突発的な借入をすると非常に危険

お金がないから借りてみよう、なんとなく借りてみよう、ギャンブルの資金がないから借りていみよう。
全て突発的な借入で、急にお金が必要になったケースです。
こういった状況でお金を借りようと考えた場合には、知人や親戚からお金を借りるということを想定していない場合がほとんどです。
急な借り入れの申込みに首を縦に振る人は少なく、そうした場合には消費者金融を頼るしかありません。
昔ではできなかった即日融資を現代ではいとも簡単に行うことができます。
申込みから審査を経て、融資までものすごいスピードで行っています。
このシステムが出来るようになったのはパソコンの発達とインターネットの発達によるものです。
在籍確認も電話で個人名で行ってもらえるので、企業にばれたくない人でも容易に借りることができるのです。
実際に多くの人の助けになっているこのシステムが危険だということを、ほとんどの人はしりません。
突発的な借り入れの場合、きっちりとした情報収集をしなかったり企業を調べないケースがほとんどです。
名前を知っているから借りたり、テレビでみたことがあるから借りるという安易な行動に走る人が増えるのです。
自分がどのくらい借りるかをきめていない人は、無駄な借入をする場合が多いです。
返済計画をしっかりとしていない人は、月々の返済能力を超えた借り方をする場合もあります。
そうなると、借りた月には助かるかもしれませんが、翌月から返済ができないで困るという事態に陥りかねません。
そこで取る行動は、違う企業にカードローンをまた申し込むというものです。
こうして、返済ができないから借りるというのを繰り返すうちに借金は増えていくのです。
昔はこの方法を際限なく繰り返すことが出来たので、自分の予想をはるかに上回って借金が増えていきました。
近頃は総量規制の導入によって、年収の3分の1までしか借りることができないので歯止めをきかせることができます。
総量規制を超えた借り方もできるので、いまだに危ない状況に変わりはありません。
多重債務者になってから後で後悔する人があとをたちません。
また、法律で定められている金利で貸し出しを行っている企業はまだマシなほうです。
法律で定めるよりも明らかに高い金利で貸し出しを行っているところもあります。
普通なら手を出しませんが、多重債務を抱えている人ほどお金が早急に必要なことが多いのでそういった企業まで手を出します。
高金利の企業まで手をだしてしまっては、取り返しがつかないことになるのでやめましょう。
結論としては、突発的な借り入れは絶対にしてはいけないということです。
借入をする金額や目的や返済期間をきっちりと決めましょう。
そこまで決めたら、返済をするまでの詳細な日にちや金額までを正確に決めるのです。
一つのプランを立ててもうまくいく確率は低いので、計画を複数用意します。
そこまでして、ようやく賢い借入をすることができるのです。

関連記事: