複数のカードローンを一本化するということ

最近は様々な金融機関がカードローンを提供しています。
ある目的に特化したものから、使い道を問わないものまでいろいろありますよね。
基本的には、従来の貸金業者が設けている利息よりも安く設定されていたり、よく利用している金融機関の各種サービスに優遇処置が付加されたりと、借りる側にとってのメリットがあるため、このタイプのローンは以前よりも便利で身近なものになっています。
そのぶん、ついつい各金融機関ごとにカードローンを利用しがちになってしまう人は少なくありません。

cardloan029

限度額について

借りられる額は数万~数百万までの幅広いものであり、その時に借りる側がちょっとだけ足りなかった分を補おうとして利用し始めるということもあるからです。

買い物しに来たけれど、用意していた金額をちょっと超えてしまった場合や、娯楽や趣味などに必要なものを購入したいが、持ち合わせがなかったり通帳の残高では足りなかったりする場合も考えられますよね。
つまり、一つ一つの借りた額は比較的少額であり、毎月の返済額も一つ一つ見れば大きな額ではないということです。
しかし、これらには落とし穴がありますから、注意が必要ではないでしょうか。
例えば、ある時にカードローンで20万円借りて月々5000円ほどの返済計画を立てている人が、さらに別の時に30万円借りて月々5000円の返済をすることになったとします。
しかも、新たに別の時に50万円借りて、月々5000円の返済が加わったというようなこともあるのです。

このような状況が繰り返された場合、一つ一つの借りた金額はさほど高額ではありませんし、月々の返済額も一つ一つは数千円ということで比較的安価なものになっています。
ところが、借りた金額を合計すれば、利息込みでは軽く100万円を超えてしまいます。
また、月々の返済額合計も、1万5000円ということで万単位になっていることになるのです。
このように、気がついたら、いくつものローンを抱えており、少額しか借りてこなかったはずが総額では多額の債務を抱えている状態もありえます。
こうなってしまうと、結局は月々の返済額合計が大きくなって負担が重くなっていることが多いですよね。
これらの負担をちょっとでも軽くできる可能性の一つとしては、カードローンの一本化をはかるということになります。
さらに新しく借り入れることになりますが、その借り入れたお金で現状として返済が続いている様々なカードローンを全部完済してしまうのです。
全部が無理だとしても、返済先の数が減るように返済残高が大きいものや月々の返済額が大きいものだけでも片付けてしまうことです。

一本化で返済策を減らそう

うまく一本化できれば、または、返済先を減らすことができれば、そのローンの返済だけで済むようになりますから、それまでの月々の返済額合計が減ることは充分に考えられます。

そうなることで、毎月の収入や生活費から出ていく返済金が減りますから、家計やライフスタイルについてちょっとはゆとりが生まれてくるのではないでしょうか。

関連記事: