即日融資を利用する事になったきっかけ。

私は入社して間もない、営業課に配属された新人のサラリーマンです。
まだ駆け出しという事もあり、そこまで高い給料を頂いているわけではありませんが、毎月の出費の多さに、辟易させられています。
営業は常に、目の前の数字と戦わなければなりません。
何かにつけ成果を求められますし、それが出せないようだと上司から嫌な目で見られる事もありますし、時には叱咤される事もあります。
どちらかと言えばストレスが溜まる事が多いので、同期と仕事終わりに飲みに行き、そこで上司の悪口を散々言い、浴びるようにお酒を飲んで発散させているのです。
また営業という仕事は、付き合いで飲みに行く事も多いと言えます。
最近では接待交際費を削る会社も少なくありませんが、営業社員は自腹を切って取引先を接待する事も、珍しくありません。
普段から節約に努め、せっせと貯金していると懐が苦しくなる事もないとは思うのですが、外食に頼ったりする事も多いので、貯金等殆どないのです。
冠婚葬祭に出席したり、出費が嵩む月は即日融資が可能なキャッシング会社のお世話になっています。
私が利用させて頂いているのは、消費者金融系のキャッシング会社です。
というのも、即日融資という非常に便利なサービスがあるので、困った時は即相談しお世話になっています。
銀行や信販会社系のキャッシング会社は、審査が厳格な事もあり、申し込んだ後結果が通知されるまで、一定の日数が掛かる事もあるのですが、消費者金融系の会社は、その日のうちに融資してくれるスピーディーさが魅力だと言えるでしょう。
以前、どうしても飲み会に参加する為のお金が財布の中になかったので、朝一番に必要書類を添えて、融資を申し込みました。
すると、20分ぐらい経った頃に融資担当者から携帯電話のほうへ審査をパスしたので、融資OKとの連絡が入ったのです。
ホッと胸を撫で下ろしたのも束の間、どうしてもその日の夜にお金が必要だったので、即日融資を希望したところ、早速私の口座へお金を振り込んで頂きました。
仕事が終わり、近くのコンビニで口座の残高を確認したところ、キャッシング会社から融資額が振り込まれていたので、それを引き下ろして飲み会に参加したのです。
金利はやや高かったものの、給料が振り込まれるとすぐに返済したので、殆ど掛かりませんでした。
それからというもの、どうしてもお金が足りない時は即日融資を利用するようにしています。
早めに纏まった現金を手にしたい、直ぐに返済出来る金額を借り入れたい時こそ是非、即日融資して貰ってみてはいかがでしょうか。
特に大手のキャッシング会社を利用すると、メリットは大きいのではないかと感じています。
オンラインで申し込みから振り込みまで完結させる事が出来ますし、コンビニや銀行と提携していれば、そこに設置されてあるATMから現金を引き出したり、返済を行えるからです。
バレる可能性もありませんし、実店舗まで足を運ぶという手間、煩わしさからも解放されるので、お勧めです。

関連記事: