カードローンを利用するなら信用を作っておこう

カードローンは信用が高い人ほど、業者側も貸付条件を優遇してくれるものです。
信用を構築するためには、ローンの利用実績があったほうがいいのです。
「ローンを組むことは悪いこと」と考えている方もいるのですが、悪いのは延滞・ブラックリストなどに該当する場合であり、きちんと返済しているローンに関しては、優良な履歴として残っているのです。
むしろ、ローン履歴のない(利用したことがない)という方のほうがローンを組むときは不利になるのです。
カードローンは担保・保証人が不要であるため、対面与信を考慮するのです。
担保・保証人なしで借りられるかわりに、過去の実績が審査対象となります。
「今まで利用してきたローン」「過去の返済履歴」「延滞・ブラックリストなどの有無」は、個人情報データベースですべて分かってしまうのです。
別の業者で延滞をしていても、その情報はすべての業者に知れ渡っておりますので、ウソをついても意味がないわけです。
それどころか、ウソをつけば信用を落とすだけなので、デメリットしかないと言えます。
過去にはウソが通用した時代もあったのですが、現在は非常にシビアとなっています。
金融機関から信用される存在になるには、かなりの時間を要します。
公務員・高額年収というだけでは、確かに審査では有利となるのですが、これだけで信用を得られるわけではありません。
信用を決める一番の要素は、「しっかりと返済した履歴があること」なのです。
10万円を借りて1ヶ月で返済した人よりも、100万円借りて1年間で返済した人のほうが信用度は高くなると言えます。
高額融資を受けて完済した方は、コツコツと遅れることなく返済したわけですから、信用度は確実に高くなるでしょう。
通常、金融機関がカードローンの宣伝をすることはしませんが、信用のある人に対してはこの限りではありません。
「100万円借りて1年で完済した」という実績があれば、また借りてほしいと考えた同業者がローンを勧めてくるかもしれません。
郵送によるパンフレットのほか、電話で宣伝をしてくることもあります。
ただし、注意するべき宣伝もあり、これは知らない業者が宣伝してきた場合です。
今までいちども借りたことのない業者、ネット検索しても会社名すら出てこない業者、などには注意する必要があります。
こうした業者は無視するようにして、こちらからは連絡しないようにしてください。
連絡するとしつこく勧誘されますし、もし借りてしまうと法外な金利を請求される可能性もあります。
金融機関は優良な顧客集めに必死ですが、信用のない人には宣伝してこないものです。
例えば、過去に何度も延滞した、債務整理をしてブラックリストに登録された、などの過去があるのに宣伝してきた場合は、危険な業者である可能性があります。
カードローンを利用するときは、自分で優良業者を探してから審査を申し込むようにしてください。
一方的に宣伝してくる業者は避けたほうが無難です。

関連記事: