銀行系カードローンを利用するメリット

カードローンを行っている会社は主に、銀行系、消費者金融系そして信販系があります。
それぞれの会社はそれぞれ異なったメリットがありますが、やはり最近どんどん融資業に参入をしている、銀行系のローンは高い人気がありますよね。
通称バンクカードとも呼ばれていて、後ろ盾が銀行となっているので利用者にとっては安心感がありますよね。
実際には銀行がサービスを提供しているので、やはり使い勝手が良くて色々なメリットがあるのです。
それは単なる信頼感や安心感だけではなくて、実質的なメリットも多いので人気が高いのです。
なんと言っても金利の安さには目を見張ります。
最近はインターネットの一括比較サイトを活用すると、カードローンに金利の安さに着目して、ランキングされているサイトがあります。
こうしたサイトを眺めて見ると一目瞭然なのですが、金利の低さで上位を占めているのは、圧倒的に銀行系のローンなのです。
最高金利は18%となっているのですが、銀行系は15%前後が最高金利となっているのが一般ですので、お得に融資を受けることが出来ます。
中には10%を切っていて一桁台の金利で融資をしてくれる所もあります。
さらに高額融資を受けるときの金利の低さにも目を見張ります。
3%あるいは3%台や4%台で融資を提供している所が多くあります。
高額融資の際には多くの場合が長期返済になるでしょうが、このように金利が低ければ借り入れが長期にわたっても、経済的な負担がそれほど大きくなく気軽に融資を受けることが出来ます。
カードローンは2010年に施行された法律によって、厳しく利用制限が行われています。
それは総量規制と言われる法律です。
これによって融資限度額が各人で制限されているのです。
利用限度額は年収の1/3までと限定されているのです。
ですので年収が300万円の人は100万円までで、600万円の人は200万円となっています。
しかしながら銀行系のローンを利用する際には、総量規制の対象外ですので年収の1/3以上でも、審査にさえ通れば融資を受けることが可能なのです。
銀行系のローンの最高融資額は高いのも特徴です。
300万円、500万円あるいは800万円まで融資してくれる所もあります。
これだけ利用出来るとしても総量規制が適用されれば、多くの方にとってはなかなか利用しづらいかもしれません。
しかしながら銀行系のカードローンでしたら利用出来る可能性が高いので、高額融資を希望される方は銀行系のローンがオススメです。
こうした高額融資の場合には金利は先に述べた、3%で利用することも可能なのです。
ですので銀行のマイカーローンや教育ローンを利用するよりも、あっという間に融資してくれるので便利ですし、もちろんその他の用途でも利用出来るので利便性は高いです。
銀行系のカードローンの申し込みは、今や店頭などに行かなくてもインターネットからでも可能です。
ですので積極的に活用してワンランク上の生活を楽しみませんか!

関連記事: