教育カードローンとは

現在の幼稚園を含めて小学校から大学まで、一貫で教えるいわゆるエスカレーター式あるいはエレベーター式で大学までという様な、同様のあるいは、よく似たシステムで、学生という「お客様」をどの様に当学校グループに招き入れようかと、少子高齢化の中で少ないパイを獲得しようと競い合っています。
現代社会はグローバル社会の一員となった日本にとって、外国語の中の最もポピュラーでありながら、かつ身に付けやすいと言われている英語の習得が不可欠ですから、そのような授業も多く盛り込まれることでしょう。

更に付く加えるのであれば、世界の中では余り主張をしない民族として、捉えられており皆の前で、何かを発表するというようなプレゼンテーションを行える力量も付くのではないかと考えられます。
そうなれば、一般の一流と呼ばれている大学を卒業するよりも、高い価値を得られ、就職にも非常に有利になるのではと思います。
しかし、教育費用というのは思いの他かかるもので、大変な資産家でもない限り、一括で入学金や授業料等を支払う事は、相当な困難であると言わなければなりません。
そこで、利用したいのが教育カードローンです。

カードローンとは別に教育ローンを用意している金融機関が一般的ですが、中には教育の為に使用可能な教育カードローンを用意している銀行、あるいは信用金庫等の金融機関が存在します。

  • (1)このローンのお使いみちは、授業料や入学金、あるいは予備校や学習塾、または家賃(敷金や礼金等を含みます)、引越し費用、教材代、受験費用にも割り当てる事が可能です。また、教育に関する資金を借り入れる為の、借換え資金にも使用出来ましょう。
  • (2)教育カードローンの融資額は、様々ですが50万円以上300万円以下というのが主流ですが、中には、最高で1000万円まで借りることが出来る金融機関もあります。
  • (3)融資利率は、まばらですが3.3パーセントから4パーセント程度です。
  • (4)融資期間は、4年9ヶ月以内というのが相場ですが、14年以内という所もありますので有難い限りです。
  • (5)返済方法は、銀行から自動引き落としで毎月の利息分を支払うタイプが主流ですが、借り手の都合でまとめて一括返済を出来る金融機関もあります。
  • (6)教育カードローンを利用出来る方は、借入れ時の金額が満20歳以上から65歳未満で、正規の職員として継続して安定した収入があり、希望する学校への入学してから卒業までの期間が、1年以上の学校へと、入学するお子様がいらっしゃる事が条件になります。

昨今の銀行等に代表される金融機関のホームページには、計画として、どれくらいのお金を借りることが出来るのか、そして返済する事が出来るのかをシミュレーションするソフトウエアが、おかれている事があります。
使い方は、次の通りです。

  • その一、ローン商品をドロップボックスから選択して下さい。
  • その二、お借入金額を、万単位で投入します。
  • その三、返済期間を、ドロップボックスから、年と月単位で選択しましょう。
  • その四、利率をパーセンテージで入力して、ボーナス併用率も同じ様に入力して下さい。
  • その五、ボーナス月までの月数を、月単位でドロップボックスから選択をお願い致します。
  • その六、「試算する」をクリックして下さい。

そうすると、月額のお支払額とボーナス月加算額が表示されます。
このシミュレーションは何回も無料でご利用になれますので、じっくりと吟味をされて、無理をしない範囲でローンをご利用下さい。

関連記事: