カードローンで即日融資を受ける方法

お金のピンチは突然訪れることが多いものです。
住宅ローンや教育ローンなど一定の目的をもって利用するものと違い、生活費やレジャー費用などの資金のニーズでは、手続きの時間に割く余裕がない方も多いかもしれません。
そんなとき頼りになるのがカードローンではないでしょうか。
申込方法も簡単で、審査の時間も短く、資金使途自由というのがポイントです。
多くの金融機関や貸金業者では、即日融資を導入しています。
即日融資とは、申込んだその日のうちに審査を済ませ、借り入れができるようにしてくれるものです。
もっとも、その日のうちに融資が可能としている業者であっても、一定の限度があります。
営業時間ぎりぎりで申し込んだり、申込方法によっては審査までの時間がかかり、翌日以降になってしまう場合があるからです。
そのため、即日融資を受けたいなら、その条件などを業者の公式サイトでチェックしたり、問い合わせをするなどして、その日のうちに確実に借り入れができるか確認するのが万全です。
たとえば、簡単で便利な方法であるインターネット申し込みは、24時間365日申し込みが可能です。
もっとも、24時間365日、審査をしているわけではありません。
そのため、一定のタイムラグがあります。
どの時間帯までに申し込めば、当日中に審査をしてもらえるのか確認したいところです。
急ぐ場合は、情報をインターネットであらかじめ申し込み、直ぐにコールセンターに連絡をすると、インターネットの情報をもとにその場で審査が行われる場合があります。
こうした方法が取れるかも確認しておきましょう。
このようにインターネットは非対面で誰かと話す必要もなく便利ですが、スピードを重視するならリアルタイムで手続きができるコールセンターや店頭、自動契約機などが便利です。
ただし、営業時間や即日審査可能な締め切り時間があるので注意しましょう。
店頭は平日の朝9時から夕方18時頃で営業終了となってしまうため、土日祝日や夜間、早朝に直ぐに借りたい場合には土日祝日も営業しているコールセンターや自動契約機を利用しましょう。
ただし、もう1つ気を付けたいことがあります。
自動契約機や店頭でその場でカード発行を受けられれば、直ぐに最寄りのATMで借り入れが可能です。
これに対し、コールセンター等で手続きをして銀行振り込みによる融資をしてもらう場合には、当日中の振込み締切時間があります。
一般的には金融機関の営業終了時間の前である、14時から14時50分ごろが限度になっています。
もっとも、これにも例外があり、一定のネットバンクを指定する場合、15時を過ぎても振り込みが可能な場合もあります。
ですが、ネットバンクを利用するには、そもそも、その口座をあらかじめ保有していなければなりません。
銀行口座の開設にはそれなりの時間や日数がかかることもあるので、突然お金を借りることが予想される方は、あらかじめネットバンクの口座も開いておきましょう。

関連記事:

コメントは受け付けていません。 即日融資