カードローンを有効に利用

カードローンを利用した事がない方によって、どのような印象をお持ちでしょうか。
一昔前には利息が高くて、取立てが厳しいというイメージが強く、あまりよい印象をもっていないのという風にお持ちなのではと思われているのではないでしょうか。
ただ、現在はそのイメージも払拭されてきているのが事実です。
金利が下がってきたという事で利用しやすくなったのと、CMなどによりクリーンなイメージが表現されているのが一番の理由なのではと考えます。
利用していない方は利用する際の手続きってどうするのかと疑問だと思います。
私が理由した頃は窓口へいって審査して頂きましたが、今はインターネットであったり電話であったりでも可能となっています。
簡単にいってしまうと必要なものは身分証明書くらいですね。
それさえあれば審査に応じて頂けます。
その後、勿論、返済能力があるのかを確かめるために勤務先をたずねられます。
また、それが本当なのか担当者が会社に電話して確かめます。
カードローン会社の名前は明かさないので安心してください。
私の時は、もしもし、そちらに○○様はいらっしゃいますでしょうかとたずねて、はいおりますといった後に電話を切るという感じでしたね。
融資額の希望は勤務先(収入)から判断されます。
減所は収入の1/3までしか借りられないような法律がありますのでそれ以上の融資は受け取る事が出来ませんので留意が必要です。
私が利用した時は学生でした。
学生の私に融資なんてしてくれるはずがないと思っていましたが、バイトをしているという事実が確認されただけで通りました。
そのときの希望額は30万円でした。
即座にカードを発行してくれてそこで30万をおろす事が出来ましたね。
その後、滞りなく返済を続けいたら信頼が得られたのでしょうか。
いつのまにか50万円になっていました。
限度額内は借り手返してを自由に出来る事はカードローンを利用する際の大きなメリットだと感じます。
今はカードローンを利用可能な場所も増えました。
ある意味、大きな財布を持っているといっても過言ではないでしょう。
ただし、便利な面がある反面、注意点もありますからこちらもしっかりと理解、把握しなければなりません。
それが借り入れの額に注意する事と返済期間についてです。
利息が低くなったといっても、それなりには付いてきます。
大きな額を借り入れてしまいますと、それに応じた利息も、もれなく付いてきますね。
それと返済期間です。
推奨するのは短期間での返済です。
早ければ早いにこしたことはありません。
最低返済額を納めていればカード会社的にはなにも文句は言ってきません。
ただ、それだと元本が減っていかないのも事実ですね。
私も借り入れ当時は余裕がなく最低返済額しか返していなかったのですが、まったく返済額が減りませんでした。
そうなんです、利息を返しているに過ぎなかったのですね。
御馴染みのフレーズなんですが、ご利用は計画的にが重要なことです。
生活を圧迫しない程度に上手に利用する事をお勧めいたします。

関連記事: