カードローンはどんな目的にも利用できるのか?

多目的ローンというのは、いろいろな目的に使えるローンであり、カードローンもこれに含まれています。
自動車や旅行などに使われるローンは用途が決まっておりますが、多目的ローンの場合は利用目的が幅広くなっています。
ただ、多目的と目的自由では少し意味が異なっており、前者の場合は目的が制限されることも多いです。
例えば、目的自由(ただし、おまとめ資金は除く)といった感じです。
このような注意書きがある場合は、完全に目的自由ではないということです。
目的の解釈は金融機関によっても異なります。
規定が甘い会社ですと、ギャンブル目的でも貸してくれるほどです。
審査書類の利用目的欄に「ギャンブル項目」があり、チェックできるようになっているのです。
一般的に融資不可となる目的は、「おまとめ資金」「事業資金」「投機性資金」などです。
これらの用途には、それぞれ別ローンが用意されていることが多く、そちらを利用することになるでしょう。
ただし、目的欄に何も記載していない場合は、これらの目的でも融資可能であると考えていいでしょう。
カードローンの利用目的は、なるべく健全な目的にして申し込んだほうがいいでしょう。
ギャンブルよりも自動車の購入資金にしておいたほうが借りられる可能性は高くなると言えます。
また、どちらも借りられるとしても、融資額に差が出てくる可能性があるのです。
遊ぶために融資を受けるならば、高額を借りられない可能性があります。
これに対して自動車の購入であれば、自動車自体が担保になりますから、業者側としても安心して高額融資できるものです。
ただし、カードローンで高額融資という考えは持たないほうがいいかもしれません。
用途が「少額融資用」となっていますので、「少しだけ借りたい」という場面で使われるものなのです。
「クルマを購入する」「住宅ローンの頭金にする」「子どもの学費にする」などの用途には本来はあまり使われません。
200万円の資金を借りるためには年収600万円は最低でも必要となるのです。
300万円の新車購入資金の借り入れをするならば、年収900万円以上は必要となり、これだけ年収があれば、ローンを組まなくてもいい場合がほとんどでしょう。
カードローンの利用目的で一番多いのは生活資金なのです。
「光熱費が足りない」「予想外の出費があったので、給料日まで2万円借りたい」「ボーナス前倒しで家具を購入したい」などの用途で使われるのが一般的です。
これとは逆に、一番避けたい使用方法は「借金の肩代わり」です。
友人が困っているので、代わりにお金を借りてあげるという方もおりますが、自分の生活を圧迫することになるので止めましょう。
友人が「利息を支払う」と言っていても、友人自身の負担を重たくすることになりますので、カードローンを利用した肩代わりはしないようにしてください。
万が一、友人が返済できなくなった場合、自分が全額返済する必要があるというリスクもあります。

関連記事: