カードローンの良い所、気をつける所

お金を借りることは何だかとても後ろめたいイメージがありませんか。
確かに、お金に困って借りるのですから他人から見たら決して良くは見えないでしょう。
ですが、上手に利用すれば、何ら後ろめたいものではなく、とても便利に利用できるものなのです。
カードローンは個人の信用を重視し、無担保でお金を貸してくれます。
自動車を購入する際などに、自動車ローンを組まれる方も多いと思いますが、自動車ローンでは審査も緩いので、比較的誰でも借りられるローンですが、カードローンは審査によっては借りられない場合もあります。
専業主婦や学生のように収入がない人は借りることができませんが、アルバイトなどで収入がある場合には申込みが出来るケースもあります。
最近では、限度額が10万円といった商品も出ていて、学生や専業主婦でも申し込めるものもあるようです。
メリットについてですが、利用限度額内であれば、再審査なしでいつでも自由に引き出しが可能です。
自動車ローンや教育ローンでは資金使途が限定されてしまいますが、カードローンでは資金使途が自由なことから利用の幅があることです。
メリットもあればデメリットもあります。
利用限度額内であればいつでも引き出すことが可能なことから、借金をしているといった感覚が薄れてしまい、銀行などから預貯金を引き出すような感覚で利用してしまうことです。
また、長期に渡って借りられることから利息が大きくなり、なかなか元金が減らずに完済することができなくなるなどがあります。
このようなことから出来るだけ早いうちに返済を完了されることが重要になってきます。
今では最短30分で審査が完了してお金が借りられるところもあります。
すぐにでもお金が必要な場合にはとても助かります。
ところが、ほとんどの人がカードローンの申込みをする際には、1社へ審査の申込みをすると思います。
ところが、その申込んだ1社で審査が通らなかった時には、また別のところへ申込みをすることになります。
急いでいるときなどは、2社へ申込みをしておくと、たとえ片方の会社で審査が通らなくても、もう1社で審査が通ればすぐにお金を借りることができ時間の短縮になります。
ですが、ここで注意点があります。
すでに2社以上からお金を借りている場合には、次には3社からの借り入れになります。
一般的に4社以上の借入になると審査が一気に厳しくなるので注意が必要です。
また、カードローンの審査には在籍確認があります。
申込み者が間違いなく、申請した会社へ在籍しているか確認されます。
在籍確認の電話が入ったということは本審査まで進んでいるということでもあるのです。
在籍確認の電話が、会社や家にかかってくると困る方もいるでしょう。
ですが、在籍確認の電話は個人名でかかってくるので、会社等に知られることはありませんので心配はいりません。
ただ、在籍確認をとれないといった事を話すことで、必要書類等の提出をすれば契約できるケースもあります。
お金は賢く借りて無理のない返済をしていきましょう。

関連記事: