カードローンを賢く利用するために

カードローンを上手に利用するためには、やはり事前の調査が必要です。
どのような金融機関でカードローンを利用することができるのが、その特徴がどんなものか、メリット、デメリットをしっかりと把握してから利用する必要があります。
まず、金融機関で言えば、消費者金融が挙げられます。
ポイントはスピードにあります。
お金がないときに申し込んで、その日の内に融資を受けることができます。
利用方法は、店頭に出向くか、無人機を探すか、もしくはインターネットを通しての申込みとなります。

どの方法を用いるとしてもその日の内に融資を受け取ることが可能です。
とりわけ便利なのが、インターネットを通しての申込みです。
携帯やパソコンで、インターネットにつながる環境さえあれば何の問題もなく申込みできます。
審査時間が最初のお試し審査が数十秒ほどで終わり、本格的な審査も30分ほどあればそれで終了し、審査結果が届きます。
審査基準も他の金融機関に比べると、そこまで厳しくないメリットも存在します。

大体毎月に決まった収入さえあれば、主婦でも学生でもアルバイトでもパートでも申込みできます。
ですから、審査でそんなに心配する必要がありません。
困ったときにすぐにお金を融資してくれるのはこの消費者金融のカードローンです。
しかし、金利が少しだけ、他の金融機関に比べて高いです。
これも利便性を考えれば納得できます。
やはり何かが犠牲になるのです。
忙しい人、とにかく便利さで選ぶなら消費者金融です。
そして次が銀行系のカードローンです。
銀行は身近でいつも利用しているだけあって、安心感が違います。
何より、金利がどの金融機関よりも安いところが最大のメリットです。
一番金利が低いところでは、5%なんてところも存在します。
消費税と変わらないほとです。
ですからお金を返すときの負担について考えると、銀行系が一番楽に返していくことができます。

金利の数%の差が最終的には大きな差になります。
そして、ATMもどこにでもあるので、そのATMを利用して、24時間好きなときにお金を引き出したり、また返済できるのも利便性の一つになっています。
デメリットは一つだけです。
それは審査時間です。
非常に審査時間が速い銀行も確かに最近は存在していますが、金利が低いだけあって審査もしっかりと行います。
それゆえに他の金融機関からの借り入れが多い場合は、なかなか借りられないこともあります。
最後の金融機関が信販系のカードローンです。
クレジットカード会社が行うものなので、比較的安心感が持てます。
位置づけとしては、ちょうど銀行と消費者金融の間くらいです。
銀行で審査が通らなくても信販系なら通ることもあります。
金利もちょうど間くらいです。
ですからほどよい安心感と、金利で利用でき初めて利用するならおすすめになっています。
各金融機関、それぞれ特徴があり、メリットデメリットが存在しています。
事前にしっかりと理解した上で利用するときに助けてくれます。

関連記事: