困ったときはいつでもお金が借りられます

今は、支払いがクレジットカードを済ますことができる便利な時代です。
手元にお金がなくても何とかやっていけることが多いのですが、ケースによっては現金決済でなければならない場合もあります。
先日の話ですが、病院にかかることになってしまいました。
太り過ぎによる睡眠時無呼吸という病気で放っておいたら命にかかわるとのことです。
夜中に呼吸が止まるため、昼間も眠たくてたまりません。
車を運転していても意識がなくなるくらいなのでかなり重症です。
病院では機械を体に装着し一晩にどれくらい息が止まるのか調べる検査をしました。
一泊二日の入院になります。
しかし、入院費用の精算に問題点がありました。
近代的な検査機器を置いている病院でも会計は現金しか受け付けないのです。
検査はけっこうな費用がかかるので、クレジットカードの支払いが効かないの大変痛いのです。
給料日前だったし、この月は、結婚式の出席など出費が重なって、経済的なピンチに陥りました。
親兄弟にお金を借りるのは不仲の元です。
ましてや友人知人相手に金策をするのはどのような悪い評判が立つか分かりません。
業者からお金を借りるしかないと考えました。
ネットで業者を探していたら即日融資のサイトを見つけました。
必要事項を入力するだけで30分以内に融資が可能かどうか審査結果が分かるとのこと、給料日が来たら返済できる当てもあったので早速審査を申し込みました。
年齢、年収、連絡先などのいくつかの個人情報を入力し、待つこと15分くらいで結果が出ました。
融資OKとのことで安心です。
早く借りられる方法として、自宅近くの無人契約機に出かけて、そこで契約を進めれば、その場でローン用のカードを発行してくれるのがわかりました。
すぐに無人契約機に行き、オペレーターの指示に従いながら契約を進めます。
ローン用のカードを入手し無人契約機に置いているATMでお金を借りることができました。
このカードを使えばコンビニのATMコーナーでもお金を借りられるのでとても便利です。
銀行の預金を引き出す感覚でお金を借りられるし、返済もATMからできます。
使途が自由なので、何にでも使えるのも魅力と思いました。
病院のお支払いも無事済ませ、給料日にATMコーナーで借りたお金を返済しました。
契約して最初の1か月は無利子のキャンペーンの適用があったため、実質的に全く損しませんでした。
これが私の初めてのローン体験です。
その後も給料日前の3~4日に手元の資金がショートしたときは1万円~2万円を借りることがあります。
これくらいの借り入れなら利子は多くても100円未満なので全く問題ありません。
ネットバンクとの相性がいいことも分かったので、今は借りるときはATMで現金を引き出し、返済はネットバンクの口座経由の振込みで行っています。
振込み返済は手数料がかからないし、1円単位でお金を返せるからとても便利と思います。
カードローンの即日融資は上手に使えば、個人の経済が円滑に回ると感じています。

関連記事: