銀行系カードローンの特徴

お金を借りるときにやはり最初に頭に浮かぶのが、銀行です。
使う側の安心感が違います。
また多くの方が利用しているので、身近に感じることができます。
その銀行で融資を受けるなら、今はカードローンが非常に便利です。
今まではスピード、審査の基準の厳しさがひっかかってましたが、その問題を全てクリアーしたのがこのカードローンです。
普段生活していると、どうしても急な出費というのは存在します。
例えば、友達に子供が生まれた、親族が結婚することになったなど、確かに嬉しいことですが、お金がかかるのも事実です。
かといって、毎月結構ギリギリでやりくりしていると、簡単にお金をつくりだすことができません。
こんな場合に銀行のカードローンが便利です。
まず、最短即日で融資の受取りが可能です。
インターネットで申し込む場合、なんと30分ほどで審査が終了します。
今までは窓口で様々な手続きが必要でしたが、この方法であればすぐに審査を終えることができます。
また、パソコンや携帯を使ってどこからでも申込みできますし、24時間申込みが可能です。
ですから、仕事終わりでも問題なく申込みできます。
この場合、当然手続きは次の日になるので即日に融資を受け取ることはできませんが、それでも申込みだけでも好きなときにできるのは非常に魅力的です。
また、便利なのがテレビ窓口での申込みです。
通常なら平日15時以降は翌日に融資受取りとなったりするのですが、テレビ窓口はなんと土日も使えて、15時以降でもその場でカードを受取ることがでるので、とにかく急いでいるならこの方法がベストです。
ただ運転免許証など身分証明書が当然必要となります。
そして銀行系は、やはり金利が低く、非常に分かりやすいです。
例えば毎月少ししか使わない場合は、50万円以下の融資となるので、大体年の金利が14,6%になります。
そうすると10万円をなんとか工面するために、お金を借りてたとしても、翌日すぐ返せるなら、金利はたった40円で済みます。
例え返済に一ヶ月かかってしまったとしても、金利は1200円程度です。
早く返せば返すほど更に金利は得になります。
ですから、事前に計画して極力早く返す計画を立てるのが賢い方法です。
更に銀行系はATM手数料が全くかかりません。
いつでもどこでもただで利用できます。
ATM手数料も軽く見ないようにしないといけません。
なぜなら土日祝日は210円ほどかかるところもありますし、普段でも105円かかってきます。
これが積もると、一ヶ月の借りたお金の金利近くいってしまうこともありえるのです。
加えて、一万円単位ではなく、千円単位で借りられます。
一万円借りるとあれよあれよとお金を使ってしまいます。
ですから、千円単位で借りられるのは魅力になります。
借りすぎないように自分にストップをかけられるからです。
銀行系には、ならではのメリットがたくさん存在しています。
それを理解して、上手に利用するなら、カードローンに生活のやりくりを任せることができます。
しかし便利であるゆえに同時に計画的に利用することが求められます。
賢く利用して生活を楽にしましょう。

関連記事: