借りる前に知っておこう

カードローンでお金を借りる前に知っておかないといけないことが何点かあります。
まず、一点目は、これは、個人向けの無担保融資であるということです。
例えば、住宅ローンを使って家を新築したのであれば、その新築した家が担保となりますが、担保を付けないでお金を借りるので、貸す側としては、貸したお金がちゅんと返済されるかどうかを見極めるのに、借り手の個人信用を重視するということなります。
したがって、誰でも気軽にお金が借りられるということではなく、審査に通った人にだけお金が借りられるということになります。
しかし、審査といっても、原則的に定職に就いており、安定した収入がある方なら審査に通ることはできるでしょう。
二点目は、カードローンでお金を借りられるといっても、年収の3分の1を越える借り入れはできないことになっています。
これを「総量規制」といいますが、貸金業者は新規の借り入れを希望する顧客に対して、貸付残高が年収の3分の1を越えるような融資をできないということです。
そのため、50万円を超える借入れを受けたり、また貸付残高が100万円を超える時には、借入れを希望する者は、収入を証明する書類を提出することが義務づけられています。
これは、多重債務者を生まないために法律で定められたことなので、お金を借りる時には注意しましょう。
三点目は、返済に関することです。
未払い、滞納、延滞、不払い、支払遅延といった返済が滞ることがあってはいけません、約束された返済日にはちゃんと返済できるようにしましょう。
もし、返済が滞ると、まず、借入先の金融機関や貸金業者、そして個人信用情報に延滞したことが記録されます。
そして、、新規にお金を借りることが、希望どおりにはできなくなります。
実際、借金の返済ができないのであれば、元々、これ以上借金はできないようない状態ですから、仕方がないとも言えますが、一番、みなさんが困るのは、カードローンが3ヶ月ほど使えなくなることです。
仮に丸々1ヶ月延滞すると、利用ができなくなり、その後の返済実績で、利用再開となるので、一概に3ヶ月とはいえませんが、利用枠があっても、3ヶ月の間はお金を引き出すことができなくなります。
だから、最悪の場合でも、丸々1ヶ月延滞したことにならないうちに支払うことです。
4点目ですが、カードローンはエンドレスになってしまう、つまりいつまでも返済を続けることになる場合があるので注意しましょう。
例えば、金利15%、30万円を借りたのであれば、毎月1万円ずつ返済すると、返済回数は38回でほぼ完済できるのですが、ローンの利用枠があると、また借りてしまい、その返済がまた何十回と続くことになりますので、利用枠があっても、途中引き出しをやめるようにしたいものです。
完済できない借金を抱えていると信用度も低くなりますから注意しましょう。
その他にも色々と知っておくべき点がありますが、そのような点に注意を払ってカードローンを利用すれば、生活する上での心強い味方になってくれますよ。

関連記事: