カードローンの月々の返済額はどうする

カードローンを賢く利用するためには、返済の仕方も考えなくてはいけません。
「毎月の返済を減らして負担を楽にして、返済期間を長くする」「毎月の負担を増やして、返済期間を短くする」という選択肢では、後者を選んだほうがお得ではあります。
毎月の返済額が5,000円ならばかなり楽でしょうが、それにより返済期間が長くなるようでは困ります。
借りている期間中は1日単位で利息が発生しているわけですから、長く借りているほど利息も増えていくのです。
金利に関しては最初から18%や15%などと決まっておりますが、利息に関しては返済方法によって変わってくるのです。
返済期間が6ヶ月と12ヶ月とでは、利息は後者のほうが多くなるわけです。
毎月の返済額を少なくして楽をするほど、たくさんの利息を支払う仕組みとなっているのです。
それとは逆に毎月の負担を増やすと、月々のやりくりは大変になることでしょう。
毎月5,000円と10,000円の返済額では、後者のほうが多いので節約して資金を捻出しなければなりません。
しかし、これにより節約意識が身につきますし、何よりも利息が少なくなるという利点があります。
繰り上げ返済も行えば、さらに早く借金は減りますから、どんどん利息も少なくなっていくでしょう。
ローンの利息というのは、返済の仕方によって大きく左右されるのです。
100万円を1年間借りると、本来であれば8万円程度の利息がつくのですが、借りた当月に90万円を返済してしまい、残りの10万円を1年かけて返済していく場合は、利息は非常に少なくなります。
元金を早く減らしたほうが利息が減るというわけです。
繰り上げ返済がお得なのは、利息を一気に減らせるからなのです。
ただし、無理をして返済するのは好ましくありませんし、万が一のときに家計を圧迫してしまうでしょう。
無理をしない、かつストレスを溜めないようにして返済できる方法がベストなのです。
短期間で完済するならば多少のストレスが溜まってもどうにかなるでしょうが、長期の借り入れとなると、無理をする返済プランではストレスが溜まってしまい、健全な生活を送ることなどできません。
趣味・娯楽をすべて我慢して、貯金をはたいてまで返済に回すというのは得策ではありません。
あくまで、節約して捻出できる範囲で、返済額を少しでも増やすように工夫するべきなのです。
カードローンの返済額は、契約時に指定額が決まりますが、多く返済するならば何の問題もありません。
指定額が10,000円ならば、9,000円の返済ではいけませんが、20,000円返済する分には何の問題もないのです。
また、指定の返済日のほかにも、任意で好きなときに返済することができます。
ボーナスが出たときにまとめて20万円返済するなど、追加返済を組み込んでいくのが上手に返済するコツなのです。
カードローンの場合は、繰り上げ・追加返済には手数料などはかからないのが普通ですので、自由度の高い返済が可能となっています。

関連記事: