急いでお金が必要な時のお金の借り方

どうしても即日融資でないと間に合わない場合としては、どんなケースが考えられるでしょう。
よくあるのが冠婚葬祭や飲み会、合コンなどです。
結婚式は予定が立てられますが、葬儀・お通夜はまったく予定が立てられないのに、お金が必要なのは結婚式と同じだと思いませんか。
急にお金が必要になったとしたら、あなたならどのような行動をとりますか?
家族に無理を言ってお金を借りる、ちょっとの間だからといって友人や同僚に借りる、まとまったお金が必要な時は、上司や会社に借りるという手段もあります。
ですが、どのケースでも、相手に迷惑をかけてしまうことになるのは同じです。
貸してほしいと頼まれた家族や友人、同僚、先輩、会社は、急にお金が必要になったあなたと同じで、急に貸してほしいと言われれば慌てるでしょう。
ですが、誰にも迷惑をかけない方法もあります。
それが、カードローンを利用するという方法です。
金融会社に融資してもらうことになりますが、金融会社はビジネスとして融資しているのですから、迷惑をかけられるわけではありません。
それどころか、あなたは利息を支払ってくれる大切な顧客になります。
だけど、急な融資を行ってくれるだろうか、即日融資してもらえるのかというのが気になるところでしょう。
消費者金融なら、即日融資を行っているところがほとんどです。
決められた時間内に契約を完了すれば、その日のうちに指定口座に振込んでもらうこともできます。
カードローンで金利が低く、限度額が高いのは銀行ですが、融資額が多くなればそれだけ審査に時間と手間がかかるため、即日では融資してもらえない可能性もあることを考えなければなりません。
銀行は総量規制対象外ですから、大きな金額を借りるのには向いていますが、大きな金額を借りるのには、本人確認書類だけでなく収入を証明するものが必要になります。
まとまった金額が必要な時は、銀行のカードローンに申込むのが良いのでしょうが、審査に通るかどうか、即日融資ができるかどうかは、その銀行や申込者の属性によるとしか言えません。
もちろん、今は銀行も個人客にターゲットを絞りつつあるので、即日でも融資を行ってくれるところがどんどん登場しています。
ですが、それは審査に通った場合なわけですから、審査に合格しなければ意味がありません。
自分なら絶対大丈夫と思われるのなら、チャレンジする意味はあると思いますが、チャレンジするのなら、同時に他の金融機関に申込んでおきましょう。
銀行でダメだったから次というのでは、時間的なロスになってしまいます。
それでは、その日のうちにお金を手にすることは難しいでしょう。
どちらも審査に通ったとしても、両方利用する必要はまったくありません。
どちらか条件の良い方を利用すればいいのです。
同時に申込むことで、申込みブラックで審査に影響するということもありません。
なぜなら、同日内なら、申込んだという記録がまだ記録されていないからです。

関連記事:

コメントは受け付けていません。 即日融資