カードローンの選び方

カードローンはいざという時にとても役に立つ便利な手段です。
どうしても現金が必要な時にカードから簡単に融資を受ける事が出来ます。
コンビニATMに行って暗証番号と金額を打ち込んだらそれで借り入れが成立して、ネットなら同じく暗証番号と金額を入力したら、登録している口座に即座に現金が振り込まれる訳です。
無担保無保証で利用目的は自由、ただし事業目的には使えません。
このように手軽にお金を借りる手段としては最適な方法ではないかと思います。
カードローンを選ぶ場合の要素は何があるかと言えば、金利、使い勝手、限度額、返済方法、そして多少なりとも返済日も少しは関係してきます。
出来れば返済日は給料日以降が良いと言えるからで、その方がお金を効率的に利用できると思えるからです。
給料日の前に返済日があると、前もって入金しておかなければなりません、下手すると返済金を一か月も寝せておかなければならないことになってしまいます。
確か、消費者金融でカードを作る場合返済日は自分で決める事が出来たとおもいます。
金利に関しては銀行カードが有利だと言われていますが、それほどの差はありません。
利息制限法で規制されるようになったので、これまでのように銀行は利息制限法、消費者金融は出資法の上限金利を採用すると言ったダブルスタンダードで無くなり、利息制限法に一本化されました。
したがって金利での差は法律的にはありません、ただしやはり厳然といまだにほんの少しですが銀行カードの方が金利は安いと言われています。
使い勝手ですが、それが何を意味するのか、ATMの数なのか、ネットを使えるかどうかなのか、審査のスピードなのか、使い勝手はその人によって違います。
例えば審査スピードを重視するなら消費者金融ですが、利用できるATMの数ならば銀行ではないでしょうか。
満足するためには、自分が良いと思うカードにしなければなりません。
融資限度額は大きな問題です。
150万円借りたいのに、50万円しか枠が作れなかったとしたら、その他に2枚カードを作る羽目になりかも知れません。
3枚のカードローンの返済が合わせて6万円になったとしたら返済も管理も大変になります。
それであれば150万円のカードは一枚あった方がかなりお得になるのです。
融資枠の大きさは銀行カードの方が良いと思います、その理由は銀行にはいろいろなカードローンがあって、その中に大きな枠のカードもあるからで、当然大きな金額になれば金利も大変重要になってきます。
住宅ローンと同じことで、金額が大きくなれば金利で1%違ってもかなりの違いになってしまいます。
基本的には銀行カードの金利は消費者金融と比べたら安いと言えます。
返済方法に関してはほとんどが元利均等式のリボ払いで、利息計算は日割り計算になります。
これはどのカードローンでも同じだと思います。
違いがあるとしたら、任意返済ができるカードを選んだほうが良いのではないでしょうか、計画的に返済ができお金がある時任意返済をして債務を圧縮できるからです。

関連記事: