カードローンの賢い利用法

お金を借りる理由は住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなど様々あります。
多額で長期の返済はじっくり慎重に計画をしっかり立てて借り入れを検討する必要がありますが、ちょっとした買い物や旅行資金など、比較的、少額の借り入れには、カードローンを利用することが多くなります。
使用目的が固定されていないために何に使っても問題がなく、毎月決められた金額を返済する返済方法になります。
カードローンは、使用目的が自由なために借り入れする人が多いので、多くの金融業者が商品を提供しています。
その多くの業者に関しては、多少のサービス差はありますが、大きな違いがあるわけではないので、その中から自分にあった業者を選択するのは非常に難しいことです。
ただ、サービス差があまりないといえども、やっぱり違いがあるので、そのポイントをしっかり把握するためにインターネットの比較サイトなどを契約前にじっくりチェックしておくと良いでしょう。
カードローンは契約時の審査なども非常に早く、入金も契約後、その日に口座に入金されるぐらい早いので、非常に便利なのも良いです。
しかし、大変便利なものですが、当たり前ですが、必ず利息が発生します。
絶対、利息がつくカードローンですから賢く利用しなければ損です。
では、賢い利用法とはどのような利用法なのでしょうか。
利息をなるべく少なくするということです。
そのためには少ない金額を短期間だけ借りるという利用法です。
カードローンの利息は一般的な融資と比較して保証人や担保が必要がないという利点があるわけですが、それゆえに、金利が高めになってしまうことになります。
高い利息で高額を借りたり、借りる期間を長くすれば多くの利息を支払わなければならなくなることもでてきてしまいます。
ですから、賢い利用法としては、金額は数万円から数十万円程度の借入金額で数日から数週間くらい借りるという借り方が良いでしょう。
私も自営業の事業資金の不足を補うのに利用させてもらっています。
便利に使わせてもらっています。
返済も毎月一定額をリボ払いができるのも大変なメリットです。
返済を計画的にできるし、返済の方もコンビニのATMでの返済も可能なので、忙しい中でも返済しやすいのも多いに助かります。
さらに一時的にお金を借りるだけなら無利子期間が設定されているモノを利用するのがオススメです。
無利息なら1円も損しないわけです。
新規の契約の時だけという制約付な場合や無利息期間が短いが何回でも利用できる業者もあり、選ぶポイントになるでしょう。
もちろん、業者に対して返済実績にもなるので、必要なくてもなりて実績をつくるという手もあります。
さらに借入以外のサービスも注目すべき利用法です。
借入などでポイントが貯まるシステムがあるカードでは買い物などにポイントが利用できるので大変お得になります。
ポイントサービスは様々な業界と提携が広がっているので、ポイントで業者を選ぶこともあるでしょう。

関連記事: