カードローンの借入先はなるべく増やさない

現在は総量規制により、カードローンの借入先はむやみに増やせないようになっています。
総量規制とは貸付制限のことであり、融資の上限を年収の3分の1とする法律です。
借入額の制限のことですが、この法律により借入先を増やすことも難しくなっています。
昔のカードローンはどんどん貸してくれたので、サラリーマンで500万円以上のローンを組んでいる方もおりました。
ただ、1社で500万円を貸してくれることは通常なく、だいたい1社につき50万円くらいの貸し出しになるわけです。
そのため、500万円を借りている方は、借入先が10社なんてこともあったのです。
しかし、現在はサラリーマンで500万円の融資を受けるのは無理があります。
最低でも年収1,500万円以上必要となるわけです。
年収1,500万円というのは、医者や弁護士の平均年収よりも多いものであり、サラリーマンでこの金額を稼ぐのは並大抵のことではありません。
現在のサラリーマンの方の平均年収は400万円くらいなので、借りられる金額は100万円ちょっとというところです。
130万円などの借入額では半端な金額になりますので、100万円までの融資というケースが多いでしょう。
そうなれば、借入先は2~3社になるのが普通であり、4社や5社にはなりにくいです。
総量規制の制定により、必然的に借入先を増やしにくくなっているのです。
そのため、5社や10社から借りることは難しく、「5社以上でも借入OK」などの謳い文句はあてにならないわけです。
「5社以上OK」「10社でも借りられる」という情報は、よく見ると過去の情報であるケースがほとんどです。
記事の作成日時を見ると、7年以上前のものもあります。
当時は総量規制はまだなく、借入先が5社以上という方は普通におりましたから、こうした宣伝もアリだったのです。
これから新規契約する方の場合、借入先は1~2社が妥当なところであり、3社から借りるというのはかなり難しいはずです。
これは消費者金融だけでなく、銀行、信用金庫などの金融機関にも言えることです。
銀行・信用金庫は総量規制の対象外ですが、だからといって貸付制限がないわけではありません。
むしろ既存の総量規制よりも厳しい独自規制を設けているところもあります。
そもそも、昔から銀行の審査は厳しいものであり、消費者金融が最も甘かったのです。
現在において、カードローンの借入先が5社や7社などと非常に多い方は、おそらく古くからローンを利用しているのでしょう。
こうした方は、おまとめローンを利用して一本にまとめるといいでしょう。
借入先が多いと借金が増えやすいので、一本にまとめることは節約にもなります。
どの業者からいくら借りているのかを把握するためには、借入先は最高でも3社くらいが妥当でしょう。
借入先が多くなるほど、各社からの債務の残額、月の返済額、金利などがわからなくなりますし、返済忘れも増えてしまうものです。

関連記事: