カードローンで即日融資をしているのは?

即日融資というと、消費者金融の代名詞とイメージされる方もいるかもしれません。
消費者金融は小口の融資を基本として、即日審査、スピーディーな貸付で、一般生活者の消費生活を支えるため利便性を重視しています。
これに対して、同じ貸金業者でもクレジットカード会社や、銀行や信用金庫等の金融機関ではカードローンの申し込みから審査までの時間が長いというのが一般的でした。
クレジットカード会社では申込書を取り寄せて郵送で手続きをするのが基本であったため、審査が行われカードが発行されるまでには2週間くらいかかっていました。
金融機関では一般的に審査にじっくり時間をかけるのが基本で、1週間程度の時間は必要だったのです。
ですが、インターネットの普及で情報のスピードが加速し、様々な情報が手軽に手に入る時代にあっては、消費者もどんどん賢くなっていきます。
どこで借りるのが一番早くて有利かと、比較検討が始まります。
また、インターネットの進化と普及で、カードローンの申し込みもインターネットでできるようになりました。
インターネット申し込みは24時間365日いつでも行え、申し込み情報も瞬時に貸金業者や金融機関へと届けられます。
これにより、審査スピードは格段に上がっています。
そのため、現在では消費者金融に限らず、クレジットカード会社や銀行などの金融機関でも、カードローンが即日融資で利用できるようになっているのです。
もっとも、即日融資を受けるにはいくつか条件があります。
1つには、信用状態が良好であることです。
これは各業者の審査基準にもよるところですが、収入が極端に少ない、既にたくさんのローンを抱えている、就業状態が不安定などの要素があると、審査に時間がかかったり、審査に通らない可能性があります。
逆に収入や雇用形態が安定しており、現在、他に債務がないといった方は、即日融資が受けられる可能性が高まります。
2つめの条件は、時間の余裕があるかです。
即日審査といっても、時間には限度があります。
審査が可能な時間かつ、振り込みによる融資を希望する場合には、その振込み時間の締切に間に合うように申し込みを行わないと、当日中の融資は無理で、翌営業日以降に回ってしまいます。
そのため、即日融資を受けたければ、できれば午前中か午後イチまでに申し込み手続きを済ませたいところです。
ただし、店舗に出向ける場合や自動契約機を利用する場合には、もう少し時間の余裕ができるかもしれません。
3つめは、本人確認書類や収入証明書類などがすぐにそろえられるかです。
本人確認書類は幾つか種類がありますが、スピード審査をするにあたっては、運転免許証やパスポートに限定される場合があります。
また、社会保険の健康保険証が要求されることもあります。
審査条件や借入金額によっては収入証明書も必要であり、これがすぐに準備できないと、そもそもスピード審査やスピード融資を受けることができないので注意しましょう。

関連記事:

コメントは受け付けていません。 即日融資