カードローンのメリットについて

最近では銀行や消費者金融などでカードローンのサービスを実施している所が増えてきています。
利用した事の無い人にとっては使い方や利用方法などが分からないという人も少なくありません。
一般的にカードとはクレジットカードを指す事が多く、ローンとは大きな金額の買い物をする際に分割払いで払う支払い方法を指す場合が多いです。
カードローンというのは概ねそれらの意味と似ており、利用する場合にはクレジットカードと同様にカードを使います。
ただしその際に使うカードはクレジットカードのように買い物の際の代金決済手段として利用するわけではなく、ATMで現金を借り入れるという使い方をします。
この点においてはクレジットカードのキャッシング機能とほぼ同様の役割を果たしています。
つまり、キャッシング機能のみのクレジットカードのようなものであると言えます。
また借り入れた現金は毎月少しずつ返済していくという仕組みになっています。
この点においては通常のローンと同じです。
異なる点は通常のローンであれば、自動車や住宅などの特定の高額な物を購入する際に組むノに対して、カードローンの場合には特に購入するものや借り入れた現金の使途が限定されないとうい事です。
このようにクレジットカードやローンと共通点もあり相違もあります。
次にクレジットカードを使う場合やローンを組む場合と比べてのメリットについて説明していきます。
クレジットカードを使う場合には利用可能な店舗が限られていますが、現金を引き出して使う事ができればどの店舗でも使うことができるというメリットがあります。
また商品の購入やサービスの提供への代金や料金の支払い以外の目的で使う事ができる等のも大きなメリットの一つです。
例えば、法事や葬儀などで香典を出す必要がある場合やお正月に親戚の子供にお年玉をあげる必要がある場合などにはかなり役に立ちます。
また町内会費など現金で支払う必要がある出費などに対しても大きな意味があります。
次に自動車などの大きな金額の買い物をする際に、ローンを組んで購入する場合には全額分ローンを組む事になります。
しかしカードローンを利用すれば、手持ちの現金で支払うことができる分だけ現金で支払い残りの金額だけを借り入れる事も可能になります。
この際には足りない分の金額をATMで借り入れて、手持ちの現金と合わせて支払う事になります。
そのため、販売会社の側からみれば現金で購入したのと同じ扱いになります。
借りた金額を返済する際には、毎月無理の無い金額を少しずつ引き落として返済する事になります。
最初の時点で収入や資産などを元に審査を行った上で借り入れを可能にしているため、無理なく返済する事ができます。
このようにカードローンを持っていると日用生活の様々な場面で便利さを発揮し役に立ちます。
そのため現金を借り入れる予定がない場合でも、予め作っておくと安心して過ごす事ができます。

関連記事: