カードローンの金利が高めな理由

他のローンと比較して、カードローンの金利は高いと感じる方は多いでしょう。
この一番の理由は、借入額が比較的少額であるためです。
金融機関側としては、融資額が1,000万円と10万円とでは、得られる利益がまったく変わってきます。
住宅ローンなどの高額融資の商品ならば、3%以下の金利設定にしているところもあります。
たった3%の金利でも、借入額が数千万円、そして数十年という返済期間になれば、利息は1,000万円以上も発生してしまうのです。
これに対して、10万円のローンで得られる利益は知れています。

cardloan023
10万円を金利18%で1年間融資しても、利息は1万円程度しかつかないのです。
18%でこの利息ですから、金利3%で融資しても人件費も回収できないでしょう。
まれにカードローンで500万円借りたという人がいますが、この場合は5%などの低金利が適用される場合があるそうです。
借入額が大きくなるほど、金利が低くなっていくのはすべてのローンに共通することです。
利息制限法という法律を見ても、借入額に応じて上限金利に違いが見られます。
グレーゾーン金利(15%~20%を超える金利)などと記載されており、なぜ金利に幅があるのか疑問に思った方もいるでしょう。
15%という金利は、100万円以上を借り入れた場合の上限となるわけです。
100万円の借入額であり、金利は18%ということはありえないわけです。
このような金利で融資する業者があったとしたら、それはグレーゾーン金利での融資、つまり違法となって処罰の対象となります。
18%という金利は、10万円以上100万円未満の場合の条件となります。
10万円、99万円などの借入額の場合は、18%の金利までしか認められません。
もちろん、18%未満の金利で融資するのは問題がないため、15%や12%で融資するのは可能です。
20%という金利は、10万円未満の場合の上限となります。
カードローンは少額融資を目的としたものですが、3万円や5万円を希望する方は少ないため、20%の金利適用となることは非常にめずらしいのです。
そのため、金融機関側としてもローンの上限を20%ではなく、18%に設定しているところが多いです。
この場合、1万円だけ借りた場合でも、18%以下の金利が適用となります。
利息制限法の金利が15%~20%という幅があるのは、こうした理由によるものです。
15%未満の金利に関しては、設定するのは金融機関側の判断にゆだねられています。
たとえ1,000万円の融資をしても、15%の金利が上限となり、それよりも引き下げる必要はないというわけです。
ただ、顧客は1%でも低金利の業者を選びますから、企業努力として少しでも金利を引き下げるように尽力しています。
現在において、カードローンの金利で最も高いのは20%になります。
現在のローンで23%などの金利設定が仮にあれば、その業者は違法ということになります。
なお、こうした業者はテレビやネットで宣伝することはありません。

関連記事: