カードローンでの即日融資をお考えの方へ・・・

ここはカードローンについて専門調査、それを専門知識のない方向けに分かりやすく的確に説明しているサイトです。
即日発行可能なカードローンをリストアップして紹介してほしいという要望が多数ありましたので、まとめページを作りました。

>>500万円までWEB契約で本日振込&引出が可能なカードローン会社リスト【最新版】はこちらをクリック!

10年前と違い、現在ではWEB契約→指定口座に入金→コンビニで引き出す、という即日融資が主流のようです。
そんな即日融資が可能なカードローン会社の情報をわかりやすくまとめてみました。
条件は各会社、それぞれ違ってきますので、まずは簡単なWEB診断をされることをお勧めいたします。

loan009

当サイトは即日融資をテーマにしているサイトですが、安易にカードローンを利用する事を推奨するサイトではございません。
融資を受けるのは最終手段です。
基本的には身の丈に合った生活を心がけ、カードローンなどを利用しない事が一番なのです。
当サイトを通じて、カードローンでの即日融資の便利さと同時に基礎知識を習得していただき、多重債務者の増加を防ぐことができれば幸いです。

カードローンについて

急な出費があり、今月はどうしようかと悩むことはあるのではないでしょうか。
お金がかかることだけど、絶対に必要な経費、後で給料が入ったら返済できるけれど、友人や親戚に借りるのも抵抗を感じます。
そのようなときにとても便利なのは、カードローンではないでしょうか。
これは、急な出費であっても、来店せずに、最短1時間ほどで融資してくれるところもあり、助かります。
何より急にお金が必要だというときにも、手軽に利用できるため便利です。
借金と聞くとダークなイメージを持っている人もいるようですが、このようなカードローンは、賢く利用することで、急な出費にも対応できるため、親戚などにお金を借りる必要性はなくなります。
知人にお金のことで頼ると、後からトラブルになりかねません。
cardloan108
【参考資料】知人間での金銭トラブル件数(当サイト調べ)

このようなことで信頼関係を失ってしまうのは実にもったいないことではないでしょうか。
返済計画をきちんと立てておけば、このようなカードローンとも賢く付き合うことができます。
また、長い人生において、このようなローンを利用する機会は始めてだという人もいることでしょう。
そのようなときに、ある一定期間であれば、始めてに限り無利息で借りれるところもあります。
これはとってもお得というものではないでしょうか。
その間に返済できればよいのですし、何より利息を払わずに借りれるということでとても得した気分になりますね。
さらに、ローンを組む上で気になることは利息がどれくらいかかるかということではないでしょうか。
早く返せるめどはついていても、利息が高いとなと思うこともあります。
そのようなときには、いろいろな金融機関を比較してみることをおすすめします。
金利キャンペーンなどをやっていてお安く借りれるところも出てきていますし、今の低金利時代であっては、よりやすく借りれるところも増えています。
まずは、金利情報を確認しておくことで、できるだけ金利を抑えて借り入れすることができますので、お得です。
金利には、幅があります。
このような幅はどの金融機関にもありますが、どのくらい借りたいのかによっても、その金利は変わってきます。
多額を借りたいという場合は、金利の低いほうのパーセンテージを参考にしましょう。
また、小額を借りたいということであれば、高いパーセンテージに着目することが大事です。
借りたい金額を設定して、どの金融機関ならばお徳化どうかを判断してみることで、金利とも賢く付き合うことができます。
さらに、どこで借り入れしたらよいのか迷うという人には、大手の金融機関をおすすめします。
名前が売れていて、誰もが知っているというところほど信頼度も高まりますね。
お金のことですし、何より信頼が大事です。
ローンを組みたいというときに、インターネットで申し込むことができ、担保なども必要ないというところも増えていますので、お手軽に利用できます。
便利な世の中、急なときの対応にも利用できますよ。

カードのサイズ

カードの大きさは85.6 × 54.0 × 0.76 mmであり、これは銀行のキャッシュカードと同じで規格化されています。
カード

カードローンの契約数

カードローンの契約数はインターネットのWEB契約普及により近年上昇傾向にあったが、その後、に契約数は安定し、近年では下降傾向にある。
zouka

目次へ戻る

即日融資で借りられるカードローン

即日融資とは一般的に言うと、その日のうちに借りるという融資方法です。
現在はWEB審査の発達により、カードローンはこの方法が主流です。

どうしてもまとまったお金が必要になってしまったけれど、友達や家族にお金を借りることには抵抗がある。
にっちもさっちもいかなくなってしまった時に頼りになるのが、即日融資をしてくれるカードローンです。
借金に対して、悪いイメージを持たれている方もいらっしゃることでしょう。
しかし、カードローンは、キチンと内容を把握し賢い使い方をすれば、どうしてもお金が必要になってしまったとき、周囲の人にお金を借りずにすませることができます。
友達にお金を借りると、それがきっかけとなってトラブルに転じてしまう可能性があります。
お金の問題で大切な友人と距離ができてしまうというのは悲しいお話です。
どのように返済していくかをきちんと考えていれば、カードローンをうまく利用することができます。
気になるのは利息の問題ではありませんか?
様々な金融機関を比べて見ながら、自分のスタイルにあわせて利用できる店舗を探してみてください。
キャンペーン中であれば、お得なプランを提示してくれます。
どうしても、「どこで借りたらいいのかわからない」という時には、大手の金融会社を利用してみてはいかがでしょうか。
やはりお金にまつわる問題ですので、信頼関係が大切ですよね。
中にはインターネットによるお申込みによって、担保なしで借りられる場合もあるようです。

様々に存在する融資方法の中でも、とくに敷居が低いとされているのがカードローンです。

大きな取引には不向きですが、一時的な助けを必要とするときに重宝します。
どうしても払わなくてはならない電気代や水道代に手が回らない時、手持ちでは買えないけれど欲しくてたまらないゲームハードが発売される。
お金を借りないと食事すらままならない、といった場面に応じて小口の取引に応じてくれるので、いざという時に安心です。
無人契約機や郵送、店頭による受付やインターネットにて申し込みが可能になります。
カンタンなのはインターネットによるお申込みです。
短くて40分ほどで審査結果が分かります。
即日融資時間内であれば、その日からお金を借りることができます。
審査の基準は会社によって異なります。
「個人情報」と「個人信用情報」を審査の判断材料とするのが一般的ですが、特に重要視されるのは「個人信用情報」です。
借入状況が管理されているので、既に別の会社への返済が滞っているなどの事実が発覚すると、認可されない可能性が出てきます。
そういった問題がなければ、特に心配せずとも、審査は下ります。
認められ次第、身分証明書を提示し、本人であることの確認が済めば、カードローンを使用することが認められます。
お金を借りる、というのは、他ならぬ未来のあなたからお金を前借りしているということです。
そういった意識をきちんと自覚し、考え抜いて利用すれば、人生はより有意義になることでしょう。
間違えて危ない道を進まないようにするため、しっかりとお金に対する知識とリテラシーを身に付ければ、まず間違いはありません。

カードローン一覧表

 カードローン名 運営会社 最大限度額  来店不要
 オリックス銀行カードローン オリックス銀行  800万円  OK!
 アイフルのキャッシングローン アイフル  500万円  OK!
プロミスのフリーキャッシング SMBCコンシューマーファイナンス 500万円 OK!
 アコムのカードローン アコム  500万円  OK!
 ネットキャッシング ジャパンネット銀行 ジャパンネット銀行  1000万円  OK!
 みずほ銀行カードローン みずほ銀行  1000万円  OK!
 三井住友カード「ゴールドローン」 三井住友カード  700万円  OK!
 モビットカードローン モビット  500万円  OK!
 りそなプレミアムカードローン 埼玉りそな銀行  800万円  NG
 「エグゼクティブ One」<カードローンタイプ> 第三銀行  500万円  NG!
カードローン・THE マキシマム 大垣共立銀行 1000万円 OK!
ちばぎんカードローン クイックパワー・アドバンス 千葉銀行 500万円 OK!

※当サイトはアフィリエイト広告が目的のサイトはありませんので、リンクは割愛させていただきます。
公式HPを閲覧希望の方は、各カードローン名でgoogleにてご検索ください。

即日融資を利用する動機

即日融資、つまり、その日のうちに借りたい!といって借りるカードローン・・・そういう状況ですから、やはり、生活費が多いです。
ご利用は計画的にとはよくいったものです。
カーローンや住宅ローンのように目的が定まっていないというのが特徴です。
sokujitsuomage

目次へ戻る

即日融資でお金を貸してもらえる方法

お金がなくては人は生きていくことができません。
お金が足らなくなってしまい困った時には、誰かから借りなくてはなりませんね。
身近な人から借りるのが難しい場合には、銀行や消費者金融などの業者から借りるという方法もあります。
消費者金融は個人向けに少額の融資を行ってくれるところです。
融資してくれる金額は数十万円から多くても数百万円程度となっています。
ただ、消費者金融でお金を借りるメリットは審査が早いということです。
最短で数十分などといったようなスピード審査を売りにしている消費者金融業者もありますからね。
大至急お金を借りたいという場合には、そのような即日融資を行ってくれる消費者金融業者を利用するのがよいと思います。
また、銀行でもカードローンなどを利用した個人向けの融資のサービスを提供しています。
カードローンに申し込んでおけば、いつでもATMから現金を引き出して借りられるようになるのです。
コンビニエンスストアなどの設置してあるATMから借入れや返済ができるサービスを提供している業者もあるので、非常に利便性が高いのが魅力ですね。
カードローンサービスは業者によっていろいろなタイプのものがありますが、近年ではお電話やインターネットから申し込みを受け付けて、お持ちの銀行口座に直接振り込んでもらえるというスタイルのものが多くなってきています。
お金が必要になってしまった時には、連絡すればすぐに自分の口座に入金されるので面倒な手間がかからないのです。
しかも、条件によっては即日融資も可能となるのです。
このようなサービスを上手に活用すれば、お金に困らずに生活ができるようになりますね。
もちろんカードローンを利用して借入れしたお金は、借金となりますから返済しなくてはなりません。
お金を借りる時には、利息もかかります。
ですから、借入れの際には必ず利息分をしっかりとチェックするようにしてくださ。
利息の金額は、業者によって大きく異なってきます。
利息がどのくらいのなるのか調べたい場合には、利用したいと思っている銀行や消費者金融業者のホームページをチェックしてみるとよいでしょう。
「実質年率」と記載されていますので、何パーセントになるのかをよく確認してみてください。
この実質年率は、銀行系のカードローンサービスですと、比較的低めと設定されている場合が多いようです。
最大でも18.0パーセント程度となっているところがほとんどですね。
できるだけ低金利の業者を探しているのであれば、この実質年率をよく見比べてみることをおすすめします。
金利が高いとお金を借りにくいのではと?
思ってしまいやすいですが、高めの金利となっている業者の場合には、即日融資をしてくれるなど対応が早いというメリットもあります。
少しでも早くお金を借りたいのか?
それとも、低金利で借りたいのか?
ご自分の状況をよく考えてから、業者選びをするようにしてください。

ネット×コンビニATM

今は、携帯もスマホへと進化、ほぼすべてのコンビニにはATMが設置され24時間融資の申し込みなどができるようになりました。
条件付きで当日中に融資額をコンビニから引き出し可能という、一昔前からすると、あり得ない位のスピーディーな融資方法が利用可能です。

sokujitsu3image

目次へ戻る

カードローンは絶対に即日融資が出来るの?

生活をしていると急にお金が必要となる事は誰にでもあります。
自分のポケットマネーで何とかできればいいのですが、時には融資を受けなければ切り抜けられないなんていう事も有るでしょう。
そういう時におすすめの方法がカードローンです。
金融機関に申込みをしてカードを発行してもらえれば、あとは融資限度額の中であれば自分の都合に合わせて借入が出来る物として、現在多くの人に注目されています。
この方法であれば急な出費も怖くない、なんて聞いた事がある人もいるでしょう。
このカードローンの魅力の一つは、前もってカードを作っておくことができるという事です。
今は融資を受ける必要がないけれど、将来的に必要となりそうだからとりあえずカードを作っておけば、いざと言う時にそれを使ってお金を借りられるので便利な方法と言えます。
ところで、そんな魅力のあるカードローンですが、もう一つ注目されているのが即日融資という事です。
お金が必要となるのは本当に急で、その期限まであまり時間がないなんて言う事は珍しくありません。
即日であれば必要となった時すぐにお金を用立てる事が出来るのでかなり便利なのですが、どの場合であっても即日融資が出来るわけではないので注意しておきましょう。
今までカードの申し込みをしたことがない人は、まずは金融機関のサイトを見てみるのをお勧めしますが、実は申込みをするタイミングには注意しなければいけません。
従って、その決められた時間外の場合は残念ながら即日では出来ないので、翌日とか翌営業日等まで待つ必要があります。
もし急にお金が必要となった時は、もたもたせずに素早く行動する様にしましょう。
また、カードローンの場合は原則的には担保を必要とせず、保証人も必要とはしません。
ただその為、ある程度有担保の場合に比べると審査が厳しい事があると知っておきましょう。
従って、人によっては審査に通らない事も有ります。
また利用する金融機関によっては総量規制の対象となるので、年収の3分の1までの借入しかできません。
既に他社での借り入れがある場合、それとの合計が年収の3分の1を超えてしまう場合はその超える分は借りる事が出来ないので注意しましょう。
即日融資も可能な便利なカードローンですが、使う側はしっかりとどういう性質の物なのかを良く理解してから使うのがお勧めです。
またその時は自分は使えるのか、即日融資を受けたい人はそれが可能な時間帯はいつか等を前もって調べておくと良いでしょう。
基本的にはそれ程融資の申し込みは難しい事はありません。
ただ何も知らない状態で使って良いものではないので、しっかりと自分なりに調べてから利用する様にしましょう。
また分からないことに関しては金融機関に質問すればしっかりと答えてもらうこともできます。
安心して安全に活用するためにも、自己判断で適当に進めてしまうのではなく、慎重に一つ一つこなしていくようにしましょう。

sokujitsu4image

目次へ戻る

カードローンの契約方法とは

融資を受ける方法は色々ありますが、中でも利便性が高い借入というとカードローンがあります。
カードローンは、担保なし・保証人なしで契約ができる個人向けの小口融資です。
大金を借りるのには向きませんが、生活上の一時資金として活用するには便利な金融商品になるでしょう。
借入の用途は限定されていないので、例えば、給料日前だけど飲み会がある、ほしい洋服を見つけてしまった、終電を逃したのでタクシーで帰りたい、生活費が足りなくなってしまったなど、あらゆるシーンの金銭補填に利用します。
では、契約方法を説明しましょう。
申し込みはインターネット、無人契約機、店頭、郵送などからできます。
一番手軽なのはネット申し込みですね。
金融会社のHPにアクセスして、そこから申し込んでみてください。
最近では最短30分で審査結果が出ますが、即日融資時間内に申し込みができれば、その日のうちに融資をしてもらうことも可能となっています。
そして、審査に通過できれば、晴れてカードローンが利用可能となるわけです。
ただし審査基準は各社で異なってくるので、自分の条件(返済能力)に応じた基準を設けている金融会社を選んで申し込みをする必要があるでしょう。
ちなみに審査の際の情報として、申し込みの際に記入した「個人情報」と、現在の借入状況である「個人信用情報」が考慮されます。
特に重要なのは個人信用情報です。
借入状況は「個人信用情報機関」という場所で全て管理されているので虚偽の申請は通りません。
なので、多重債務者で返済の延滞などがあると審査に通過するのは厳しくなってしまうでしょう。
この情報がクリーンな人であれば問題とはなりません。
審査に通過できたら身分証明書を提出し、確認が取れ次第、契約となりカードローンが利用できます。
さて、いよいよ活用してみましょう。
借入は、金融会社から発行された専用のカードを用いてキャッシュディスペンサーもしくは提携しているATMからお金を引き出す形で借入ができます。
また、銀行口座に振り込んでもらって借入をすることも可能です。
あくまでも生活上の一時資金として活用するに留めた方がいいのですが、いずれにしても利用限度額内での利用になります。
利用限度額とは文字通り、利用できる金額の限度ということなのですが、限度額は債務者の返済能力に応じて金融会社側が決めるため、自分の希望を通せるものではありません。
仮に限度額が30万円と設定されたすると、そこから10万円を借りれば残り20万円まで借りることができます。
10万円から5万円を返済すると残り25万円まで借りることができます。
このように限度額30万円の中で、借入と返済を繰り返して継続的に利用し続けることができるのがカードローンです。
ただし、利息は日割り計算で出されるので借入日数に応じて利息も伸します。
お金が工面できたらすぐに返済するという使い方をしていくのがいいでしょう。

借り入れ限度額

カードローンは基本的に個人向けなので、借入限度額は収入に応じて決められます。それから、他社での借入額や、返済履歴等も考慮され算出されます。
法人の場合の融資は下記の図のように複雑ですが、個人の場合は気にする必要はないと言えます。
kanougaku

WEB契約

現在ではインターネットの発達とデータの計算が早くなったため、ネット上で契約、コンビニで引き出し可能というスピーディーな融資が受けられます。
大手のカードローン会社はWEB契約を導入しています。

目次へ戻る

銀行カードローンはメリットがいっぱい

カードローンはいざという時に簡単に資金調達できる便利な道具です。
安い海外旅行を見つけて予約ができたのですぐに行きたい、でもボーナスまではまだ間がある、こんな時はカードでキャッシングして海外旅行に行ったらいいではないですか。
カードローンは事業資金以外使い道は自由なのです。
旅行でもレジャーでも買い物でも、それに緊急を要する生活資金、など何にでも使える優れものなのです。
カードローンの種類は銀行カード、消費者金融のカード、クレジットカードのキャッシング枠などがあります。
それぞれ特徴があり、メリットもたくさんありますが、銀行カードがお勧めで、その理由としては3つ上げる事が出来ます。
まずは金利が安いことが挙げられるのです。
3つの種類の中で銀行カードが一番金利が安い傾向にあるので、支払総額は少なくて済むことになるので我々にとってはありがたいことです。
基本的に、利息制限法と言う法律があるので3種類のカードそれぞれそういう意味では同じ土俵に有り、かつてのように出資法による上限金利を採用していた消費者金融や信販会社みたいに、29.2%の上限金利を採用することはできないので、皆一律に年20%が上限金利になります。
したがって本来銀行カードだけが有利なはずはないのですが、銀行はお客様からの預け入れによって資金調達できますが、消費者金融や信販では銀行からの借り入れに頼らなければならないと言う違いです。
その様な違いから消費者金融や信販は若干でも銀行よりも金利は高めであることは間違いありません。
そして2つ目のメリットとして、銀行カードは総量規制の対象外であることです。
総量規制は年収の3分の1以上は借り入れできないと言う法律で、なんで銀行が対象外と言うかと言えば、銀行は銀行法、消費者金融や信販は貸金業法に規制されているのですが、貸金業法に総量規制が規定されているので、銀行は対象外なのです。
最近おまとめローンで借金を一本化しようと言う動きが活発ですが、多くの割合の人が銀行カードを選んでいます。
3つ目は銀行カードローンは高額なカードも多くあることです。
カードで借り入れと言うと少額な場合が多いですが、銀行カードは色々なカードローンがあります。
保証会社によってカードがあったりするので、結構種類が多いのです。
最初からそのようなところでカードを作っておいたら、信用力を増すことによって融資枠も大きくできることになります。
いきなりおまとめローンだからと言って、銀行カードを申し込んでも高額な枠は簡単には望めません。
それであるならばコツコツと実績を積んで、信用力を増して融資枠を大きくしていった方が合理的ではないでしょうか。
クレジットカードであってもいきなりゴールドは期待できません、一般カードから履歴をつんでいって信用力をアップしてゴールドになるのです。
借りて、間違いなく返済して、といった履歴を積むだけメリットがアップするのが銀行カードです。

銀行と提携している消費者金融

近年の法改正により、アコム、プロミス等の大手消費者金融は大手都市銀行と提携しました。これにより、専用ATMだけではなく、コンビニでの融資の引き出しなどが可能になったのです。

町金融の危険性

銀行と提携していない町(街)金融業者は、近年の銀行系WEB契約の普及で、客足が途絶えた影響により、法外な利息や、貸し付けを行う業者がいます。間違ってもそのような業者から借りてはいけません。画像は闇金融をテーマにした人気コミック、「闇金ウシジマくん」の映画版ポスター。
ushijima

目次へ戻る

カードローンの審査に関するお役立ち情報

カードローンの審査ですが、各金融業者で基準が違います。
この、基準が公開されることはありません。
そのため、審査をパスした人と契約へ至らなかった人とのケースから、どのような基準かを推し量るしかないのです。
この、審査で調べられる条件は、居住形態と居住年数・家族構成・勤務先と職業・年収・他の金融業者からの借入額と借り入れの有無、こういったものを調査されます。
以上、こういった項目で何の問題もないようであれば、審査をクリアできるのです。
では、どういった内容なのかというと、まず住居ですが、持ち家・賃貸のいずれかということが問われます。
次に、ローンを抱えてるかどうかということと、家族構成の項目では既婚か未婚か・扶養家族が居るのかどうかです。
次の職業の項目では、収入が安定してるかどうかということで、他の金融業者からの借り入れの有無などは、トラブルがないかどうかが調べられます。
そして、審査の基準の違いは、利用しようとする金融業者の種類に拠っても違うのです。
審査の一番厳しいのは銀行系の業者で、それは融資金額が大きかったり金利が低いからですが、総量規制の対象とはならないので非常に利用価値があります。
その点からすると、消費者金融は審査が緩やかなのですが、金利が少しばかり高目で融資限度額がさほど高くありません。
ですから、利用申請をする場合、金利の低い業者で審査を受けてみて、パスできなかったら金利のやや高い業者の審査を受けてみればいいでしょう。
そうすると、審査をパスできることもあります。
これが、カードローンの審査をパスするコツだともいえるのです。
しかし、闇雲に次々と利用申請するのは、よくありません。
審査をパスできなかった記録が残るので、どんどんカードローンの利用が難しくなるばかりなのです。
それに、金融業者と返済でトラブルとなると、信用情報機関へ登録されるので、5〜10年ぐらいは利用申請しても審査をパスできません。
消費者金融は、貸金業法の改正で金利が大幅に引き下げられてますが、その分信用情報を重視するようになっていて、トラブルを起こした人への対応を厳しくしてます。
さて、問題の審査ですが、総量規制の影響があるのです。
だから、消費者金融・信販会社では、規制前よりも審査を厳しくしてます。
ところが、銀行系は逆なのです。
法規制後の方が、審査基準を緩くしてます。
そのせいで、現在は人気が高まって来てるようです。
それでも、信用情報機関の事故情報は重要で、延滞・延滞解消・自己破産といった経歴があると、非常に大きなマイナス要因となります。
この、信用情報機関へ記録される情報は、どの金融業者でも利用するのです。
ですが、各金融業者の判断基準は統一されてません。
また、カードローンの利用申請するまでにクレジットカード・キャッシングを利用したことのない人だと、審査が少しばかり厳しくなります。
尚、いくつもの金融業者から借り入れを行っていると、これも大きなマイナス要因となるのです。

審査の流れ

近年ではインターネットの発達により、どこのカードローン会社も審査をコンピューターで半自動化しているのが普通です。
shinsa

貸金業法の改正

融資をする側でなく、融資を受ける側であれば法律を記憶する必要はないでしょうが、せめて社会常識として、貸金法業法に関する下記の図に書かれている事だけでも覚えておきましょう。
law

目次へ戻る

カードローンを利用する際どうして担保・保証人が要らないのか?

一般的なお金の貸し借りでは、担保・保証人が必要です。
それは、理由の如何により借り手が、返済するのが困難となった時の保険といえるもので、貸し手にすれば安心を得る手段となります。
それと、第三者が借金の保証をするということは、借り主の信用度を現すものとなるのです。
ところが、カードローンでは殆どの場合、保証人・担保を必要としません。
これは、利用しようとする人・融資を受ける人の返済する気持ち・返済できる能力が担保となるからなのです。
そして、利便性の点からでもいえます。
担保や保証人をいちいち立てない方が、利便性が高いのです。
手軽に利用できるのがカードローンのいいところなので、融資を受ける都度保証人を立てなければならなくなると、非常に効率が悪くなります。
しかし、保証人を立てなくていい分、金利が高くなるのです。
これは、金融業者のリスク回避の措置でして、ちゃんと返済してくれる人から損失が出た場合の回収をするという、システムになります。
ですが、保証人の必要なカードローンもあるのです。
それは、多重債務者・学生などが融資を受けようとする時で、信用度の低い人でも保証人を立てられれば、融資を受けられます。
それから、銀行系のカードローンの場合は保証人を立てるのではなく、保証会社の審査をパスできれば、融資を受けられるのです。
では、この保証会社とはどういったものなのか、参考までに記して行きましょう。

銀行系の場合、保証人の代わりに保証会社の保証を受けることとなるのです。

この、保証会社が保証するのは、返済へ関することとなります。
借り主がいろいろな理由で返済できなくなってしまった場合、保証会社が返済の残金を支払ってくれるのです。
そのため、保証人と変わりません。
企業が、保証人の代行をしてるといってもいいでしょう。
しかし、勘違いしてはいけません。
保証会社が返済してくれるといっても、借金が消える訳ではないのです。
保証会社は、消費者金融が行ってます。
だから、銀行系の金融業者へ返済された借金は、消費者金融への借金となるのです。
返済金の残りは、消費者金融へ返済しなければならなくなります。
取り立てをするのは、勿論消費者金融です。
でも、銀行系の金融業者へ滞りなく返済が行われてるのであれば、消費者金融が関わって来ることはありません。
ですから、返済を遅らせる・滞らせないように、充分注意しなければならないのです。
消費者金融へ債権が移った場合、金利が上がることもよくあります。
そうすると、いくら銀行系のカードローンを利用していたとしても、返済額が大きくなるのです。
事情に拠っては返済が困難な場合もありますが、なるべく返済はきちんとできるに越したことはありません。
尚、計画的に融資を受けるのが大事な点で、計画を立てるには金融業種の返済シュミレーションなどが役に立ちます。
融資を受ける際は、こういったサービスを精々有効利用して、貴方の役に立てて下さい。

担保

担保とは、わかりやすく言うと、自分の大事なものを先に預けておいて「もし、期限内に返せなかったら担保をもらいます、その代りお金をもう少し貸してあげます」という契約の道具です。
tanpo

連帯保証人

連帯保証人になるのであれば、最低限、その人間の実家の住所と親、親戚にあって事情を説明するくらいしておかなければなりません、そういうことを拒否するような人間は保証をするに値しません。基本的にはなってはいけません。画像は連帯保証人の記載がある借入申込書。
hoshounin

目次へ戻る

借りられない理由を知っておこう

カードローンの契約をするなら、借りられない理由を知っておくと審査で失敗せずにすみます。
審査で落とされる理由というのは、業者側は教えてはくれないものです。
しかし、大まかに2点があると言われており、これは返済能力の問題、そして他社からの借入状況の問題です。
返済能力の問題については、業者側が独自の判断をします。
判断基準については開示していないので、審査結果を聞かされるまではどうなるか分かりません。
ひとつ言えることは、総量規制の範囲内だから借りられるとは限らないことです。
総量規制の範囲(年収の3分の1まで)というのは、あくまでも融資可能な金額の上限なのです。
確実に借りられるという基準ではありませんので、総量規制の限界ラインよりも少し余裕を持たせた希望額にしたほうがいいのです。
例えば、年収300万円の方ならば、借入額は70万円未満くらいに抑えたほうがいいでしょう。
実際には100万円まで借り入れ可能ですが、それよりも減らしたほうがいいのは間違いありません。
他社からの借入状況で問われるのは、借入額と借入件数の2点になります。
総量規制で注意したいのは、すべてのカードローンが対象となることなのです。
1社につき年収の3分の1までではなく、全社を合算した金額になりますので、借入先が5社だろうと年収の3分の1までなのです。
現時点で総量規制の限界に達している場合は、審査を受けても通ることはないのです。
ただ、総量規制にも例外があり、銀行、JA、信用組合などから借りる場合は対象とはなりません。
また、おまとめ、事業などの目的で借りる場合については、本来であれば総量規制の対象となる消費者金融や信販会社においても対象外となります。
それ以外の借りられない理由としては、在籍確認が取れない場合があげられます。
在籍確認、つまり企業に勤めている確認が取れないということは、収入源がないと判断されてしまいます。
審査時に記入した勤務先に電話をかけられて在籍確認されて、「そのような人はおりません」と言われれば、融資してくれるはずがありません。
「仕事をしていないのに○○に勤めている」などとウソをつくのは止めましょう。
近年のカードローン業者は審査のウソについて厳しくなっており、年収を多く記入するだけで審査に通らなくなるほどです。
年収350万円を四捨五入して400万円と記入するのはダメなのです。
ウソの申告は昔は通用したので、かつてと同じような感覚で審査を受けてしまう人はいるかもしれません。
これからカードローンを利用する方は、審査では事実のみを申告してください。
ウソをついてバレてしまうと、契約破棄になるか、契約内容を変更されます。
せっかく50万円借りられるはずなのに、20万円まで下げられてしまうこともあるのです。
もし審査後に間違いに気づいた場合は、内容確認の電話の際に申し出ておきましょう。
ここで修正しておけば、ウソをついたとはみなされません。

目次へ戻る

カードローンで借入できる金額の限度

カードローンは通常の融資のように、申し込みをして審査を受けます。
この審査では返済能力の確認が行われ、融資に値する人物か、いくらまでなら融資できるかということを決めます。
そして、審査に通過できれば、カードローンを利用することが可能となります。
さて、問題はどのくらいの融資が受けられるのかということですね。
希望する額はあるでしょうが、融資限度額は債務者の返済能力に応じるので希望を通せるわけではありません。
要するに、金融会社側が判断するということです。
ただし審査の基準は各社で変わってくるので、同じ条件で申し込みをしたとしてもA社では融資限度額50万円なのに、B社では融資限度額30万円だったなんてこともあります。
あらかじめ融資額を知ることはできないので、いずれにしても取り合えず申し込んでみなくては分かりません。
でも、融資額が少ないからと言ってガッカリする必要はありませんよ。
というのも、実は融資限度額は増額してもらうことが可能なんです。
融資限度額の増額のためには、とにかく返済能力があるということを金融会社に示さなくてはいけません。
どう示すかというと、収入をアップさせる、きちんと返済をしていく、という方法があります。
収入をアップさせるのは難しいので、きちんと返済をしていくようにしましょう。
つまり、返済期日を守り、決まった額をきちんと返済していくということです。
これを継続的に行っていくことで、いずれ金融会社の方から「融資額を増額することができます」という連絡をもらうことができます。
ここで増額してもらうか、してもらわないかは自分で決めます。
現在の融資額で充分に回していくことができているのなら増額する必要はありません。
また、ここで増額を断っても、自分から増額の申し込みをすることは可能です。
増額申し込みにも審査は必要ですが、一度でも増額の連絡をもらっている方なら特に問題なく審査に通過できるでしょう。
ただ、融資限度額を増額するにしても、増額できる限度があります。
これは総量規制にて規定されている内容なのですが、貸金業者は「年収の3分の1を超える貸付は行ってはいけない」としています。
要するに、年収300万円の人なら100万円までの借入しかできないということです。
これは利用している全ての貸金業者からの借入を合わせた額ですので、仮にA社で50万円借りていて、B社で30万円を借りているとしたら、増額できるのは20万円まで、もしくは新規にC社を契約するにしても20万円までしか融資してもらえないということになります。
もし総量規制を避けたいのなら、銀行など金融機関のカードローンを活用するといいでしょう。
ちなみに、「債務者が有利になるような借り換えには適用しない」としているので、貸金業者を利用した借り換えでも総量規制による制限は受けません。
カードローンは便利ですが、使い方を誤ると危険です。
計画性を持って活用してください。

総量規制

総量規制では年収の三分の一以上は貸し付けてはいけないと定められています。
souryou

カードローン発行を断られる理由

カードローン会社は希望者に断った理由を教えることはありませんが、一般的には以下の事が言われています。
deny

目次へ戻る

カードローンの返済に遅れないコツ

カードローンの返済はうっかりすると忘れてしまうことがあります。
忘れないためのコツは、ローンを少なくすることにありますから、既存のローンを1社に減らす工夫をしてください。
残り少しで完済できるローンがあるならば、繰り上げて返済して優先的に解消してください。
借入先が減るだけでも、返済遅れのリスクを確実に減らすことができるのです。
このためには、おまとめローンも役立つのでぜひ活用してください。
カードローンの金利・限度額を紹介する情報サイトを見れば、どの業者で一本化するのがよいか分かるでしょう。
おすすめのローンは、銀行のローンのなかでも特に金利の低いものです。
「銀行は低金利」というのは定説であり事実ですが、各銀行によって金利にかなりの差があるのです。
消費者金融や信販会社の場合ですと、各社による差というのは大したことがありませんが、銀行では5~6%の差は出ると思ってください。
運営力のある銀行ほど低金利で貸し出しできるので、こうした銀行を探してください。
おまとめで注意したいのは、決して焦らないことです。
焦って借入先を決めてしまうと、決めた直後にもっと低金利のローンが見つかることがあります。
1週間くらいは情報収集をしてから一本化を決めたほうがよいでしょう。
カードローンの返済に遅れないためには、返済方法にもこだわってみましょう。
「口座引き落とし」に設定しておけば、指定口座にお金があれば自動的に引き出されます。
この方法を選んでおけば、忘れることはほぼないはずです。
フリーローンは返済忘れが非常に少ないローンなのですが、これは口座引き落としによって返済するからです。
カードローンの場合は、カードを使ってATMで返済するのが主流ですが、フリーローンと同じく口座引き落としにすれば、返済忘れのリスクをぐっと減らすことができます。
返済に遅れても何のメリットもなく、信用を落とすだけです。
返済日までに返済しないと遅延損害金が発生してしまうのですが、これは利息にプラスして支払うものなのです。
遅延損害金は20%に設定しているところが多いので、金利が18%ならば、合計38%が利息になると考えていいでしょう。
遅れて一番損をするのは業者よりも自分自身ですので、たとえ1日でも遅れないようにしたいものです。
信用を落としてしまうと、契約を解除される可能性もないとは言えません。
1度や2度の返済遅れは誰にでもありえることですから、業者側もそれほど深刻には考えませんが、2ヶ月に1回遅れるというように頻度が増えてくると危険です。
契約を解除される場合、新しく融資は受けられませんが、返済は続けていく必要があります。
返済した直後に借り入れて、他社に返済するという自転車操業を繰り返していた方にとって、これは大変なことでしょう。
こうしたトラブルを回避するためにも、返済日まではしっかりと返済する習慣を身につけてください。
理由あって遅れる場合は、連絡してその旨を伝えておけば納得してくれることが多いはずです。

リボルビング払い

リボルビング払いとは簡単に言うと、返済をきちんとする人には優しく、そうでない人には厳しいペナルティを課す(金利増し)という返済方法です。どんな返済方法でも、普通に最初の契約通りに、毎月返していけば何の問題もないという事です。
rebolve

返済のコツは支出表をつける事

難しく考える必要はありません、要はお小遣い帳と考えてください。毎月あなたが何にいくら使って、いくら返しているのかをメモするのです。今では携帯のアプリやパソコンのエクセルを使えば無料でこういった支出表が作成できます。よくわからない人はノートと鉛筆でいいでしょう。とにかく、自分のお金の使い道を文字に書きだすことが重要です。画像はエクセルを使った作成例。
hensaikeikaku

目次へ戻る

カードローンの返済が出来なくなった状態からの脱出方法

カードローンに限らずに「ローン」という商品を扱っている金融業者は、全て幾ばくかの金利を上乗せして借り手が貸し手に返し、その金利で金融業者は利益を出している事業を生業としています。
いちいち金融業者の店舗に出かけていかなくてもインターネット経由で、申込みから査定等の事務手続きを行えてしまうが故に、つい使い過ぎてしまうという性格を持っているようです。
ある統計によると年収が1000万円以上という高額所得のある方に、カードローンを使い過ぎてしまう傾向が、顕著で在ることがわかっています。
恐らく、「年収で1000万円も稼いでいるのだから、これくらい借りても大丈夫だろう」という考えが、使い過ぎを招いているのではないかと推測されます。
「つい使いすぎてしまう」というのは違法性があるわけではありません。
しかし、カードローンの金利を返済する為に、別のカードローン業者と契約を結んで、また借りるという事が幾重にも重なり、デフレスパイラルの底にたどり着いてしまった場合には、どうしたら良いのでしょうか。
今回は、その状態からの脱出方法について考えてみます。
その一、昨今ではカードローンを一本化するいわゆる、「おまとめローン」という商品が流行しています。
この「おまとめローン」を使用すれば、毎日の様に「ローンの返済」という悪夢に苛まれてしまっている状態から、債務を一本化することによって、金利を低くして返済期間を延長するといった対応をすれば、精神的にもかなり楽になれますし、お仕事にも集中して良い成果が期待出来ましょう。
最近、テレビコマーシャルで過払い金という言葉を良く耳にしますが、ご存知でしょうか。
過払い金とは、必要が無いお金であるのにもかかわらずに、金融業者に支払い過ぎたお金のことを指します。
2006年12月13日に施行された貸金業法改正により、借入期間が5年以上でかつ、金利が18パーセントを超過する場合には、払い過ぎた金利分を取り戻す事が可能になりました。
そもそも何故過払い金という問題が発生したのかを考えると、そこには、「利息制限法」と「出資法」という2つの法律が関係していました。
「利息制限法」では金利の上限を15パーセントから20パーセントの間であると定められており、利息制限法の上限を超過した金利は、法的に無効となっていました。
一方の改正貸金業法が施行される前の「出資法」では、上限金利である29.2パーセントとされており、刑事罰の対象となっていました整理しますと、利息制限法を超過した金利であっても,出資法の上限金利を超過しなければ刑事罰は科せられないという法の隙間を突いたいわゆる、グレーゾーン金利と俗に呼ばれる問題があった為です。
したがいまして、この返還されたお金を返済分に割り当てる事ができるのであれば、債務を減少させることが出来ますし、精神的な負担もかなり楽になるのでは無いかと思います。
いずれにしましても、テレビやラジオの金融会社のテレビコマーシャルの最後にアナウンスメントされるように、お金を借りる際には計画的に、無理の無い範囲で行われる事がとても大切です。
どうしても使い過ぎてしまう自制心が働きにくい方にアドバイス出来る事と言えば、お金を借りる限度額の制限をされるのも一考ではないかと思います。

多重債務

借金がチャラになる、自己破産すれば大丈夫等と、そういう事にそそのかされてはいけません。借金はチャラになりません。
また、契約時には、返済をすることを約束していますので、返さないという行為はカードローン会社に対する詐欺行為で、犯罪です、許される事ではないという事を覚えておきましょう。
画像は多重債務者の理由一覧表です。
saimu

返済義務

借金は以来の自分からの前借です。きちんと返済しなければ未来のあなたの負担が増えていくのは当たり前のことです。きちんと返せば問題ありません。
画像は近年の自己破産数、この中に加わる事のないようにきちんと返済をしましょう。
hasan3

目次へ戻る

まとめ

カードローン、住宅ローン、カーローン・・・融資の形の違いはあれど、すべてに共通するのは、未来の自分からの借金という事です。

カードローン会社から借りるのではありません、自分の未来からお金を奪うという意識です。
これは、経済学をかじった人間であれば当たり前の話です。

融資は、古来からあり、悪い事ではありません、カードローンは諸刃の剣です、あなたの考え方次第であなたの人生を有意義にしてくれる事もあるでしょうし、考え方を誤ればあなたの人生を破滅へ導きます。

私は、現在のインターネットでのカードローンという検索結果に当たり、ほとんどのサイトがカードローンを勧めてばかりのサイトだと気づきました、つまり広告です。
広告をすることは悪い事ではありませんが、きちんととリスクを伝えずに、いい事ばかりを述べて、カードローンを契約させようとするのはいかがなものか・・・そういう思いでこのサイトを作成、運営しております。

あなたが私のサイトで得た知識で、カードローンを正しく利用していただければ幸いでございます。

いい借金、悪い借金

shakkin
私たちは住宅ローン、カーローン等を含めて、融資をうまく使いこなす事で生活しています、そうして経済は回っているのです。
良い借金、悪い借金の定義は人それぞれなので、ここでは追求しませんが、大人は自己責任で借り入れ、返済をしていかなければなりません。
いい借金と悪い借金を見極めて賢くカードローンを利用していただければ幸いでございます。

目次へ戻る