カードローンで失敗しないために

カードローンは非常に便利なローンですが、使い方を誤ると失敗してしまうので注意が必要です。
どのような使い方が危険かというと、「借りすぎ」に尽きるでしょう。
誰しも初めて借りるときは、緊張してドキドキしているものですが、何年も利用していると緊張感がなくなっていくのです。
すると、ついつい借りすぎてしまうようになり、いつも利用枠ギリギリまで使い切っている、なんて状態になります。
利用枠内であれば自由に利用できるカードローンですが、万が一のときのために枠は残したおいたほうがいいのです。
枠をゼロにしてしまうと、本当にお金が必要なときに借りることができなくなります。
利用枠の増額交渉をしても、枠を引き上げてくれる可能性は低いですので、本当に金欠になったら、別の業者から借りるしかないのです。
こうして借入先が2社、3社と増えていき、多重債務に陥ってしまうわけです。
利用枠はなるべく10万円くらいは残しておきたいものです。
10万円あれば、急にお金が必要になっても対処できるものです。
100万円単位で必要になった場合は、カードローンで補うべきではありません。
少額の融資用のローンであり、借入額の上限は100万円以下に設定しておくべきです。
金利は以前よりも大幅に下がっておりますが、借入額が高額になれば、利息も比例して大きくなりますので、もともと高額融資用には作られていないのです。
とはいえ、利用枠があれば使いたくなるのが普通です。

長年カードローンを利用していると、誰しも甘えが生じてきますので、自分の性格も考慮して限度枠を決める必要があるでしょう。
きちんと計画的に利用できる方であれば、利用枠が大きくても問題ありませんが、浪費傾向のある方はなるべく枠を少なくすることです。
「漠然と30万円借りたい」と決めるのではなく、「本当に30万円も必要なのか」について考えてみることです。
シミュレーションをすればムダな資金も見えてくるため、もしかしたら20万円の借り入れでも十分かもしれません。
たくさん借りられる人は、確かに信用が高いといえますが、借りたものは返さなければなりません。
返済するときになって、「もっと限度枠を少なくすればよかった」と後悔する方は多いのです。
趣味・娯楽に10万円を消費するのはカンタンですが、返済をするときは大変なものです。
お金を借りるときは、返済まで考えて計画を立てておく必要があります。
カードローンは非常に便利ですが、借りすぎに陥りやすいという側面もありますので、借りると同時に節約生活も並行するべきでしょう。
返済資金を捻出するためには、「収入を増やす」「節約をする」の2つが選択肢となるでしょう。
収入が増える保証があるならば問題ありませんが、収入が現状維持という方は節約をして返済資金を捻出することになります。
節約術は一生涯において使えるものであり、ムダをなくして貯金をするためにも役立つものです。

関連記事: