急にお金が必要になった時に強い味方になってくれるカードローン

これはもう5年ほど前のことです。
父の股ところに出来物ができてしまい、近くの胃腸科の個人病院で排膿することになりました。
田舎なもので近くに適当な病院がなかったのです。
そこまでは良かったのですが、ドレーンを挿入したままの生活が1週間以上続いた時、にわかにその場所が痛くて仕方がないと父が言い始めたのです。
ビックリしてしまい、翌朝大きな病院で診てもらうことになりました。
胃腸科の個人病院で紹介状を書いてもらい、もっと大きな病院で検査をしてもらったところ、なんとそのまま手術をするということになってしまったのです。
手術は簡単なものでしたが、困ったのが検査費と手術費、入院費をどうねん出するかでした。
検査費用はかなりかかるものだと覚悟はしていたのですが、手術や入院までするとは思っていませんでしたから、いきなりお金が必要になってしまい途方に暮れてしまいました。
しかも、父が加入していた保険というのが、1週間入院しないと、保険金が出ないタイプの保険で、それに退院までに給付金がもらえるようなものではありませんでした。
人の心配を知ってか知らずか、5日目に先生からもういつでも退院して良いと言われた父は、すぐに退院をすると言い始めたではありませんか。
もちろん、退院する時に必要なお金などありません。
それなのに、翌日退院するというのです。
そこで、カードローンを利用しようと考えました。
田舎ですが、消費者金融の1軒や2軒はあります。
消費者金融のカードローンであれば、即日発行してもらうことができますから、それで借りれば大丈夫ではないかと思ったのです。
申込むのは良いのですが、一番不安なのが即日融資をしてもらえるかどうかだったのですが、消費者金融などでも大丈夫だということで一安心でした。
申込む時間にもよりますが、即日融資に対応できるということで、これで安心だと申し込みをしました。
できれば、無人契約機で契約したかったのですが、田舎なので店舗しかありません。
国道沿いの店舗に車を走らせて、申し込みをして事情を説明したところ、気になっていた審査もすぐに終了し、カードが発行されました。
それでキャッシングをするのかと思ったら、店舗でお金を融資できるということで、近くのATMを利用することなく、お金を手にすることができたのです。
ここまで来ると、ちょっと気持ちに余裕が出てきて、周りを見回すこともできるようになりました。
店舗には、奥の方に責任者らしい方がいて、私の担当をしてくれたのは若い女性の受付の方でした。
その受付の方が聞くことに、しっかり答えたことで、審査がスムーズにいったように感じました。
インターネットからの申し込みは簡単ですが、わからない時にすぐアドバイスしてもらえる店舗もなかなか良いと思います。
ここでカードローンを申し込んだおかげで、即日融資を受けることができ、父の退院までに間に合わせることができました。
1週間入院してくれればこんな苦労をする必要はなかったのに、本当に困った父です。

関連記事: