便利なカードローンを上手に使いこなすには

カードローンとは個人が担保なしでお金を借りることができるローンのことで、基本的には個人の信用をもとして融資をしてもらえるローンということになります。
このローンは毎月安定した収入がある人なら申し込むことができます。
最近では限度額が低いものも登場してきており、主婦や学生でもこのローンを利用できるようになっています。
ローンには自動車ローンなどの目的別ローンとフリーローンの2種類がありますが、このローンは後者の部類に入ります。
従ってこのローンで借りたお金は基本的にどんなことに使っても良いのです。
その代わり、目的が決まっているローンに比べて金利が高めとなっています。
カードローン独特の特徴は、融資限度額の枠内であれば、何度でも借り入れたり、返済をすることが自由にできるということです。
このローンの返済の方式は、利用した残高に応じて毎月自分で設定した金額だけ返済を行う残高スライド定額リボルビング方式が主流となっています。
つまりこのローンは、毎月きちんと返済を続けている限り、限度額内の金額を何度でも引き出して使える仕組みになっているのです。
なお残高がなくなったときや、全く利用していないときは返済する必要はありません。
カードローンの一番大きなメリットは、一度決められた限度融資額はよほどのことをしない限りは減額されることはないということと、融資額の範囲内であれば、審査をすることなく自由に出し入れができることです。
他のキャッシングなどではとてもこうはいきません。
特に中小のキャッシング業者の中には、限度額の範囲内であっても、融資を申し込むたびに審査を受けなければならないところも増えているからです。
しかしその一方で、このローンには借金をしている感覚がなくなってしまうというデメリットもあります。
一度利用すると借り入れと返済を何年にもわたって繰り返してしまいがちになります。
これでは相当な金利を支払うことになってしまい、結果的に大きな金銭的損失をこうむってしまうことになります。
何年も高い金利を支払うことのないように、このローンを利用したら早めに利用残高は0に戻しておくようにしましょう。
カードローンを申し込むときには、それを利用する目的をよく考えたうえで、それに合ったものを選ぶようにしましょう。
このローンで早く融資をしてもらうこつは、二つの金融会社に申し込みをするということです。
一つだけに申し込みますと、万が一審査に落ちた場合に、また改めて申し込まなければならなくなるからです。
しかし二つの金融会社に同時に融資の申し込みをしておけば、一方で審査に通らなかったとしても、もう一つの会社で通ることもあります。
ただし、この方法が通じるのは、ほかに借り入れをしていない人のみだということに注意しましょう。
すでに1社から借り入れをしている人の場合は、2社同時に融資の申し込みをしますと3社以上の借り入れとなり審査が通りにくくなってしまいます。
すでに借り入れをしている人が新たにローンを申し込みたい場合は、申し込む金融会社は1社に絞っておきましょう。

関連記事: