カードローンの審査に関するお役立ち情報です

カードローンの審査ですが、各金融業者で基準が違います。
この、基準が公開されることはありません。
そのため、審査をパスした人と契約へ至らなかった人とのケースから、どのような基準かを推し量るしかないのです。
この、審査で調べられる条件は、居住形態と居住年数・家族構成・勤務先と職業・年収・他の金融業者からの借入額と借り入れの有無、こういったものを調査されます。

cardloan022

以上、こういった項目で何の問題もないようであれば、審査をクリアできるのです。
では、どういった内容なのかというと、まず住居ですが、持ち家・賃貸のいずれかということが問われます。
次に、ローンを抱えてるかどうかということと、家族構成の項目では既婚か未婚か・扶養家族が居るのかどうかです。
次の職業の項目では、収入が安定してるかどうかということで、他の金融業者からの借り入れの有無などは、トラブルがないかどうかが調べられます。
そして、審査の基準の違いは、利用しようとする金融業者の種類に拠っても違うのです。
審査の一番厳しいのは銀行系の業者で、それは融資金額が大きかったり金利が低いからですが、総量規制の対象とはならないので非常に利用価値があります。

その点からすると、消費者金融は審査が緩やかなのですが、金利が少しばかり高目で融資限度額がさほど高くありません。
ですから、利用申請をする場合、金利の低い業者で審査を受けてみて、パスできなかったら金利のやや高い業者の審査を受けてみればいいでしょう。
そうすると、審査をパスできることもあります。
これが、カードローンの審査をパスするコツだともいえるのです。
しかし、闇雲に次々と利用申請するのは、よくありません。
審査をパスできなかった記録が残るので、どんどんカードローンの利用が難しくなるばかりなのです。
それに、金融業者と返済でトラブルとなると、信用情報機関へ登録されるので、5〜10年ぐらいは利用申請しても審査をパスできません。
消費者金融は、貸金業法の改正で金利が大幅に引き下げられてますが、その分信用情報を重視するようになっていて、トラブルを起こした人への対応を厳しくしてます。

さて、問題の審査ですが、総量規制の影響があるのです。
だから、消費者金融・信販会社では、規制前よりも審査を厳しくしてます。
ところが、銀行系は逆なのです。
法規制後の方が、審査基準を緩くしてます。
そのせいで、現在は人気が高まって来てるようです。
それでも、信用情報機関の事故情報は重要で、延滞・延滞解消・自己破産といった経歴があると、非常に大きなマイナス要因となります。
この、信用情報機関へ記録される情報は、どの金融業者でも利用するのです。
ですが、各金融業者の判断基準は統一されてません。
また、カードローンの利用申請するまでにクレジットカード・キャッシングを利用したことのない人だと、審査が少しばかり厳しくなります。

尚、いくつもの金融業者から借り入れを行っていると、これも大きなマイナス要因となるのです。

関連記事: