カードローン口座開設のポイント

カードローンには、消費者金融系、信販会社系、銀行系があります。
それぞれ長所・短所があるので、複数の口座を開いておくことをお勧めします。
まず、消費者金融系ですが、長所としては口座を開くための審査のスピードが早く、また、審査の基準も緩いということが挙げられます。
例えば、急にお金が必要となったときに、即日融資を希望する場合には便利です。
反面、金利が15−18%と高めなので、長期間にわたって大きなお金を借りると利子がかかってくるのが負担になります。
また、貸出枠に年収の1/3までという総量規制があるということも注意しましょう。
複数の消費者金融系の会社でカードローンを作ろうとしたときに、この規制にひっかかることがあります。
信販会社系は、もっとも身近なカードローンです。
これは、ショッピングのためにクレジットカードを作ったときに、キャッシング枠も同時に申し込んでいるからで、キャッシングができることを知らなかったという人もいるくらいです。
急にお金が必要になったときは、クレジットカードでお金を借りることができるということを思い出せば、慌てる必要はありません。
使い勝手としては、月の返済日が決まっていて、お金があるときに随時返済ができるところが少ないので、今一つです。
銀行系は、審査に時間がかかる上に審査基準も厳しいのですが、消費者金融系や信販会社系に比べ金利が低いのが魅力です。
また、貸出枠も総量規制の縛りにかからず、大きく設定してくれる場合があります。
銀行系の中でも使い勝手が良いのはネットバンク系で、24時間随時借り入れ、随時返済を受け付けています。
店舗型銀行の場合は、借りられる時間や返済する時間が決まっているところもあり、その点がネットバンク系に比べて不満です。
次に借り方、返し方ですが、最近はコンビニのATMコーナーで借り入れ、返済ができるようになり、便利になりました。
また、ネットバンクとの親和性の良いカードローンを使えば、自分のネットバンクの口座にお金を振り込んでもらって借り入れをしたり、ネットバンクの口座から振り込みで返済をしたりできます。
自宅のパソコンや、出先の携帯電話・スマートフォンなどで借り入れ・返済の作業ができるので大変効率的です。
口座を開設する時のポイントは、金利をゼロにするサービスがあるところを選びましょう。
時間に余裕がある場合は、常に関心を払っておき、キャンペーンを行っている機会に申し込みをした方がお得になります。
キャンペーンでは、1か月間の金利優遇期間があったり、金利は払ってもキャッシュバックをしてくれたりする場合があります。
ネットショッピングで使えるポイントで還元してくれるキャンペーンもあるので、こういう情報は敏感にキャッチしましょう。
カードローンは、少額を短期間で返済できるならば使い勝手の良いものですが、大金を長期間借りると金利の負担がたいへんになります。
利用する場合は返済計画を立ててから借りましょう。

関連記事: