カードローンは上手に使いましょう

カードローンとは、個人の信用を重視したローンのことで無担保でお金を貸してくれます。
マイホームを建てた方でしたらご存じだと思いますが、お金を借りる時には家や土地が担保になります。
ですが、このカードローンは担保なしでお金を貸してくれます。

貸す側としては、担保なしで個人にお金を貸すのですから、その人がきちんと借りたお金を返してくれるかどうか、その人をしっかり見極める必要があります。
ただ、厳しい年収制限などはなく、原則的に定職につき安定した収入があれば誰でも借りることができるのです。
このカードローンの特徴としては、限度額内であれば何度でも借りたり返したりできるということです。
返済方法も、毎月5千円や1万円といった一定額を返済していくリボルビング払いとなっています。

そして、一度決められた限度額は、よほどのことがない限り減額されることがないのも特徴です。
ですが、一度借りてしまうといつでも引き出せることから借金をしているということを忘れてしまい、何年も借りたり返したりを繰り返してしまうといったデメリットもあります。
カードローンは、資金使途が決められている目的ローンと違い、金利が高めに設定されています。
何年も借りたり返したりを繰り返しているだけでも、相当の利息がつきその利息を支払うことになります。
ですから、自分でしっかり管理していかないと返済できなくなってしまう事態にもなりかねません。
そういったことから、このローンを借りたら早いうちに利用残高をゼロに戻しておくようにしたほうがいいようです。
資金使途が自由だからといって。

遊ぶお金欲しさに安易に借りてしまうようなことはしないほうが良さそうです。
また、個人の信用でお金を貸してくれるローンですから、在籍確認という方法があります。
申込みをした人が確実にその申請した会社に在籍しているかどうかを確認するものです。
家族や会社に知られたくないといった方もいると思いますが、在籍確認の電話は個人名でかけてくるので、カードローン会社ということを知られることはまずありません。
ただ、交代勤務をしていてなかなか電話にでることができない。
出れるのは深夜の時間帯だけです。

といった場合には、ローン会社も深夜には電話連絡することができないので在籍確認をしないで申し込むことができる場合があります。
そういった場合稀ですが、もしそういった際には、会社の在籍証明書などの提出が必要になります。
今では最短30分でカード審査が完了して借りられるところもでてきていますが、少しでも早くお金を貸してもらうためには、同時に2社へ申し込んでおきます。
そうすることで、もし1社で審査が通らなくても、もうひとつの会社からお金を借りることができるからです。
ただ、もうすでに2社から借り入れをしている場合には注意が必要です。

一般的に3社以上の借入になると審査が通りにくくなるといったことがあるからです。
すでに借り入れをしている人の場合には、1社に限定して申込みをするのがいいようです。

関連記事: