カードローンの審査に通過するために

利便性の高いカードローンは1社くらいは契約しておきたいと考える人も多いでしょうが、まずは審査に通過できなくては意味がありません。
審査とは、カードローン申込者の返済能力を確認することです。
融資をするからには元金+利息を返済してもらうことが条件ですので、返済能力がない人に融資することはできませんよね。
そのため、きちんと返済してくれる人を選ぶために行うのが審査なのです。
では、どのような基準で審査されるのかということを紹介しましょう。
最低限の基準は、「20歳以上」で「一定の収入がある」ことです。
金融会社によっては18歳以上(高校生不可)を対象に融資していることもありますが、未成年に融資する場合は保護者の同意書が必要になり、親の返済能力も考慮されます。
原則では20歳からの利用になるので、成人してから申し込みするようにしましょう。
そして、重要なのは収入があるということです。
先述したように借入をする以上は返済ありきですので、収入がない人には融資できません。
これは総量規制(貸金業者からの借入総額を年収3分の1までとした制限)によっても規制されているので、無職の人は契約できないようになっています。
収入の出所に規制はありませんので、無職に分類されるアルバイト、パート、派遣社員などでも契約することはできます。
また、年金受給者も年金を収入として見なすことができます。
審査に関する必要最低限の条件は以上のようになりますが、そのほかにも年収、職業、勤務年数、居住形態など諸々の条件が考慮されるので、収入はあっても条件が悪ければ審査が厳しくなるでしょう。
そして、審査の中でも最も重要となるのが個人の信用情報です。
信用情報とは、個人信用情報機関に登録されている借入状況のことです。
カードローン、キャッシング、クレジットカードの申し込みをした人の情報は自動的に個人信用情報機関に登録されています。
そして実際に借入を利用すれば、借入件数、借入状況、返済状況などの情報も自動登録され、6ヶ月間の情報が残ります。
利用しなければ、最後に利用した情報が残り続けることになります。
個人信用情報機関は金融会社が申込者を審査をするときに情報提供する機関なので、現在の借入状況が悪い場合は返済能力がないと判断されてしまい、審査に通過できる可能性も低くなるでしょう。
審査の基準は金融会社で異なるため、何をクリアしていれば審査に通過できるとは一概に言えないのですが、少なくとも多重債務者ではなく、返済を怠っていなければそれほど問題はありません。
逆に言えば、多重債務者、返済の延滞や滞納をしている人は問題です。
また、いわゆるブラック(債務者の過失による借入トラブルを起こしている人)になっている人だと、正規の金融会社で融資してくれることはないと考えた方がいいでしょう。
自分の条件では審査が厳しいと思うのなら、審査基準のゆるい金融会社を選んで申し込みをしてください。

関連記事: