金融機関の即日融資と国金との比較

即日融資を今までに利用していて最も便利だと感じたのが、つなぎ融資として利用した時です。
即日融資の利点というのは、申し込みを行ってから当日中にお金の都合を付けることができるという点です。
私は仕事が自営業をやっているので、近日中にどうしても現金を用立てなくてはいけないということが年に何度かあります。
通常であれば国金の融資枠などを利用してやり過ごしたいのですが、国金の場合は再融資の場合でも早くて2週間くらいかかってしまいます。
それらを間に合わせるまでの間のつなぎ融資として即日融資を利用する場合が殆どです。
一度穴を埋めることができれば国金の融資が実行された際に、まとめて一括返済すればよいだけだからです。
最近では銀行のカードローンのように申し込みから審査までが当日で結果も出て、融資金額も大きい、利率も低いというローンがたくさんあります。
なので、つなぎといっても以前ほど利率の差額が生じることもありません。
たまに一括返済をしないで他の仕入れに回してしまうこともあります。
それにこう言ったローンの契約の場合は、手続きが非常に楽です。
銀行に申し込みを行う際には身分証明書・消費者金融や信販会社での申し込みの際には身分証明書と給料明細のみで足りるものメリットです。
また、融資の結果を申し込みしてみて思ったのが、記入事項の不備や必要書類不足の場合で審査が通らない場合は銀行などでは、詳細を教えてくれる場合がほとんどでした。
ですが、国金の場合は事業計画書などは通常のものだけではなく、自分で証明できるものなどを用意しなければいけません。
最初に融資を申し込んだ際には記入の仕方が分からずに何日も無駄にしてしまいました。
電話対応も行ってくれずにかなり不安を覚えました。
最初に私が金融機関で即日融資を申し込んだ際は、元々持っている銀行で申し込みを行ったのが最初でした。
その際には使用目的がつなぎ融資という形で申し込みを行ったのですが、基本的には使用目的は自由でほかのことに使うことができます。
ですが、国金の場合には絶対に申し込みを行った際の目的で行わなければいけずに、それ以外の利用を行った際には最悪の場合、融資を中止され一括返済を求められることもあります。
そういった場合でも、金融機関の融資は魅力的だとも感じました。
分からない点などは金融機関などの融資の際には、借りたあとでも電話で簡単に聞くことができます。
最近では、国金の融資は通常の営業以外でしか利用していません。
急な出費の場合には金融機関での申し込みで事なきを得ています。
ただその際には、返済額の計算だけはきちんと行うようにしています。
複数の会社での融資を行っている際には、ひとつの融資の返済が滞っただけですべての融資がストップされてしまうからです。
今まで利用した経験から言えるのは、即日融資とはあくまでも他の融資が滞らない範囲内で利用していくことが最も重要なことだと思います。

関連記事: