円で申し込んだのですが、10万円でも融資可能と言われたので、思い切って10万円の枠を確保したのです。
借りた分しか金利は発生しないと言われたのも理由です。
審査に通過したあとは、窓口まで行って現金1万円とカードを受け取りました。
このとき、次回から来店不要で借入・返済できると言われました。
大手コンビニATMで24時間好きなときに借入・返済ができるそうです。
窓口で返済すると知人と遭遇する可能性もありますから、コンビニATMが使えるのは非常に嬉しいことです。
お金を借りた僕は、無事に飲み会に出席できました。
3,000円ほど余ったお金は、そのままお小遣いにしました。
借りた1万円は、当月の給料日に全額返済したので、利息はほとんどつかなかったです。
借入期間は2週間ほどなので、利息はたったの70円ちょっとでした。
友達から借りるとなると、70円のお礼では済まないでしょう。
親に頭を下げて借りるのも嫌なものですし、返せる範囲でカードローンを利用するなら気楽でいいと思います。
現在もカードローンを利用していますが、僕は必ず一括返済をしています。
借入額は最高1万円、そして1ヶ月以内に返済しているので、利息は200円を超えることはありません。
急にお金が必要だけど財布が寂しいという状況で、即日融資のローンは役立ってくれます。
ローンに依存するのはいけませんが、一時的にお金がないときに借りるのは問題ないです。
スーパーで半額セールをやっているけど財布にお金がない、欲しいジャンパーがあるけど安いのは今日だけ、といった状況でローンを利用しています。
消費者金融の受付スタッフによると、お金のある方でもカードローンを利用しているそうです。
いざというときに手持ちのお金がない、財布を盗まれてしまった、口座から出金したいけど近くに銀行がない、といった状況で役立てている人が多いそうですね。
即日融資が可能なカードローンは1枚持っておくと便利ですよ。

関連記事: