カードローンと健康保険証

カードローンやキャッシング、そして消費者金融を申し込む際には、本人を確認する書類が必要になります。
それは、どの会社であっても大差はありません。
ただし、そのような書類を本人を確認する書類として認めているかというのは、カードローンやキャッシング、あるいは消費者金融によって差がありますので、それはそれぞれの金融機関に確認をしてください。
本人を確認する書類として、真っ先に思い浮かぶのは、健康保険証です。
健康保険証は、キャッシングや消費者金融だけではなく、レンタルDVDの会員証作成の際にも有効の身分証明書です。
カードローンやキャッシング、そして消費者金融において、健康保険証を本人確認書類として提示をすることは、以下のようなメリットがあります。
それは、本人を確認する書類であると同時に、職業を証明する書類でもあるということです。
健康保険証にはいくつかの種類があるのはご存知のとおり。
サラリーマンの人が加入している保険といえば社会保険ですし、公務員の方が加入している保険は共済保険です。
それ以外の人が加入している保険といえば、国民健康保険ということになります。
社会保険の中にも、大企業のみのサラリーマンのみが加入できる保険というのがあります。
いずれにせよ、社会保険の保険証を提示すれば、自分はサラリーマンですよというのを証明しているようなものです。
そして、共済保険の保険証を提示すれば、自分は公務員ですよというのを証明しているようなものなのです。
特に、カードローンやキャッシング、消費者金融においては、共済保険の威力が半端ではありません。
キャッシングや消費者金融などでは、何より継続安定した収入というのも求められます。
もちろん収入が多いに越したことはありませんが、それよりも、継続安定した収入を持っている人のほうが、ポイントが高いのです。
そういった点から考えると、めったなことでは解雇されない公務員というのは、継続安定した収入の代表格ということになるのです。
では、国民健康保険というのはどうなのかというと、国民健康保険に関しては、本人確認書類以上の効力はないということがいえます。
確かに、国民健康保険は、自営業の人はもちろん、パートやアルバイト、そして無職の方でも持つことができます。
この保険証では残念ながら、収入を証明することにはなりません。
こうして見ると、健康保険証は万能なようですが、そうでもありません。
カードローンやキャッシング、消費者金融の会社によっては、健康保険証を本人確認書類として認めていないところもあります。
それはなぜかというと、まずは保険証の紙に信頼がおけないということがあります。
基本的に、健康保険証の紙は、どこにでもあるような紙です。
特別な偽造防止技術があるというわけではありませんので、偽造は難しいものではありません。
他人名義でローンカードを作成し、お金を借りることを防ぐという理由があるのです。

関連記事: