カードローンに助けられました

カードローンが怖いと思っている人がいる一方、生活費や養育費で切羽詰っているときに、カードローンに助けられたという人も多いのではないでしょうか。
実は、私もその助けられた中の一人です。
借金をするということに、抵抗がなかったわけではありませんが、他人からお金を借りるということは、肉親や親戚であってもトラブルに転じてしまう可能性があるので、絶対に自分でなんとかしようと思っていました。
そんなとき、ネットや新聞を見ていて、即日融資という広告を見かけ、きちんと使い方の内容を把握して、どのように返済していくかを決めていれば、カードローンは決して怖いものではないことを知りました。
また、最近よく耳にする即日融資とは、その日のうちに借りられる融資方法のことで、特にインターネットでの申請が主流となっている今、承認が早ければ申し込みからその日のうちに指定口座に振り込みしてもらえるのです。
ですから、借入するときは、必ず利息のチェック、特に実質年率のチェックは必要不可欠です。
気になる利息の問題ですが、お金を借りるともちろん利息はかかります。
私の場合は、口座を持っている大手の銀行への借入れを決めていたので、実質年率もどれくらいかを銀行のホームページでしっかり確認したうえで、インターネットからの申し込みではなく、銀行のATMコーナーに備えてある借入申し込み専用BOXへ直接行って申し込みをしました。
BOXの外からは中の様子はまったく見えないので、他人に姿を見られることなく自動音声に従いながら、申し込みの手続きをすることができました。
肝心なのは、審査の主な条件ですが、勤務先への在籍確認や年収報告、また、他の金融会社からの借金がないかの有無を重点的に審査されます。
特に問題がなければ、審査通過の早い人では、その日のうちに指定口座へ振り込みしてもらえます。
もちろん私も、即日融資してもらいました。
ちなみに、自宅近くの銀行のATMコーナーへ車で数分、申し込みから審査通過までが数時間でしたので、地獄のように悩んでいたことが嘘のように、その一瞬で解決しました。
その後の返済は、毎月1万円ずつ銀行のATMから返済していますので、生活を圧迫されることなく精神的にもすごく助けられました。
カード限度額の中で、借入と返済を繰り返し継続して利用し続けることができるのが、カードローンだと思います。
返済を遅らせたり、滞らせたりしないよう、しっかり自分で金銭管理をきちんとできる人であれば、カードローンは決して怖いものではないということを、自分自身の体験から実感しました。
今、融資を受ける必要はないけど、将来的に必要になりそうだと思っている方がいれば、いざというときのためにカードを作っておくことをお薦めします。
また、即日融資を受けたい人は、それが可能な時間帯なのか前もって調べておかなければ、翌日とか翌営業日まで待つことになりますので注意してください。
借入れしたお金を、安心して安全に活用するためにも、自己判断で適当に申し込みをするのではなく、慎重に一つ一つこなしていけば、カードは決して怖いものではないということがわかるのではないでしょうか。

関連記事: