急にお金が必要になったとき

お金を工面する方法というのは、ありそうで少ないものなのです。
誰かから借りるのがてっとり早いものですが、貸してくれるとは限りませんし、借りることで後味が悪くなってしまうでしょう。
カードローンはこんなときのためにあるのです。
カードローンはかなり昔からあるローンであり、主に消費者金融のローンとして知られていました。
当時から銀行でも用意していたのですが、審査のハードルが相当に高くて、なかなか借りられなかったのです。
銀行の回収率は極めて高いのですが、この理由は審査が厳格であるからです。
返済できそうな客を選んで融資するので、しっかりと回収できるというわけです。
しかし、審査が厳しいと借りられない人が増えてしまい、急にお金が必要になったときに困ります。
そのような方のために消費者金融があり、カードローンの供給のほとんどを占めていました。
当時から銀行で借りる方は少数派で、大半は消費者金融から借りていたはずです。
消費者金融は借りやすいかわりにデメリットもあり、それは金利がかなり高いことでした。
現在は認められていない金利(29.2%)で融資している業者も多く、返済できなくなる人が多かったのです。
1年間に29.2%が利息となるのですから、これでは元金を減らすことは非常に難しいです。
せっせと返済しているつもりでも、なかなか元金は減らないという現象が起こるのです。
毎月2万円ずつ返済しているのに、元金は借入額の100万円から減らないという方もいたのです。
最近はカードローンブームとなっていますが、この背景には消費者金融が銀行レベルまで金利を引き下げたことにあります。
やや高金利の銀行と、普通の消費者金融の金利が同じくらいなので、以前とは比べものにならないほど借りやすいはずです。
金利というのは実際の数値以上の負担となるもので、年利29.2%と18%では、比較にならないほど後者のほうが低金利に感じるのです。
感覚としては12%~13%くらいのものであり、これは実際に現在の低金利ローンを利用すればよく分かることです。
お金が急に必要になったときは、カードローンで必要額の借り入れをしてください。
必要額とは、多めに借りることではなく、本当に必要な金額にとどめるということです。
20万円まで融資しますと言われれば、喜んでOKしてしまうことが多いでしょうが、実際に必要な金額が10万円ならば、20万円も借りる必要はないわけです。
ただ、1万円や2万円などの少額の希望額にすると、出費が重なったときに限度額の増額交渉をしないといけなくなりますので、10万円に設定しておくといいでしょう。
ほとんどの銀行や消費者金融でも、最小借入額は10万円に設定しているものです。
数日だけ借りたらすぐに返済して解約するのであれば、1万円から借りられるローンを利用するのもいいでしょう。
いずれにしても、不必要な金額を借り入れると返済するときになって後悔します。
収入と収支の計算をして、必要な範囲での借り入れにしてください。

関連記事: