主婦でも借りやすい金額は10万円

10万円という金額は、主婦でも借りやすい金額として覚えておきましょう。
カードローン会社は、高額融資を希望されるほど慎重になるため、審査に日数をかけることがあります。
現在は即日が基本となっていますが、返済ギリギリの金額を希望すれば、業者側としても判断に悩むはずです。
10万円と100万円の希望額では、当然のことながら100万円のほうが審査に時間がかかると考えていいでしょう。

cardloan006
10万円に設定しておけば、業者側としてもあまりリスクを感じないので、融資してくれる可能性が高いのです。
審査にも時間がかからず、即答で融資可能と言われることも多いので、今すぐお金がないと困るという方は、10万円で申し込んでみるのもいいでしょう。
10万円なら収入明細の提出も不要ですので、手軽に借りたい方には最適でしょう。
サラリーマンの方ですと、30万円を希望しても楽に借りられるはずです。
しかし、主婦の方の多くは、パートやアルバイト収入のはずですから、30万円に設定すると借りられない可能性が高くなります。
30万円借りるためには、年収で90万円以上必要ですから、月に7~8万円程度の収入がないと厳しいでしょう。
これ以上の収入があったとしても、30万円よりも10万円のほうが審査に通りやすいのは確かです。
日常生活でいきなり30万円が必要になる場面は意外と少なく、ほとんどのケースでは10万円以下で間に合うはずなのです。
カードローンはたくさん借りることがいいことではなく、借入額を減らすことが重要なのです。
10万円未満の借入額ですと、5万円も3万円も1万円もあまり変わらないと言われています。
5万円や3万円という中途半端な金額にするよりは、10万円にしておいたほうが分かりやすくていいでしょう。
突然の飲み会、財布の紛失など、予想外の入用があっても10万円あれば対処出来ることが多いはずです。
銀行・信用金庫は低金利、審査厳格が基本ですが、10万円ならば貸してくれることが多いので、挑戦してみるといいでしょう。
コツコツと返済していれば、限度額を引き上げてくれるかもしれません。
10万円の次は、30万円まで限度額が引き上げられることが多いです。
ただ、不要であれば引き上げを断ることも大切です。
「引き上げるだけ」と安易に考えて引き上げてしまうと、使いたくなってしまうものです。
財布にお金が入っているのに、使わずに我慢できる方は少ないでしょう。
借りられるということは、借りてしまうリスクと隣り合わせということですから、必要ないのに限度額を上げるのは止めておきましょう。
限度額の引き上げをする気がないのであれば、最初から限度額が最高10万円のローンに申し込むといいでしょう。
それ以上の限度額に引き上げられることはないので、借りすぎてしまう心配もありません。
信用金庫のローンは、10万円・20万円・30万円というように借入額を細分化したものが多くなっています。

関連記事: