カードローンを作る時の注意点

カードローンを作っておいたらいざという時にものすごく役に立ちます。
現金が必要な時に、カードでそれらを調達できるからで、お金の問題を一気に解決してくれます。
日常生活の中で、急に現金が必要になることはいくらでもあり、例えば、給料日まじかになってお財布の中身が空っぽのときに、例えば税金の支払いを忘れていた、急に親戚の葬式に出席しなければならなくなった、などどうしても現金が必要になる時はあるのです。
そんなときの為にもカードは一枚作っておくべきです。
カードローンは大きく分けて3つの金融機関があります。
銀行のカード、消費者金融のカード、信販系、つまりクレジットカードのキャッシング枠があり、申込方法や審査などに違いを感じることはありません。
申込時に記入した、申込みした人の年齢や性別、勤務先や勤続年数、持ち家か借家か、その他のローンがあるかどうか、などを申込時に記入しますが、属性と言われています。
それを審査して、信用情報機関に申込人の個人情報をチェックします。
それまで、ローンと無縁の方は、過去の金融情報はないはずで、そのような場合すんなり審査を通過することになると思いますが、もし過去に金融事故を起こしていたら、その申込はあきらめなければなりません、ブラック登録された人はどの様な事情があっても審査は否決されます。
信用情報機関にはそれまでの、ほとんどすべての人の金融の履歴が登録されていて、申込書には「個人情報を確認することに同意するかどうかといった項目があります、それを拒否したら申し込みはできません。
カードローンは無担保無保証ですが、これは申し込みする人は担保は必要ないし、保証人は申込人が用意する必要がないと言う意味です。
しかし、実際は金融機関の子会社の保証会社などが保証しています。
したがって在籍確認はその保証会社からの確認電話だと思ってください。
ただそれによって申し込んだ人が保証料などは必要はありません。
返済方法は、ほとんど元利均等式のリボ払いで、毎月決まった金額を返済します。
例えば、毎月の返済が1万円ならその中で利息と元金返済があると言う仕組みです。
そしてほとんどの金融機関は残高スライド方式を採用していると思います、どのようなことかと言えば、借入残高に応じて毎月の返済金が異なるのです。
例えば30万円以上の残高の時は、返済金は2万円、30万円を切ると1万円の返済になる言う具合です。
また返済日は各金融機関によって異なりますが、返済日を選べる、と言う事が出来る金融機関もあります。
カードローンは我々の生活にはなくてはならないものになってきました。
借りる時は簡単ですが、返済には忍耐が必要です。
借り入れする前に返済シミュレーションをして、返済するイメージを持つ必要があり、その際に返済が厳しいと思ったら借り入れは中止したほうが無難です。
借り入れして延滞した場合は自己破産などの法的処理をしなくてはならないことも有るからです。

関連記事: