その日のうちに借りる事ができた

その月には車の車検など大きい金額での出費がある月だったので、正直ほとんどお金がありませんでした。
そこに身内でお世話になった人が亡くなった為、お葬式や通夜に行く事になってしまったのです。
そのまま行かないままでは後悔をしてしまうと思ったので行きたい気持ちでいっぱいだったのですが、貯金通帳を見ても財布を見てもお金がありませんでした。
このままでは本当に最期のお別れもできないまま終わってしまうと思ったので、お金をどうにか工面しようと思ったのです。
とは言っても友達に急にそういったお金の話をしたら嫌な思いをさせてしまうし、下手をしたら友達を無くしてしまうかもしれないとも感じました。
そこで何か良い方法がないか探した時に、即日融資ができる消費者金融があるという情報を手に入れました。
その日のうちか次の日の早い時間までに借りる事ができれば、通夜やお葬式までに間に合ったので借りる事にしたのです。
インターネットからでも申込みができるという事でしたが、僕は対面をしてしっかりと話を聞きながら申込みをしたいと思っていました。
ですので、その消費者金融まで行って、手続きをしようと思いました。
その日は夜だった為に今から行っても間に合わないと思い、次の日の休みを利用して朝から行く事にしたのです。
何時から開くのかをチェックして、午前中の早い時間には到着するように用意をして行きました。
ネットには申込みをする時の必要書類についても載っていたので、身分証明書など忘れ物がないか確認しながら行ったのです。
消費者金融に着き、受付のカウンターのところで融資を受けたい事を相談すると、説明をして申込み用紙を出してくれました。
記入の仕方なども丁寧に教えてくれて、申し込みをして審査も通ればお昼前にはお金が借りられる事も説明してもらえたのです。
時間もかからずにお金が借りられる事が分かったので、言われたままに記入を行いました。
自分の情報の他に会社の情報や他の消費者金融などに借入があるかどうかも書き、そのまま審査に入る事となったのです。
少し待っている間は本当にお金を借りる事ができるのか不安な気持ちいっぱいになってしまったのですが、ほとんど時間もかからずにまたカウンターに呼ばれました。
そこでは会社にも在籍確認が取れて、お金がすぐに融資できるという説明でした。
お金を借りるにはどのように行うのかをカードを見せてもらって説明され、手続きが終わった後に近くにあるATMですぐにお金を下す事ができたのです。
お金も手にできて安心感と、最期の別れを後悔なくできる気持ちでいっぱいになりました。
そのまま夜には新幹線で向かい、お通夜とお葬式の両方に出席をする事ができました。
その後の返済も一気にできなくても、毎月1万円ずつからで大丈夫だったので生活費にも影響なく返す事ができています。
思っていたよりも利子もかからずにこんなに早くお金を貸してもらう事ができて、即日融資は便利だと思いました。

関連記事: