即日融資のローンを利用したわけ

旅先で財布と落としてしまい、車にガソリンを給油するお金がなくなってしまいました。
電話連絡をするにも小銭もなく、はじめて即日融資ローンに申し込んでみることになったのです。
いろいろなローンを検討した結果、最終的に大手銀行のカードローンを選びました。
銀行という金融機関に対する信頼性、低金利に魅力を感じました。
私は過去に信用金庫の自動車ローンを利用した経験がありますので、審査に通過できるという自信がありました。
返済遅れは一度もありませんし、今回の希望額は10万円にしたので落とされることはないと思ったのです。
申し込み方法は、来店、電話、郵送、FAXなどがありましたが、私は携帯電話のWEBページ経由で申し込みをしました。
銀行カードローンの公式ホームページにアクセスすると、専用の申し込みページがあるのです。
そこに必要事項を入力するだけで審査がはじまりました。
必要書類は免許証だけで、ちょうどポケットに入っていたので問題なかったです。
収入証明は希望額が100万円以上になれば必要になるそうで、私の場合は10万円だけ借りたかったので必要ありませんでした。
借入方法は口座振込を希望していましたが、考えてみればキャッシュカードは自宅に置いたままでした。
そこで、WEBで仮契約をして銀行の窓口にカードを取りに行くという方法にしたのです。
窓口に行くと、すぐに現金10万円とカードを受け取ることができました。
その10万円でガソリンを給油して、無事に帰路につくことができたのです。
10万円の希望額のうち、実際に借りたのは1万円だけでした。
この1万円は翌日には完済したので、利息は10円もつきませんでした。
年利は15.0%に設定されていたのですが、どうやら日割り計算のようです。
借りた日数分しか利息が発生しないのはいいことです。
その後は即日融資ローンを利用していませんが、今でもカードは取ってあります。
財布を落とすトラブルは今後も発生する可能性はありますので、財布とは別の場所に携行しています。
衣服の内側のポケットにカードを入れてあるので、万が一財布を盗まれてもお金を用意できるのです。
完済後は解約しようとも思いましたが、今後お金が必要になったときに再契約するのは面倒ですから、そのまま残しておくことにしたのです。
すべて完済している状態なら、1円も利息を請求されることはありません。
借りたいときは10万円の利用枠のなかで、自由に借りたり返したりできるので助かります。
カードはコンビニATMでも使えるので、周りに知られることなく借りたい人にもいいと思います。
口座がわりにATMを使っている人は普通にいますから、ローンを利用していると特定されません。
そして何より借入・返済の手数料が無料なのがいいです。
休日に口座からお金を引き出すような状況になったら、ローンを利用するかもしれません。
数日程度の借入なら、ローンの利息よりも出金手数料のほうが高くなりますから。

関連記事: