お金を借りるためにカードローンを使ってみた

生活していくためには、「お金」が必要です。
生活に必要な金額は人それぞれ異なりますが、ある程度は経済的に余裕があった方が楽しく暮していくことができますよね。
私もそれほど贅沢な生活をしたいわけではないのですが、たまにどうしても行きたい旅行や買いたいものや趣味を優先してしまって、その月の生活費に困ってしまうことがありました。
先月も、趣味でやっている音楽活動で新しい楽器を買うために、一気にお金を使ってしまったのです。
そのため、その月の生活費がピンチになってしまい、とても焦ってしまいました。
家賃や電気代やガス代などの光熱費なども払っていかなくてはなりませんからね。
そこで、生活費の足しにするために、金融業者に相談してお金を貸してもらうことにしたのです。
インターネットで見つけた金融業者に電話して、即日融資してもらえる方法について尋ねてみたところ、カードローンのことを教えてもらいました。
この方法だと、すぐに専用のカードが発行されるのだそうです。
そのカードを使えば、銀行や郵便局に設置してあるATMやCDからもお金が借りられるようになるとの話でした。
また、その金融業者では大手のコンビニエンスストアやスーパーマーケットに置いてあるATMも利用できるとのことでした。
いろいろな場所でお金をすぐに引き出せるようになるのは、とても便利なサービスだなと思いましたね。
このカードローンサービスに申し込みをしておけば、この先お金のピンチになってしまった時の助けになってくれるかもしれないと思ったので、私は契約をすることにしました。
カードローンの契約の際には、スタッフから電話で教えてもらった無人契約機を利用しました。
たまたまですが、自宅のすぐ近くにその金融業者の無人契約機が設置してある店舗があったのです。
無人といっても中にはモニターや電話が備わっていて、金融業者のスタッフとやり取りをしながら手続きをすすめることができたので、特に難しいことはありませんでしたよ。
申込み手続きが完了してからすぐに審査も通過して、カードを発行してもらうことが出来ました。
カードを手にしたときには、なんだか嬉しい気持ちになってしまいましたね。
私はその発行されたカードをさっそく使って、生活費分としてATMから100,000円を引き出しました。
ATMを操作したら、すぐに現金が出てきてたので、ほっとしてしまいました。
このサービスのおかげで、家賃や光熱費など支払うことが出来て本当に助かりましたね。
もちろん、借りたお金は利息分も含めて全額きちんと返済しました。
これから先もお金のことで何か困ったことがあったとしてもカードローンがあると思うと精神的にも楽になったような気がしますね。
ただ、借り過ぎてあとから返済が出来なくなってしまったら大変ですから、その点だけは十分に気をつけていきたいと思っています。
賢くカードローンを使っていきたいと思っています。

関連記事: