即日融資のおかげで乗り越えられた

その月は、急に友達の結婚式を知らされ、しかも、結婚披露宴の会場が遠いこともあってかなりの出費になってしまいました。
結婚自体が急に決まったと言うこともあって、私に知らせてくれたのも結婚披露宴直前になってしまったようです。
学生時代からの長い付き合いでしたし、とても仲が良い友達だったので行かないわけにはいきません。
ただ、収入もそれほど多いというわけではない私にとってはかなり金銭的に厳しかったのです。
結婚式に着て行くドレスも新しく買わなくてはなりませんでした。
いつの間にか太ってしまったらしく、以前に買っておいたドレスが入らなくなってしまったからです。
ただでさえ出費が多くて辛いのに、もう一つ出費が増えてしまってどうしようと頭を抱えてしまいました。
しかし、それでもこのままでは、到底今月を乗り越えることはできそうになかったからです。
結婚披露宴が終わった後、やはり、生活費が足りなくなってしまいました。
どんなに水道光熱費や食費を切りつめてもどうしても次の給料日まで間に合いません。
そんな時、たまたま電車内で見た広告に救われました。
即日融資できる消費者金融です。
今すぐに融資してもらえれば、今月を何とか乗り越えることができるかもしれないと思いました。
そして、すぐにインターネットを使って申し込むことにしました。
いくつか必要な書類があったのですが、自宅で申し込んだのでスムーズに申込みができました。
審査の結果が出るまでは、もしも融資を断られてしまったらどうしようと不安でいっぱいでした。
これまで、消費者金融を利用したことがなかったので、審査が厳しかったらどうしようということばかりが頭に浮かんでしまったのです。
しかし、その日のうちにその不安はなくなりました。
審査にも通りましたし、すぐに私の銀行口座に入金してもらうことにしました。
すると、インターネットバンキングで銀行口座の確認をしたら、入金されていたのです。
次の日に家賃の引き落としがあったので、ほっとしました。
あの月は、あまりにも出費がかさんでしまったのですが、その次の月からはそれほど出費が多くはなかったので、返済も決して大変ということはありませんでした。
少しずつですが、返済していったので、生活にも影響は特になかったのです。
もしも、あの時即日融資してもらえなかったら、友達に泣きついてお金を借りなくてはならなかったでしょう。
そんなことをしていたら、今ごろ友達を一人失っていたかもしれません。
たまたま電車内で見た広告は、私を救ってくれたと言っても良いのかもしれません。
あの時の私に一番必要なものを教えてもらえたような気がします。
いつ、どこで、急な出費が発生するのかはわかりません。
だからと言って、特に必要だと思わなければ消費者金融に申し込んだりはしないでしょう。
即日融資は申し込みから入金まで全部をその日のうちにできてしまうので、こんな便利なものがあって本当によかったと思います。

関連記事: