病気でお金がかかる時に助かった

それまでは健康だったのですが、去年体調を崩してしまった事がありました。
肺炎になってしまったのですが、その肺炎の症状が重くなってしまって入院をするまでではなかったものの、家で絶対安静で毎日病院にも通わなければいけない状況にもなってしまいました。
仕事をする事もできず有給などもなかった為、お給料もいつもの3分の2しか入ってこない月が2か月続いたのです。
貯金でもあれば良かったのですが、ほとんど貯金などはなかったので家賃なども払えるか微妙にもなってしまいました。
家賃の他にも医療費が毎日のように点滴に通っていたので、1か月で6万円かかってしまって逆にお給料は少ないのに出ていくお金が多い・・・という状況になってしまいました。
どうにかしなければという一心でインターネットで調べてみたのです。
すると同じような病気の症状になってしまった方が、その時の支払いを何とかする為に即日融資のカードローンを利用した事が載せられていました。
私は始めそのようなカードローンの事はまったく頭の中になかったので、新しい発見にもなりました。
だいたい30万円くらい借りる事ができれば、4か月くらい通院する事になっても乗り越えられそうとも感じたので、申込みをしてみたのです。
病気中だったのでそういった事もお金を借りる時に関係するのかな?
と思ったのですが、そういった事は関係なく仕事に就いていれば大丈夫でした。
インターネットから申込みをしたのですが、必要な事項を入力して間違いがない事を確認した後送信しただけで、その後30分くらいしたら審査結果がメールで届きました。
午前中に申込みをしてその後すぐに病院に行く日だったのですが、電話ではなくメールで審査結果を伝えてもらったので助かりました。
そして、私が希望していた30万円の融資をしてもらう事もできたのです。
万が一お金を借りる事ができなかったらどのようにしようか、その事も悩むと具合が悪くなっていたので精神的にも助かりました。
その後銀行の口座にお金も振り込まれていて、後から専用のカードも送られてくるという事だったので安心しました。
まずは家賃の支払にも間に合い、お給料にも足して生活費や病院の治療費に充てる事ができたので良かったです。
お金の悩みもなくなったら精神的にも安心して病院に通う事ができて、大きい病院で病気の経過を見てもらったら2か月後には残りの白い影はあったものの、重大な病気に進行していなかったので少しずつ会社に復帰する事ができました。
今は元気になり、その時に借りる事ができたお金を少しずつ分割払いにして返済をしています。
返済の時にも私の場合は1万円からと、生活に支障をきたさない額から始められているので、その点も助かっています。
こういったいざという時に即日融資でお金を借りる事ができたのは、精神的にも本当に助かりました。
この後は、しっかりと完済するまで返済をしたいと思います。

関連記事: