即日融資カードローンの利用前にチェックしたいこと

焦ってお金を借りてしまうと、あとから失敗することが多くなるものです。
急いでいるときこそ、商品概要をよくチェックしてから申し込む必要があります。
即日融資カードローンの商品概要では、実質年率、融資限度額、返済方法、返済期間・回数、利用条件、担保・保証人の有無を確認しておく必要があります。
実質年率とは年利のことであり、これは特に重要なポイントなので、第一候補として銀行から借りることをおすすめします。
銀行であれば都市銀行・地方銀行のどちらも金利に大差はありません。
銀行以外では、地域密着型の信用組合・農協などを利用する方も多いですが、融資限度額は銀行よりも少なく設定していることが多いです。
限度額の設定をするときは、必要書類のあわせて調べておく必要があります。
50万円までは収入証明不要ですが、100万円超は必要になるのが普通であり、また他社からの借り入れもある場合は50万円超でも必要になるなど、金融機関や他社からの借入状況によって異なってきます。
返済方法については、カードローンの場合は追加・繰り上げ返済が可能なので、それほど重要とはなりませんが、一部繰り上げ返済できないローンや手数料がかかるローンがあるので注意が必要です。
クレジットカード付帯のカードローン機能は、カードで繰り上げ返済できないタイプが多く、もし行う場合は窓口に出向く必要があります。
返済期間・回数を調べるときは、返済日を給料日後に設定するのが無難です。
35日ごと返済は余裕を持って返済していけますが、次回の返済日があいまいになりやすいので注意してください。
一般的には給料日の5日後が返済日としては最適なので、20日給料日ならば25日を返済日に設定するといいです。
利用条件は融資を受けられる条件のことであり、ほとんどの即日融資カードローンは「20歳以上で収入が安定している人」などと定めております。
「当社基準を満たす方」などと併記されている場合も多いですが、これについては質問しても回答は得られません。
各社により、独自の判断基準を設けており、これは外部に漏出することはありません。
担保・保証人は不要が原則ですが、保証人の設定に関しては、別途保証会社との契約が必要となる場合があります。
これに関しては、業者側が設定するものであり、利用者は特に何かをする必要はありません。
即日融資カードローンは、返済計画に無理がないようにして借りることです。
無理をして借りてしまうと、はじめのころは特に問題なく返済していけますが、返済期間が長くなると、次第に厳しくなっていきます。
家計は安定しているものではなく、むしろ不安定であるため、無理な返済計画を立てるのは避けてください。
給料のあまりをすべて返済に充てるのではなく、1万円くらい貯金して、残りを返済に充てるなど工夫したいものです。
いずれにしても、貯蓄しながら返済していけるように返済計画を立てていく必要があります。

関連記事:

コメントは受け付けていません。 即日融資