銀行と消費者金融のカードローンの違い

できれば、お金を借りたりしたくないと思うでしょうが、お金が足りなくなる時というのはあるものです。
しかし、色々支払わないといけないものを払わないままいつまでもいるわけにはいきません。
それで、お借入れする方法を色々考える事になるでしょう。

全く今までお借入れした事がない人がお借入れを考える場合には、まず、クレジットカードのキャッシング枠を利用するという事でしょう。
これは自分で何も手続きをしなくても、手持ちのクレジットカードからキャッシングしたら良いので、最もお借入れしやすい方法でしょう。
他には銀行からのお借入れと、消費者金融からのお借入れでしょう。

カードローンはこのお借入れにあたるものなのですが、銀行のものと消費者金融のものがあります。
一般的には同じ金額をお借入れ出来るとしたら、返済額は銀行系のほうが少なく済みます。
この理由ですが、銀行のカードローンですと、返済方法が元利金等返済か、元加方式となります。
これは返済をする額の割合が初めのうちは利子がかなり多いのですが、返済をどんどん進めると、利子の支払う割合が少なくなっていくのです。
そして、段々と元金を支払う割合が多くなっていくのです。
別の言い方をすると、返済の最初のうちは利子をたくさん返済し、返済が進むに連れて段々利子の割合が少なくなって、元金を払っていく割合が大きくなるという事です。
それに対して、消費者金融の返済方法はリボルビング式なのです。

リボルビングというと、クレジットカードで買い物をしてリボルビング払いをした事がある人は知っているでしょう。
これは返済していても、なかなかお借入れした金額、いわゆる元金がなかなか減っていかないのです。
元金がなかなか減っていかないという事は返済に時間がかかるという事を意味しています。
ですから、毎回の返済額の他に、少しでも多く返していくようにしないといけません。
これはとても大切な事です。
次に、銀行系と消費者金融系ではどちらが便利かというと、審査が若干ゆるいという面から述べると消費者金融のほうでしょう。
また申し込んでからお借入れが完了するまでの時間も消費者金融のほうが速い事が多いでしょう。
消費者金融のカードローンですと、即日融資が可能な所も多いので、急いでいる場合には利用しやすいでしょうし、助かるでしょう。
そして、銀行系と消費者金融系のカードローンの大きな違いは銀行のほうは総量規制の対象ではないという事です。
これは大きな違いです。

ちなみに、この総量規制というのは、簡単に言いますと、個人の場合は、お借入れをする金額が年収の3分の1を越えてはいけないというものです。
消費者金融の場合はこの総量規制の対称なので、専業主婦が自分一人で夫に内緒でお借入れするのはまず無理でしょう。
夫の強力があれば、消費者金融から借りられるでしょう。
以上、カードローンといっても、銀行のと消費者金融の物があるので、違いを理解しましょう。

肝心なのはあたり前の事ですが返済する事です。
確実に、そしてなるべくはやく返済するように心がけましょう。

関連記事: